タグ:ツグミ ( 6 ) タグの人気記事

ピラカンサ・レストラン

カラムクドリが気に入ったピラカンサ・レストランには、様々な小鳥たちが入れ替わりやってきました。
なかでもメジロは常連で、小集団で始終訪れていました。可愛かったですよ。
c0104227_19472913.jpg


ツグミンが下りたところはもうすっかり食べつくされた枝でした。
c0104227_19494251.jpg

エナガ達も姿を見せましたが、落ち着かない様子でゆっくり啄まずに飛んでいきました。
c0104227_19500758.jpg
すっかりピラカンサの紅い実に染まったように赤いアカハラですね。
c0104227_19504947.jpg

夕方になるとオナガの集団も訪れて騒いで居ました。
c0104227_19502361.jpg

これは珍しいムクドリさんのツーショット!すごく仲睦まじい雰囲気でした。
普通種のこうしたムクドリなどここでは、邪魔者扱いされていました。
c0104227_19485325.jpg

ジョウビタキはピラカンサの近くの木の茎に停まって、レストランには近寄りません。
肉食系なのね(^^♪
c0104227_23220794.jpg
他にもヒヨドリ、シジュカラ、シロハラなども姿を見せました。
すごいピラカンサだと思いません?
でもバーダーの皆さんはカラムクドリ以外は、目に入らぬようでした。
私はたくさんの小鳥に出会えて楽しかったです。



by nenemu8921 | 2018-01-08 00:10 | 鳥・動物 | Comments(16)

カワセミ

ミコアイサが来る池は、カワセミがいつも見られるので有名です。

c0104227_17442311.jpg


じっくり付き合えないので後姿と前からと。(^_-)

c0104227_17444022.jpg


この日は珍しくシメを見つけました。

c0104227_17472925.jpg


でも日陰の植え込みのなかで、撮影しにくかったです。

c0104227_17474956.jpg


ツグミンも寒そうでした。

c0104227_174858.jpg


こんな表情を見ると、グリム童話の「ツグミ髭の王様」というお話を思い出します。

c0104227_17483391.jpg


キジバトさんも寒そうですね。

c0104227_17484881.jpg


他にもエナガ、シジュウカラ、アオジなどに出会いました。
カモはたくさんの種類が居て、目の前で撮影できます。(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2015-01-12 09:18 | 鳥・動物 | Comments(8)

光と影

雪の真間川散歩、帰り道は反対側を歩きました。

日が差すと、桜の枝が光と影の模様を作ります。
こんな帯をきりりと締めてみたいわ。大島紬に。

c0104227_033233.jpg


c0104227_041578.jpg


More おまけを見る
by nenemu8921 | 2014-02-12 06:47 | Comments(18)

クイナ

いつもは葦原に隠れているクイナも出てきました。
c0104227_6383978.jpg


古典文学作品によく登場するくひな(水鶏)は、ヒクイナのことで、このクイナではないんですね。
c0104227_6385444.jpg


バンに体型はそっくりですが、かなり小さいんです。
c0104227_6391128.jpg
クイナ(ツル目クイナ科クイナ属)Rallus aquaticus 水鶏

More おまけ
by nenemu8921 | 2013-02-24 08:00 | 鳥・動物 | Comments(8)

つぐみ

この冬、気のせいか、シロハラにたくさん出会いました。
c0104227_21464673.jpg

いつもの年はアカハラの方が多いように感じますが、
この冬は、あちこちの都市公園や郊外の雑木林などで、一生懸命落ち葉をひっくり返して
虫を探しているシロハラにばかり出会いました。
c0104227_21463573.jpg

かなり近い距離でも、平気です。

こちらは、最近つぐみんの愛称で人気上昇中のツグミです。
c0104227_21482753.jpg
この子ももうじき北へ帰ります。
c0104227_21544942.jpg
かなり臆病で一定の距離を保ちます。
c0104227_2155419.jpg
とても姿勢がよいので、胸のラインがきれいです。

でも、どちらもあまり面白くないんです。表情も動作も変化に乏しいので。
この冬、せっかく撮ったのに登場機会がなかったので、UPしてみました。
by nenemu8921 | 2011-04-07 22:13 | 鳥・動物 | Comments(10)

柿の木レストラン

朝の散歩。真間川脇で大きな柿の木を見つけた。
しばらく佇んでいると、次々鳥たちが訪れる。
鳥たちのレストランである。
鳥たちは背後の電線に止まって様子を窺ってから柿の木に飛び移る。
1、にぎやかな雀たちです
c0104227_8264493.jpg


2、大きな柿ですね。(渋柿だそうです)
c0104227_829319.jpg


3、でも、今はもう完熟! 「たまらないわ!」
c0104227_8294926.jpg


4、メジロはこっそりやってきて、よく動きます。
c0104227_8395345.jpg


5、ムクドリの群れに蹴散らされてだんだん下の枝に、ついには隣の木に。
c0104227_8403629.jpg


6、ムクドリは群れでやってきます。
c0104227_843553.jpg


7、先客を蹴散らします。
c0104227_845735.jpg


8、夢中です。
c0104227_8455042.jpg


9、「なかなかの味だぜ」
c0104227_8464418.jpg


10、けれども、ヒヨドリがいちばん強い! 
c0104227_8495646.jpg


11、パシッと睨めば、ムクドリも退散します。
c0104227_851668.jpg


12、いちばん、弱気なのがツグミです。まずは電線に止まってゆっくり状況判断。
c0104227_8522150.jpg


13、誰もいなくなってから、そろそろと…。つぐみん、がんばれ。
c0104227_8562635.jpg


楽しませてもらいました。1週間でほぼ完食です。

でも、彼らはゆっくりおいしいものを味わって食べることはできない。
いつも、いつも四方に眼をくばり、せかせかと啄ばみ、羽ばたいて、飛んでいく。
心から、鳥たちに同情を感じました。
by nenemu8921 | 2010-12-21 17:14 | 鳥・動物 | Comments(22)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921