タグ:ノバラ ( 8 ) タグの人気記事

香るもの

外に出れば、花の香りが気になる季節である。
柑橘類の花はみな香りが高い。夏みかんだろうか。レモンだろうか。柚子だろうか。
c0104227_00115313.jpg
c0104227_00105350.jpg

ハリエンジュだけれども、賢治風に言えばアカシアのランプだ。
谷津の駐車場の奥の草原に、アカシアの木がたくさんあって、あまい香りが一面漂っている。
c0104227_00142532.jpg


こちらは野茨の花。賢治もお気に入りだった。
近くの真間川を散歩すれば、野ばらの藪がこの時期ばかりは饒舌になる。
c0104227_00242017.jpg

スイカズラも香る。野茨の隣に茂っていた。賢治作品に登場しないのは不思議だ。
c0104227_21373000.jpg

海岸周辺を歩くと、香るトベラの花。
c0104227_21403062.jpg

同じ時期に咲くシャリンバイ、似た環境に自生する。暖地性の海岸に多い。いつもどっちがどっちだったか忘れてしまう。
c0104227_22152574.jpg


香らないのはこの花。ハナダイコン。
海岸に多い。群生していても無口だ。もうじきハマヒルガオも咲きだす。
c0104227_21395025.jpg





More おまけです
by nenemu8921 | 2017-05-14 09:23 | 植物 | Comments(10)

野ばら

野ばらが咲いてゐる 白い花
秋には熟したいちごにもなり
硝子のやうな実にもなる野ばらの花だ
(略)
              詩「習作」


c0104227_23143828.jpg


c0104227_2315064.jpg


思いがけず、咲き始めた野ばらの花に出会った。この花は開けば、1日か2日で蕊の色が変わる。
次々に花は咲くけれども、花びらが落ちた姿も画角に入ってしまう。
毎年、気にかけながらいいタイミングがつかめなかった。
ルピナスやラベンダーがきれい植栽されていた河口湖畔の野原の片隅で見つけた。
by nenemu8921 | 2016-06-04 23:55 | 植物 | Comments(12)

ノバラ

清夫は今日も、森の中のあき地にばらの実をとりに行きました。(略)
そこは小さな円い緑の草原で、まっ黒なかやの木や唐檜に囲まれ、
その木の脚もとには野ばらが一杯に茂って、丁度草原にへりを取ったやうになってゐます。

c0104227_1954244.jpg


c0104227_19531935.jpg


おどろいて手にもったその一つぶのばらの実を見ましたら、
それは雨の雫のやうにきれいに光ってすきとほってゐるのでした。(略)
                           童話「よく利く薬とえらい薬」


c0104227_19571224.jpg


賢治が愛したのはノバラの花より、その香りや赤い実だった。
うつくしいもの、清らかなもの、癒しの象徴として描かれる。

しかし、農村活動に入ると、ノバラの藪にはだいぶ悩まされた様子が伝わってくる。
実際、地中に深く根を張り、剛健なノバラは、開墾する身には、実に厄介な植物であったろう。

驟雨(カダチ)はそそぎ
土のけむりはいっさんにあがる
   あゝもうもうと立つ湯気のなかに
   わたくしはひとり仕事を忿る
      ……枯れた羊歯の葉
        野ばらの根
        壊れて散ったその塔を
        いまいそがしくめぐる蟻……
杉は驟雨のながれを懸け
またほの白いしぶきをあげる
       口語詩 七二八〔驟雨はそそぎ〕


「春と修羅」第三集の作品である。
驟雨にはカダチとルビがある。一般的にはしゅううと言うことが多い。
驟雨とはいきなり降りだして、短時間でやんでしまう激しい雨。にわか雨。夕立のこと。
野ばらの根を掘り起こす作業の折、にわか雨に降られたのである。
この時期の賢治は慣れない農作業に、体力がついていかない自分自身にいつも怒っていた。
この作品はのちに文語詩に改稿され、印象が違った作品になるのだが。

私も「下ノ畑」で野菜や花を作っていたとき、ノバラを植栽したために他の園芸種をだいぶ犠牲にした。
撤去するときも実にたいへんだった。
また、ガーデンでは蟻の王国もやっかいで、蟻退治の薬剤を度々散布しなければならなかった。

c0104227_2091629.jpg


それでも、ノバラの赤い実を見ると、なんだか嬉しくなって撮影せずにいられないのです。

c0104227_19574611.jpg
ノイバラ(バラ科バラ属)Rosa multiflora 野茨 ノバラともいう。
by nenemu8921 | 2014-10-17 23:38 | 植物 | Comments(10)

紅い実

1、しずくをまとったノバラの実も見つけました。
c0104227_701668.jpg


2、紅い実はたくさんありましたが……。
c0104227_22425173.jpg


3、みな同じようにも見えます。カンボク?
c0104227_22431224.jpg


4、これはツルウメモドキですね。
c0104227_22433179.jpg


5、リースにしたくなる衝動を抑えて撮影に専念。
c0104227_22441363.jpg


6、ハウチワカエデかな 大きな実ですね。
c0104227_224631.jpg


7、これはニシキギか、コマユミか。。。
c0104227_22462836.jpg


8、アキグミでしょうか。葉がまだ青々しています。
c0104227_22465863.jpg



あれこれ、楽しませていただいた雨の裏磐梯でした。
もう一度行って、青空の下で撮影したいなあ。

また台風が近づいているようですね。 皆さん、大事ありませんように。
by nenemu8921 | 2013-10-24 08:20 | 植物 | Comments(16)

野ばらの実

(略)
そしてそれらの中で一番立派なのは小さな野ばらの木でした。
野ばらの枝は茶色の琥珀がかった霰石(アラゴナイト)でみがきあげられ、
その実はまっかなルビーでした。(略)
                              童話「十力の金剛石」

c0104227_1635931.jpg

c0104227_16455387.jpg

c0104227_1647426.jpg

c0104227_16563287.jpg


ばらの実が目に付く頃となった。ローズ・ヒップである。
このあたりはあたたかいせいか、葉はまだ青々している。
気温が下がれば、葉は枯れ、実はもっと赤くなる。

宮沢賢治らしいなと思うのは野ばらの枝の色まで観察しているところだ。
by nenemu8921 | 2011-10-20 16:35 | 植物 | Comments(16)

野ばら → 野茨

(略)
そしてそれらの中で一番立派なのは小さな野ばらの木でした。
野ばらの枝は茶色の琥珀や紫がかった霰石(アラゴナイト)で磨き上げられ、
その実はまっかなルビーでした。
(略)
                              童話「十力の金剛石」
c0104227_19515113.jpg

c0104227_20112987.jpg

ノイバラ(バラ科バラ属)野i茨
山野にふつうに生える落葉低木。枝には棘が多い。5~6月、円錐形の花序に直径2~3cmの白色の5弁花を多数開く。芳香が強い。果実は直径6~9mmの卵形で赤く熟す。

「十力の金剛石」 は、登場する植物に、宝石のイメージを重ねている。
金剛石はダイヤモンド。アルゴナイトは霰石、炭酸カルシウムからなる鉱物。
真珠やサンゴもアルゴナイトだという。

近くの江戸川の散策の折に野ばらの実を見つけた。雨上がりの雫が美しい。

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2009-11-12 20:27 | 植物 | Comments(8)

下ノ畑 ノバラ

賢治作品にはノバラがしばしば登場する。その香りや赤い実を愛したようだ。
しかし、自耕するようになってからは、ノバラのやぶにだいぶ悩まされた様子が作品からうかがえる。
実際に野原のバラをガーデンで育ててみるとたいへんである。強健で根を張り、ぐんぐん大きくなる。
他の花をダメにしてしまう。
最初の試みは捨て、最近ではノバラ系の園芸種、ミニバラなどを育てています。
   
   スィートブライヤー ヨーロッパの原種系。青リンゴの香りがする。
   昨年の挿し木だが、しっかり根付いた。花はまだ少ない。
c0104227_234147.jpg

 
   アイスバーグ
c0104227_230396.jpg


   グリーンアイス ピンクのパウダーのつぼみ、開花すれば、白く、やがてグリーンを帯びた色に。
c0104227_2250388.jpg

   
   小さな花。でも次々に咲いてかわいい。
   ノバラの幼い少女といった風情ですが名前は不明。
c0104227_2322914.jpg

c0104227_23223667.jpg


   この子も名前がわからない。ノバラのお嬢様かな。
c0104227_232823.jpg

c0104227_2328209.jpg


   グリーンローズ オールドローズです。中国原産。
   これは私の下ノ畑ではなく、同じ市民農園の中の友人、グリーン・ヴォイスさんのお庭にあります。
   珍しいので、ご紹介します。
c0104227_2334455.jpg

by nenemu8921 | 2008-06-06 23:06 | 私の「下ノ畑」 | Comments(10)

野ばら

(略)
野ばらが咲いてゐる 白い花
秋には熟したいちごにもなり
硝子のやうな実にもなる野ばらの花だ
(略)
                 詩「習作」

c0104227_9511813.jpg
カジイチゴ(バラ科キイチゴ属)
海岸地方に自生し、人家にもよく植えられている落葉低木。果実は淡黄色に熟し、食べられる。

c0104227_9295242.jpg

c0104227_931749.jpg
ノイバラ(バラ科バラ属)野茨
山野にふつうに生える落葉低木。枝にはとげが多い。果実は直径6~9mmの卵形で赤く熟す。赤い実に雨滴がつけば硝子細工だ。

ここではキイチゴもノイバラも、一緒にして野ばらと呼んでいる。詩人のまなざしは、時としてミクロにも、アバウトにもなる。
詩人に倣って、キイチゴの画像を恣意に選んだ。この四月、拙宅周辺の川べりで見つけたもの。
ノバラは園芸種でも、たくさん種類があるが、賢治が愛したのは山野に自生するノイバラである。香りが高いが、花は散りやすく、写真には撮りにくい。
『春と修羅』第一集中の作品。「習作」とは、創作のエチュードの意か。春のスケッチ。
by nenemu8921 | 2007-05-31 10:30 | 植物 | Comments(2)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921