タグ:ベムベロ ( 11 ) タグの人気記事

やなぎ

毎年撮らずにいられないヤナギですが、少し変化を目指して撮影しました。
ネコヤナギです。

c0104227_00084020.jpg

c0104227_00091599.jpg


c0104227_00102864.jpg
これが賢治の云うベムベロですね。
背景には、開いた花穂を置いてみました。

by nenemu8921 | 2017-03-31 05:19 | 植物 | Comments(8)

やなぎの花 ベムベロ

2,3日、春の陽気が続いたのに、今日の雨の冷たいこと!氷雨のようです。
はやく、春本番になって欲しいなあ。

佐倉城址公園まで来たら、「くらしの植物苑」に立ち寄らないことはありません。
お目当てのイヌゴリヤナギは、ようやく膨らみ始めたところでした。
カワヤナギの若い花芽を総称して、東北ではベムベロと呼びます。

c0104227_21292419.jpg


逆光を浴びると神々しくさえ見えます。

あまりにも
こころいたみたれば
いもうとよ
やなぎの花もけふはとらぬぞ。
           「冬のスケッチ」 三七葉


c0104227_21294223.jpg


ダンコウバイもつぶつぶとほころびかけていました。

c0104227_21303089.jpg


この小さな椿は、「ロゼ・フローラ」という品種です。小指の1関節ほどの大きさです。

c0104227_21304996.jpg


くらしの植物苑は国立歴史民俗博物館の付属施設です。
佐倉城址公園のなかに歴史民属博物館があります。
by nenemu8921 | 2016-03-09 22:37 | 植物 | Comments(14)

ヤナギ 

三月に筑波の実験植物園へ行った折、たくさんの楊(ヤナギ)の花を撮影しました。
カワヤナギの若い花芽を総称して、東北ではベムベロと呼びます。

イヌゴリヤナギは花の時期、注意して見れば、七変化のような表情を見せてくれます。

1、
c0104227_13483396.jpg


2、
c0104227_13495356.jpg


3、
c0104227_13502074.jpg


4、
c0104227_202646.jpg
イヌゴリヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属) Salix integra 犬行李柳

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2015-04-12 01:54 | 植物 | Comments(9)

ベムベロ

今年のベンベロ、ようやくキャッチしました。
思いがけず、知人の畑の脇の水辺で。
c0104227_1843217.jpg


嬉しかったけれど、足元が悪くてゆっくり撮れず残念。
c0104227_18434375.jpg
イヌゴリヤナギか、コリヤナギか。不明です。
by nenemu8921 | 2014-03-18 10:55 | 植物 | Comments(28)

ベムベロ

ベムベロがようやくほころぶ季節になりました。
ネコヤナギです。
c0104227_17573769.jpg

知人から素敵な句を寄せていただきました。
     
        猫柳(べんべろ)や花巻ことば温かし
                                      佐藤映二

c0104227_18183754.jpg
     
俳人佐藤映二さんは、宮澤賢治研究家の佐藤栄二さんです。
NHKの俳句テキスト3月号に、巻頭名句の一として紹介されています。
                             すごいですね(^_-)-☆
c0104227_1855864.jpg

c0104227_1862239.jpg

佐藤映二さんの一層のご活躍祈ります。

昨年ご紹介した賢治作品とベムベロは こちらをどうぞ。

More 続きを読む
by nenemu8921 | 2013-02-27 08:43 | 植物 | Comments(18)
午前の仕事のなかばを充たし
わたくしは旅程を了へたヂプシーのやうに
かつぎを風になぶらせながら
ベムベロもゆれ
浅黄いろした春の川べにねころぼう
                 詩〔1039 午前の仕事のなかばを充たし〕 
c0104227_22591969.jpg

ベムベロとは?

私どもの方でねこやなぎの花芽をべむべろと云いますが、
そのベムベロが何のことかわかったやうなわからないやう
な気がするのと全くおなじです。
とにかくべむべろといふ語(ことば)のひゞきの中にあの柳の
花芽の銀びろうどのこゝころもち、なめらかな春のはじめの
光の具合が実にはっきり出てゐるやうに……
                          童話「おきなぐさ」

c0104227_22594723.jpg

c0104227_2301190.jpg
コリヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)Salix koriyanagi 行李柳
山野に自生しているのはよく似たイヌゴリヤナギが多いそうである。


 詩〔1039 午前の仕事のなかばを充たし〕 は、羅須地人協会時代の作品。
かつぎは、本来は衣被(きねかつぎ)の意で、平安期から江戸期にかけて公家や武家の婦女が外出の際、
頭を隠すために用いた衣のことだが、賢治にかかると、外国風のベールも、野良仕事での頬被りも「かつぎ」となる。

ベムベロはカワナヤギ類の出始めた花芽のことと解したい。

More 続きを読む
by nenemu8921 | 2012-03-29 20:17 | 植物 | Comments(20)

ベムベロ

午前の仕事のなかばを充たし
わたくしは旅程を了へたヂプシーのやうに
かつぎを風になぶらせながら
ベムベロもゆれ
浅黄いろした春の川べにねころばう
       かれ草と影と
(略)
            詩〔午前の仕事のなかばを充たし〕

c0104227_014389.jpg

ベムベロはカワヤナギ類の芽吹き始めた状態を言う。賢治の造語というより方言のようである。
c0104227_1047207.jpg

ベムベロに関しては以前紹介した事があるので繰り返さない。
こちらをどうぞ

作品は羅須地人協会時代のもの。
農作業は賢治にとって、なかなかシンドイ作業だったようである。

More  つづきを見る
by nenemu8921 | 2010-02-19 00:14 | 植物 | Comments(12)

やなぎの花

あまりにも
こころいたみたれば
いもうとよ
やなぎの花もけふはとらぬぞ。
           「冬のスケッチ」 三七葉


c0104227_1893674.jpg
イヌゴリヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属)
イヌコリヤナギとは、柳行李をつくるコリヤナギに似ているが役に立たないという意味。
日当たりのよい小川のふちや湿地に普通にある落葉低木。

詩集『春と修羅』に登場する詩恋と病熱の原型は、この「冬のスケッチ」にあった。
賢治の「やなぎの花」は、総称としてのカワヤナギである。
ベムベロはカワヤナギの花芽のこと。
このカワヤナギの蒴果(さくか)は絹状の毛を密生させ、やがて二裂してこまかい種子を飛ばす。
賢治は、やなぎのさまざまな状態を正確に捉えて実にさりげなく描いている。

賢治作品を読むうちに、ヤナギという植物に魅かれて、多彩な美しさ、不思議さを実感するようになった。
by nenemu8921 | 2008-03-31 18:10 | 植物 | Comments(8)

ヤナギ←ベムベロ

ベムベロはよき名ならずや
ベムベロの
みじかき銀の毛はうすびかり
              歌稿453


c0104227_1454535.jpg
ネコヤナギ
c0104227_17243940.jpg
フリソデヤナギ(アカメヤナギとも)
c0104227_1511463.jpg
フリソデヤナギ(アカメヤナギとも)

ヤナギ科ヤナギ属のいわゆるカワヤナギ類はざっと300種もある。北半球の暖、温、寒帯に広く分布し、南半球には少ない。雌雄異株。
ネコヤナギ、シダレヤナギ、イネゴリヤナギ、コリヤナギ、カワヤナギ、キツネヤナギ、キヌヤナギ、シロヤナギ、フリソデヤナギ、コゴメヤナギ……などなど。その上、雑種も少なくない。
賢治はシダレヤナギ系のヤナギをバビロンヤナギ(柳)と呼んで区別している。
一般にシダレヤナギ以外のヤナギを総称してカワヤナギと呼ぶことが多い。
水辺に自生するものが多い故である。
ベムベロ(楊の花芽)は、そうしたカワヤナギの若い花芽のこと。
by nenemu8921 | 2008-02-23 15:11 | 植物 | Comments(10)

【93】 やなぎの花

けふはぼくのたましひは疾み
烏さへ正視ができない
 あいつはちやうどいまごろから
 つめたい青銅(ブロンヅ)の病室で
 透明薔薇の火に燃される
ほんたうに けれども妹よ
けふはぼくもあんまりひどいから
やなぎの花もとらない
         詩「恋と病熱」


c0104227_028321.jpg


c0104227_0282177.jpg


c0104227_0284482.jpg


c0104227_029890.jpg

by nenemu8921 | 2007-03-22 00:30 | 植物 | Comments(2)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921