タグ:ユキヤナギ ( 2 ) タグの人気記事

ユキヤナギ


(略)
なぜわたくしは枝垂れの雪柳を植えるか
十三歳の聖女テレジアが
水いろの上着を着 羊歯の花をたくさんもって
小さな円い唇でうたひながら
そこからこっちへでてくるために
わたくしはそこに雪柳を植える
       Gaillardox! Gaillardae!
                   詩「装景家と助手との対話」
   

c0104227_2094438.jpg
画像はクリックすると大きくなります。

c0104227_20102729.jpg


c0104227_2011410.jpg


c0104227_2092198.jpg
ユキヤナギ(バラ科シモツケ属)Spiraea thunbergii 雪柳

この作品は以前紹介したので解説はしません。 こちらをどうぞ。 こちらにも。
気にかかるのは羊歯の花という表現です。
普通、シダ科の植物はいわゆる花をつけないでしょう。

More 続きを見る。
by nenemu8921 | 2013-02-04 08:24 | 植物 | Comments(26)

雪柳→ユキヤナギ

(略)
  そこを水際園といたしましたら
  どんな種類が適しませうか
なぜわたくしは枝垂れの雪柳を植えるか
十三歳の聖女テレジアが
水いろの上着を着 羊歯の花をたくさんもって
小さな円い唇でうたひながら
そこからこっちへでてくるために
わたくしはそこに雪柳を植える
       Gaillardox! Gaillardox!
              詩「裝景家と助手との対話」


c0104227_1764255.jpg
ユキヤナギ(バラ科シモツケ属)Spiraea thunbergii 雪柳
雪柳といっても、ヤナギ科ではなく、バラ科である。八重咲きの美しいユキヤナギに出会った。

裝景は景色、景観を装い、整え、設計すること。当時の造園、園芸資料にはよく使われた用語のようだ。
単に眼前の風景を美しくデザインする技芸ではなく、現実と理想をコーディネイトさせる主体、すなわち裝景家がいて、美と科学と宗教が詩的時空において一致させられる。云々という解説が「新宮沢賢治語彙辞典」にある。
テレジアに関しては、以前ユキヤナギの画像と共に紹介した。 こちらをどうぞ。

More おまけを見る
by nenemu8921 | 2012-05-07 04:45 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921