タグ:三番瀬 ( 52 ) タグの人気記事

飛ぶ

良いお天気に誘われてぶらりと三番瀬へ。
ハマシギの群れがハヤブサに驚いて飛ぶ。
しかし、遠い!
クリックしてご覧くださいね。
海のきらきらとハマシギの群れが区別つかないでしょう。
c0104227_21043168.jpg

ズームレンズで追いかける。やっ、船と競争だ。
c0104227_21045995.jpg


こちらはハヤブサに動じなかったミヤコドリの群れ。200羽あまり。
1羽がはばたき~。
c0104227_21052387.jpg


続いて数羽がはばたき、みな連動するように動き出す。
c0104227_21054675.jpg



でも、ハマシギに比べれば、動きは緩慢に見える。
c0104227_21060459.jpg


そんなことはない。それぞれは必死なのだ。
c0104227_21063169.jpg


あっという間に遠ざかる。
c0104227_21065543.jpg


こちらも必死にレンズで追いかける。
c0104227_21070995.jpg



対岸の浦安の町までいくつもりですか?
c0104227_21072599.jpg



いいえ、ゆっくり食事したいだけだよ。
c0104227_21074282.jpg


アサリ採りやカメラマンの人の群れからはなれてところでさ。
c0104227_21080045.jpg

ミヤコドリは人嫌いです。
ウミネコやハマシギより臆病というか、警戒心が強いというか、近寄らせません。













by nenemu8921 | 2017-11-05 13:12 | 鳥・動物 | Comments(6)

ミヤコドリ飛来

中潮で晴天でした。
遠くから訪れたバーダーも、貝採りの人も多かったです。
それ以上に多かったのは、ミヤコドリです。300羽は優に超えていました。
よく飛んでくれました。飛ぶ鳥撮影の練習になりました。
ズームレンズで遊びました。
陽が差したり、雲に入ったりの天候でしたが、潮の引いた砂浜はキラキラ光り鏡のようでした。
c0104227_21342035.jpg

c0104227_23415537.jpg

c0104227_23410021.jpg
c0104227_21312255.jpg
c0104227_21335067.jpg



c0104227_23443712.jpg

c0104227_23452145.jpg

c0104227_23541052.jpg

c0104227_23552927.jpg
ミヤコドリ(チドリ目ミヤコドリ科)Haematopus ostralegus 都鳥 

伊勢物語で名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」と歌われているのは、

カモメ科のユリカモメのことで、この標準和名のミヤコドリではない。






by nenemu8921 | 2017-10-10 00:12 | 鳥・動物 | Comments(18)

お食事中


ダイサギのお食事に出会いました。
見つけて咥えて、咥えなおして、あっという間に飲み込みました。

c0104227_15044265.jpg


ハゼでしょうか。おいしそう。
c0104227_15051572.jpg




by nenemu8921 | 2017-10-08 15:32 | 鳥・動物 | Comments(8)

曇天の海

2,3日前の三番瀬です。曇り日でした。
潮が引いた海岸の風景をスケッチするつもりで、切り取りました。
それぞれ、ぜひクリックして大きな画像でご覧くださいね。
c0104227_17324406.jpg


一瞬、日が差したとき。
ウユニ塩湖のイメージを思い浮かべました。
c0104227_17321519.jpg


この情景が好きなんです。
c0104227_17325752.jpg

潮が満ち始めたとき。
干潟はキャンバスになります。
c0104227_17330907.jpg

by nenemu8921 | 2017-08-14 01:28 | 場所 | Comments(4)

ミヤコドリ

ミヤコドリといえば、三番瀬に訪れる冬鳥というイメージがありますが、20羽前後のミヤコドリは越夏するようです。
コアジサシの幼鳥を撮影しようと出かけたのでしたが、コアジサシは防波堤に集結して撮影できず。
c0104227_19111968.jpg

東京湾は赤潮が発生してニュースになっていた数日後です。
c0104227_19115683.jpg

やはり海の色が少しおかしかったですね。
c0104227_19120804.jpg


c0104227_19213849.jpg



遠く袖ヶ浦のコンビナートがゆらゆらしていました。
c0104227_19362035.jpg
暑い日が続きます。
画像はクリックすると大きくなります。



by nenemu8921 | 2017-07-17 10:39 | 鳥・動物 | Comments(10)

夕日のオオソリハシシギ


夕方になると、三番瀬に行きたくなります。
この日は潮加減が良くなかったのですが、やっぱり飛んでいきました。
富士山が見えるかなという期待で、いつも数人のカメラマンがいます。
c0104227_00030334.jpg
黄金色の波間にオオソリハシシギが1羽、所在なさそうにしていました。
c0104227_00033350.jpg

この子にはいつ行っても出会います。三番瀬に住み着いてしまうつもりかしら。
c0104227_00035052.jpg

陽が落ちるところに雲がただよい…、うーん、残念。
ハマシギも干潟に出てきましたが…。
c0104227_00100262.jpg

波の色が何とも言えない美しさです。
c0104227_00071513.jpg


全体を広角で撮るとこんな感じです。
空は広いのに、夕日が落ちるところだけ、雲が横たわっているでしょ(>_<)
c0104227_00081856.jpg
でも、また、明日がありますね。(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2016-12-18 00:30 | 場所 | Comments(6)

カラシラサギ???

カラシラサギかな? 
半月ほど前から、ここ、三番瀬で、その名を聞くのですが、今回順光で撮影する機会に恵まれました。
コサギの幼鳥ではないかという声もあるようですが。カラシラサギの幼鳥かもしれません。
c0104227_23531372.jpg
c0104227_23515655.jpg
c0104227_23534163.jpg
嘴の色がコサギとは違うこと。下のくちばしがピンク色を帯びた白です。脚が黄色味を帯びた黒であること。足指は黄色。
夏羽ではないので、特色ある冠羽は見られない。目先はこんな色です。
c0104227_23570192.jpg
カラシラサギ(唐白鷺、Egretta eul00hotes)は、コウノトリ目サギ科シラサギ属に分類される鳥類。
分布はインドネシア(ジャワ島、スマトラ島、スラウェシ島、ボルネオ島」、タイ、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、台湾、日本、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア。

夏季に朝鮮半島西岸や黄河河口域で繁殖し、冬季になると台湾や東南アジアに南下し越冬する。日本には越冬のために九州や南西諸島にまれに飛来する。

と、Wikipediaにあるが、ここ数年、日本列島では、夏にも観察例は少なくない。そのたびにコサギの幼鳥か、カラシラサギかと話題になることが多い。

「フィールドガイド日本の野鳥」(日本野鳥の会発行・1983年初版第4刷)も、

「鳥630図鑑」(財団法人 日本鳥類保護連盟発行・2002年増補改正版)も、図鑑としては信頼がおけるものだけれども、珍鳥に関しては情報としては古い。

ネット上では新しい画像や情報が飛び交っているけれども、自分の体験が何よりの拠りどころだろう。






by nenemu8921 | 2016-11-22 09:49 | 鳥・動物 | Comments(8)

ミヤコドリ


この日、日が傾き出してから、干潟に降り立ったミヤコドリは5、60羽ぐらい。
小学生らしい男の子が近づいて、あっという間に飛ばしてしまいました。
c0104227_00041773.jpg


飛び立つ一瞬を捉えたかったけれど……。
ちょっとピンが甘いですね(>_<) でも、面白いポーズなので載せちゃう(^_-)
 
c0104227_00303552.jpg


大きく羽ばたいて、いつもの突堤の方へ飛んでいきました。
見守るバーダーからは「ああ…」というため息が漏れました。
c0104227_00324035.jpg

三番瀬に飛来するミヤコドリは1996年以降増加しているそうです。全国の4/5(400羽)ほどが飛来します。
三番瀬周辺以外では、三重県の出雲川河口、五主海岸などの約100羽、和白干潟など九州北部の干潟に約10羽、そのほか、千葉県の九十九里浜や銚子などに約10羽ほど記録があるそうです。
三番瀬に飛来する個体群の繁殖地はカムチャッカだろうと推測されています。
ー三番瀬で、野鳥の調査を続けている田久保晴孝さんの資料からー






More つづきです。
by nenemu8921 | 2016-11-08 10:38 | 鳥・動物 | Comments(12)

夕陽に飛ぶハマシギ

今日は素晴しい天候でしたね。予定していた会合が1週間延期されたので丸ごとの休日。
三番瀬で、鳥たちと遊んでもらいました。でもやっぱり感激したのは夕暮れどき。
夕陽に飛ぶハマシギの群れを撮ることができました。
c0104227_23220459.jpg


c0104227_23375387.jpg



富士山はやはり姿を見せませんでしたが、穏やかな夕陽も気持ちよかったです。
大きな画像でお見せしたいのですが。新管理体制で、システムがよくわからないままです(>_<)
c0104227_23201398.jpg

by nenemu8921 | 2016-11-06 23:40 | 鳥・動物 | Comments(15)

掬いたい

by nenemu8921 | 2016-11-01 23:09 | 気象 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921