タグ:中山法華経寺 ( 5 ) タグの人気記事

初詣は身近で 

格別なこともなく、晴れた日がつづき、久方ぶりの親類縁者とひと時を過ごし、
「めでたさも中ぐらいなりおらが春」(一茶)といったところです。
初詣はご近所の中山法華経寺へ行きました。車で10分ほどです。
c0104227_16425209.jpg
c0104227_16474074.jpg


おみくじを読む真剣さも若さゆえでしょうか。
c0104227_16451011.jpg


必死に結ぶのも思いの強さでしょうか。
c0104227_16444214.jpg

境内では日光さる軍団(と、言っても1匹だけ))の演芸ショーが展開されていました。
c0104227_16461054.jpg

あれ、今年は戌年、犬猿の仲とか、忘れてね!でしょうか。
c0104227_16463729.jpg


見事な芸に拍手喝采、お年玉を奮発した少女もいましたよ
c0104227_16470733.jpg


帰途、参道のお寺に「剣術稽古」という張り紙があったので、覗いてみると、
「今日は書初めなんです」とのこと。
イケメンのお坊さんが見本を見せてくれました。
c0104227_16482563.jpg
 次回は剣術の稽古中を撮影させてほしいなあ。
c0104227_16485179.jpg
皆さんはどんなお正月だったでしょうか。

by nenemu8921 | 2018-01-07 16:26 | 伝承 | Comments(10)

蓮の花

近くの中山法華経寺で、蓮が咲いているというので行ってみました。
小さな蓮池に大輪の薄紅色の花が開いていました。

c0104227_18303056.jpg


c0104227_18301009.jpg

ご近所の方らしいお年寄りが「やっぱりつぼみがいいね」と話しているのが聞こえました。
c0104227_18294951.jpg


きれいな花をきれいに撮るという撮り方はスマホみたい?!
「触れなば落ちん」という風情の、散り始めた花に惹かれました。
つぼみより魅力的だと思いません?
c0104227_18290349.jpg


c0104227_18294411.jpg

ズームレンズで引き寄せると、凄艶な感じもします。
c0104227_18293802.jpg

by nenemu8921 | 2017-07-19 22:40 | 植物 | Comments(6)

中山法華経寺

遅い春です。
寒い日がいつまでもつづきます。
出先から、気分転換に中山法華経寺に立ち寄りました。
境内の梅のつぼみは固く、早咲きの八重の白梅が一株だけ。
c0104227_22215224.jpg


c0104227_222636.jpg


c0104227_22223741.jpg


c0104227_22245412.jpg


宮沢賢治は法華経を信奉していました。その生涯において数回上京していますが、
この千葉県の中山法華経寺に立ち寄ったことはありませんでした。

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-03-04 22:25 | 場所 | Comments(12)
去る2月10日の百日大荒行の成満の日のスナップはこちらです。

1、
c0104227_12112724.jpg

2、
c0104227_12114482.jpg

3、
c0104227_1233716.jpg

4、
c0104227_12332466.jpg

5、
c0104227_12334624.jpg

6、
c0104227_12142918.jpg

7、
c0104227_12251269.jpg

8、
c0104227_12433757.jpg

9、
c0104227_12495960.jpg

10、
c0104227_12501435.jpg

11、
c0104227_12503351.jpg

12、
c0104227_12545852.jpg


この日の産経新聞の記事は こちらをどうぞ。
中山法華経寺に関しては こちらをどうぞ。
完全防寒体制で出かけましたが、明け方は寒かったです。
朝6時、修行を終えた御上人たちは粗衣をまとい、素足で、高らかに読経を唱えながら出てきました。
体を鍛えているので、寒くないそうです。
奥の院まで歩き、境内に戻り、祖師堂で認証を受けて、解散のようでした。
広い境内は 成満旗が所狭しと翻り、全国から集まった檀家信徒さん、ご家族の方々、マスコミ関係者、カメラマンなどなどがあふれていました。
by nenemu8921 | 2011-02-20 13:59 | その他 | Comments(6)

水行会

宮沢賢治が日蓮宗を信奉していたことはよく知られています。
その日蓮宗は寒荒行という過酷な修行が有名です。
近くの中山法華経寺でも11月1日が入行で、2月10日が成満でした。
そして、2月18日は法華経寺内の遠寿院で水行会が行われました。
宮沢賢治はうちわ太鼓をたたいて町内をまわったと伝えられていますが、
僧門に入ったわけではないので寒荒行は体験していません。
画像はクリックするとみな大きくなります。大きな画像でご覧ください。
1、
c0104227_1944182.jpg
なぜか入り口ではのどかにネコが迎えてくれました。

2、
c0104227_19451636.jpg
境内は注連縄が張られ、梅の古木が美しくほころび、準備が整っていました。

3、
c0104227_1951385.jpg
正午に鐘が鳴らされ、いよいよです。

4、
c0104227_1954195.jpg


5、
c0104227_1959861.jpg


6、
c0104227_2062480.jpg


7、
c0104227_20101335.jpg


8、
c0104227_20114855.jpg


9、
c0104227_20151014.jpg


10、
c0104227_20544291.jpg


11、
c0104227_21102789.jpg


12、
c0104227_2114596.jpg


13、
c0104227_21313553.jpg


14、
c0104227_21315411.jpg


おつかれさまでした。
境内には大勢のカメラマンと檀家信徒が集まりました。
なれないスナップ撮影はとても難しかったです。
たくさん撮ったのに、この一枚と言える作品は撮れずに残念でした。
by nenemu8921 | 2011-02-19 07:50 | その他 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921