タグ:河津さくら ( 4 ) タグの人気記事

小鳥日和

この春はメジロ君によく出会いました。梅にも河津さくらにもよく来てくれました。
でも、これといって傑作が撮れたわけでもないけれど。
あっちのメジロも、こっちのメジロも、似た表情、ポーズが多いですね。
c0104227_21431285.jpg
c0104227_21434108.jpg
c0104227_21442732.jpg
c0104227_21445492.jpg

c0104227_22011970.jpg
c0104227_21464290.jpg

 ソメイヨシノが咲くまでには、まだまだ寒い日もあるでしょうね。メジロ君、元気でね。


by nenemu8921 | 2017-03-13 06:57 | 鳥・動物 | Comments(13)

河津さくら満開です。



白鳥の撮影の帰途、西光寺にご案内いただきました。
河津さくらが満開でした。
c0104227_21473826.jpg

c0104227_21480466.jpg

メジロが次々にやってきました。
c0104227_21520620.jpg

c0104227_21532045.jpg

c0104227_16040505.jpg

c0104227_21580946.jpg
c0104227_16124172.jpg
c0104227_21523270.jpg

c0104227_16050432.jpg

 一本木の野原の、北のはずれに、少し小高く盛りあがった所がありました。
いのころぐさがいっぱいに生え、そのまん中には一本の綺麗な女の樺の木がありました。
 それはそんなに大きくはありませんでしたが、幹はてかてか黒く光り、枝は美しく伸びて、
五月には白い花を雲のようにつけ、秋は黄金や紅やいろいろの葉を降らせました。
ですから渡り鳥のかっこうや百舌も、又小さなみそさざいや目白もみんなこの木に停まりました。
                            童話「土神ときつね」

童話「土神ときつね」の女主人公の樺の木は、山ざくらのこと。山ざくらにもメジロは訪れる。
河津さくらは20世紀後半になって各地で植栽されるようになったが、賢治の時代には東北では見る機会はなかったのではないかと思う。
宮沢賢治がこの桜を見たら何というかしら。


by nenemu8921 | 2017-02-25 21:36 | 鳥・動物 | Comments(20)
メジロ君をじっくり撮りました。市内のお寺の入り口に咲いていた河津さくら。
ほぼ満開状態でした。入れ替わり立ち代わり訪れたメジロ君。
この食いしん坊ぶりをご覧ください。

c0104227_18210515.jpg

c0104227_18213719.jpg

c0104227_18200241.jpg

c0104227_18222161.jpg

c0104227_18225067.jpg

c0104227_18232286.jpg

c0104227_18235363.jpg

c0104227_18263501.jpg
必死でスイーツをむさぼっているように見えました。

by nenemu8921 | 2017-02-10 18:36 | 鳥・動物 | Comments(14)

春遠し

風がつめたい一日でした。病院の帰りにちょっと遠回りをして河津さくらを見に行きました。
ちらほらとほころびかけていましたが、メジロ君は姿を見せず。        


c0104227_17522541.jpg


張り合いがないわ(>_<)と思って水元まで足を延ばすと、
冬枯れの林の中でウソの群れ、5,6羽。
ラッキー!と思って、重いレンズを抱えて手持ちで頑張りました。

c0104227_17535947.jpg


でも、なぜかみな♀ばかり。
水元公園は小池百合子知事のおひざ元、東京都内で一番緑地面積の広い都市公園だそうです。
都内では都民ファーストという声しきりですが、レディ・ファーストというマナーもありましたね。
だけど、ウソは♂に会いたいなあ。
c0104227_17544539.jpg

高い梢がお好かしら。首が痛くなりました。
足元に目をやれば、シメがいました。
c0104227_18363373.jpg


でもこの鳥は雌雄の区別がつかないですね。


c0104227_18395676.jpg
すぐに帰るつもりでしたが、小鳥が次々顔を見せてくれたので、ついついゆっくりしてしまいました。
続きは明日です。




by nenemu8921 | 2017-02-08 18:43 | 鳥・動物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921