タグ:赤城自然園 ( 13 ) タグの人気記事

レンゲショウマ

赤城自然園にも立ち寄りました。
レンゲショウマが花盛りでした。

この花の画像をはじめて見たときは感激して、御岳山へ撮影に行ったことを思い出します。
c0104227_2319258.jpg


c0104227_2321017.jpg


しかし、みな同じような印象になってしまうのはなぜ?
c0104227_042981.jpg


やっぱり、修行がまだまだ足りないのかなあ (>_<)
c0104227_23215796.jpg


そこかしこに咲いていたキツネノカミソリを背景にして。
c0104227_2323140.jpg


森の住人、タマゴダケも見つけました。
c0104227_0433312.jpg

by nenemu8921 | 2016-08-14 00:48 | 植物 | Comments(10)

アサギマダラ乱舞

先週、前橋へ行った折、帰途、関越に乗る前に少しだけと思って赤城自然園に立ち寄りました。
ここ数年、フジバカマをたくさん植栽して、夏の終わりにはアサギマダラが乱舞しているという噂でした。

c0104227_1314378.jpg


薄曇りで、午後から崩れるという予報でしたが、いました! いました!!

c0104227_1372253.jpg


末枯れ始めたフジバカマ、アキノキリンソウ、アザミにもたくさんのアサギマダラがひらひらしておりました。

c0104227_137426.jpg


c0104227_1383647.jpg


c0104227_1385644.jpg


c0104227_1393553.jpg


でも、飛んでいる姿を捉えるのはなかなか難しい。

c0104227_1310895.jpg


c0104227_13105719.jpg


c0104227_1312786.jpg


マーキングされた蝶もたくさん見ました。
c0104227_13131621.jpg


これは9月23日に、693番めのマーキングされた個体ということです。
APは、Akagi Park(赤城自然園)のマークです。
c0104227_13134455.jpg


アサギマダラは長距離を移動する蝶として知られています。
ここで体力を蓄え、これから旅発つのでしょうか。こんな小さな体で。

ちょっとのつもりが、ついつい夢中になってしまいました。
時間をとられ、関越に入ってからはともかく(シルバーウィークは終わっていました)、
首都高に入ってから、ひどい渋滞で、まあ、疲れました。(>_<)
by nenemu8921 | 2015-10-05 00:02 | 昆虫・クモなど | Comments(16)

赤城自然園

前橋では、早春の赤城自然園を訪ねました。
久しぶりの都内の友人や、渋川の山男さんとも落ち合って、気持のよい時間を楽しく過ごしました。

c0104227_9534152.jpg


c0104227_106961.jpg


園内は4月3日に開園したばかり。カタクリやマグノリアが今盛り。
ヤシオツツジが咲き、ミツバツツジも開き始め、まさに春の序奏という風でした。

c0104227_9544454.jpg


c0104227_95531100.jpg


c0104227_1021393.jpg


たくさんの画像の中から、印象に残ったこの花を。

c0104227_3303461.jpg


c0104227_3305467.jpg


c0104227_3324258.jpg


c0104227_330835.jpg
オオカメノキ(スイカズラ科ガマズミ属) Viburnum furcatum 大亀の木、ムシカリとも。
名前の由来となった葉脈が目立つ大きな葉は、まだまだやわらかな小さな芽吹きで、
コガメノキと呼びたいくらいでしたよ。

キブシの雌花、雄花の識別、カタクリの花芯の模様の多様性など教わりました。

いつも、一人で撮影すると、開園から、閉園ぎりぎりまで時間がかかるのですが、
今回は、健脚のお二人につられて、早めに園内を一周しました。
ありがとうございました。
by nenemu8921 | 2015-04-25 10:51 | 植物 | Comments(8)

レンゲショウマ

前橋までたどり着いたのだからと、翌日、赤城自然園まで行きました。
レンゲショウマが咲き始めていました。
時折雨が降ったりやんだりのあいにくの天候でしたが…。
c0104227_23413284.jpg


レンゲショウマ(キンポウゲ科レンゲショウマ属) Anemonopsis macrophylla 蓮華升麻
c0104227_23434884.jpg


しかし、この花の撮影も難しかったです。
c0104227_12573241.jpg


つぼみが多かったのですが。
c0104227_2343837.jpg


似たようなショットばかり。
c0104227_2344467.jpg


早めに引き上げて、赤城インターから高速に入り、帰宅しました。
都内に入ってからすごい渋滞でした。やれやれの旅でしたよ。

お粗末な画像にお付き合いただきありがとうございました。
by nenemu8921 | 2014-08-15 13:01 | 植物 | Comments(22)
園内の雑木林の足元にはカタクリのほかにも、咲き始めたばかりの草花がたくさんありました。

1、セリバオウレン(キンポウゲ科オウレン属) Coptis japonica 芹葉黄連
今年は遅咲きの花を見つけることができました。
c0104227_16203547.jpg


でも、ほとんどはこんな感じになっていました。
c0104227_1639680.jpg


毎年見かけるのは花が終わったこの状態の群落なのですが。
c0104227_16394274.jpg


2、キクザキイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)Anemone pseudoaltaica 菊咲一華
 咲き始めていました。
c0104227_16215618.jpg


c0104227_16224079.jpg


3、オキナグサ(キンポウゲ科オキナグサ属) Pulsatilla cernua 翁草
地面に這いつくばって開いた一輪を見つけました。
c0104227_1623128.jpg


4、サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属)Diphylleia grayi  山荷葉
最初に開いた花だと思います。面白い文字ですね。どんな意味があるのかな。
c0104227_16235462.jpg


5、シラネアオイ(キンポウゲ科シラネアオイ属) Glaucidium palmatum 白根葵
c0104227_1646848.jpg


6、ショウジョウバカマ(ユリ科ショウジョウバカマ属) Heloniopsis orientalis 猩々袴
c0104227_16434790.jpg


7、ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属) Anemone flaccida 二輪草
c0104227_16263329.jpg


こちらは園芸種のゾーンで見つけました。黄色いニリンソウ?
c0104227_1650323.jpg


他にもたくさんの花が見られました。菫の種類も多かったです。
でも、今回はこれでおしまいにします。
by nenemu8921 | 2014-04-23 00:27 | 植物 | Comments(24)

赤城自然園


赤城自然園にも立ち寄りました。この日は暑い日でした。
やっと目覚めたばかりの春。カタクリは真っ盛り。木々はこれから芽吹きます。
まさに「若い木霊」の世界でした。
アカヤシオと呼ばれているツツジが雑木林のあちこちに見え隠れして、美しかった。
画像はクリックするとみな大きなります。

1、
c0104227_11472739.jpg


2、
c0104227_2303273.jpg


3、
c0104227_11484121.jpg


4、
c0104227_1155295.jpg


5、
c0104227_1148359.jpg


c0104227_13252196.jpg


6、
c0104227_11482386.jpg


7、ヤブレガサです。これが食せるとは知らなかった。
c0104227_165573.jpg


8、トンボ池です。キブシがたくさん春の紐を下げていました。
c0104227_135480.jpg


園内はかなりの広さです。この頃、ようやく迷わなくなりました。

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2014-04-22 00:10 | 場所 | Comments(12)

リンドウ

恐れた歳のとりいれ近く
わたりの鳥はつぎつぎ渡り
野ばらの藪のガラスの実から
風が刻んだりんどうの花
              詩 「秋」

c0104227_17172794.jpg
リンドウ(リンドウ科リンドウ属) Gentiana scabra var. buergeri 竜胆

リンドウはエゾリンドウ、オヤマリンドウなど種類も多く、変種も少なくない。
でも、一番普通のこのりんどうの花が賢治作品にふさわしい気がします。
ブナの森を歩いた前日、赤城自然園をひさしぶりに訪れた。
少ない秋の花のなかで、リンドウはさわやかだった。

「春と修羅」第三集になると、賢治が歌う秋の歌は暗いトーンが目立つのが気になりますね。


園内は紅葉が始まって、三分色づいたところ。木の実、草の実が目立った。
c0104227_19451340.jpg
オオモミジ

More つづきを見る
by nenemu8921 | 2013-11-06 00:49 | 植物 | Comments(14)
1、そしてお目当てのオキナグサにも出会いました。ひっそりと待っていてくれました。
c0104227_1056549.jpg


2、昨年より株も増えてしっかりしてきました。
c0104227_1057227.jpg


3、大きな株になってたくさん花をつけるようになるといいな。
c0104227_10573086.jpg
オキナグサ(キンポウゲ科オキナグサ属)Pulsatilla cernua 翁草

4、オキナグサの周辺に多かったのはキジムシロ。これもこれから大きな株になりそうですね。
c0104227_043416.jpg
キジムシロ(バラ科キジムシロ属)Potentilla fragarioides var. major 雉莚、雉蓆

5、もう終盤になっていたのがサンカヨウ
c0104227_045011.jpg
サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属)Diphylleia grayi 山荷葉

6、白いエンレイソウもあちこちに見かけました。オオバナエンレイソウかなと思いますが。
c0104227_0454525.jpg
ミヤマエンレイソウ 別名シロバナエンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属)Trillium tschonoskii 深山延齢草

7、昔、尾瀬で見たツバメオモトはこれから咲き始めます。こんなに小さな花だったかしら。
c0104227_047721.jpg
ツバメオモト(ユリ科ツバメオモト属)Clintonia udensis Trautv. et Mey 燕万年青

8、高山植物の女王といえば、このシラネアオイ。
たくさんの株が満開でした。
c0104227_15254047.jpg
シラネアオイ(キンポウゲ科シラネアオイ属)Glaucidium palmatum 白根葵

9、咲きはじめたばかりのチョウジガマズミ。沈丁花に似た香りがします。園芸種かと思ったら、中部以南に分布しているそうです。ここでは植栽したのでしょうね。
c0104227_0483454.jpg
チョウジガマズミ(スイカズラ科ガマズミ属)Viburnum carlesii 丁子莢蒾

10、ウグイスカグラはいつも眠そうな表情に見えます。
c0104227_0491842.jpg
ウグイスカグラ(スイカズラ科スイカズラ属)Lonicera gracilipes var. gracilipes 山鶯神楽

More 続きを読む
by nenemu8921 | 2013-04-29 16:01 | 植物 | Comments(20)
ほぼ一年ぶりに赤城自然園を訪ねました。連休直前の不安定な天候の日でしたが。
入り口で迎えてくれたのはクロツグミのさえずり! 高い木で啼いていました。
c0104227_8583466.jpg

標高の高いこのあたりでは、ヤマザクラもまだ花をつけていました。
c0104227_8591559.jpg

雑木林の中は木々が芽吹き始めたばかり。
c0104227_8593681.jpg

c0104227_12505379.jpg

足元にはカタクリもまだひっそりと咲いておりました。
c0104227_9265039.jpg

c0104227_927750.jpg

見渡せば、そこにはウスバサイシンの株があちこちに。
c0104227_9384057.jpg

花も咲いておりました。
c0104227_939420.jpg
ウスバサイシン(ウマノスズクサ科カンアオイ属) Asarum sieboldii  薄葉細辛
これってヒメギフチョウの食草でしょ。
しかし、園の方のお話では、なかなかヒメギフチョウは姿を見せてくれないそうです。
友人のtamayamさんも前日にこの自然園へ行かれたとか。こちらをどうぞ。
 蝶のお好きなtamayamさんのためにも、
        いずれ、ヒメギフチョウが乱れ飛ぶ光景が見られといいなあと思ったのでした。

この日話題になったのは開き始めた山芍薬。
開園時にはまだつぼみでしたが、日が昇るにつれて、花びらが開き始めました。
c0104227_12383718.jpg

c0104227_1240964.jpg
ヤマシャクヤク(ボタン科ボタン属)Paeonia japonica 山芍薬 
園内には、この花のつぼみがあちこちにありました。満開になったら見事でしょうね。

たくさんの植物に出会いましたが、続きは明日です。
by nenemu8921 | 2013-04-28 06:45 | 植物 | Comments(14)
           赤城自然園は前橋市よりも標高が高いので、
                  ようやく春の目覚めといった雰囲気でした。
                       林はけぶったようなやわらかい色調で、
               アカヤシオやミツバツツジの明るい色が溶け込み
             キブシやトサミズキなどの黄色い房もぼんやり下がっていました。
            24、25日の温かい気温でいっきに草花も咲き始めた様子です。

     山でも花の時期にはなかなか出会えなかったサンカヨウ。
                            小さな花を広げていました。
     サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属) Diphylleia grayi  山荷葉                   
c0104227_11401297.jpg

c0104227_11403137.jpg


  咲き残っていたカタクリのなかで、いちばん立派だった株です。
  カタクリ(ユリ科カタクリ属)Erythronium japonicum Decne片栗
c0104227_12125616.jpg


  群生していました。
  ハルトラノオ(タデ科イブキトラノオ属)Bistorta tenuicaulis 春虎の尾
c0104227_12134716.jpg


  ひっそりと開きました。ヒトリシズカ(センリョウ科チャラン属)Chloranthus japonicus 一人静
c0104227_12142527.jpg


  誤食すると錯乱して走りまわるということからのネーミング。毒草です。
  赤松林の足元に群落をたくさん作っていました。
  ハシリドコロ(ナス科ハシリドコロ属) Scopolia japonica 走野老、莨菪
c0104227_11462931.jpg


More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-04-27 00:30 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921