タグ:銀河鉄道の夜 ( 27 ) タグの人気記事

筑摩書房さんから新刊が届きました。宮沢賢治生誕120年記念出版だそうです。
「銀河鉄道の夜」を連想させるすてきな装丁ですね。賢治作品の選集というか、アンソロジーでしょうか。
c0104227_17334627.jpg




c0104227_17321430.jpg
c0104227_17314656.jpg


内容は次の通り。
編集委員は栗原敦・杉浦静。監修は天沢退二郎・入沢康夫先生方によるもの。
2016年12月25日初版・筑摩書房・¥2500+税
c0104227_18161979.jpg
新校本宮沢賢治全集を底本とし、新修宮沢賢治全集や新潮社の文庫本などを参考にして校訂したという。
現代仮名遣いに改め、旧字、正字を常用漢字体に改め、句読点を補い、改行を施した箇所もあると、凡例に断りがある。
賢治作品はこれまで様々な経過を経て、世に紹介されてきたという経過があるせいか、原文偏重なところがあった。
研究者にとってはありがたいが、一般読者には読みにくかったと思う。
ようやく研究者向きでないというか、一般読者に向けての編集がなされるようになったなあという印象が強い。
市民向けの講座や子どもや児童文学にかかわる人の会などで、賢治作品を読みたいけれど、どの本を買ったらいいかわからないという声をよく聞く。
この本だったら紹介しやすいだろうか。
本文中に挿絵があればもっとよかったのにと思う。さりげない挿絵(カット)は、絵本形式のものとは全く別の魅力がある。

 追記
このコレクションにも挿絵はあるんです。が、やはりアートテックなトーンなのですね。

例えば、「風の又三郎」、
c0104227_13234835.jpg
「ポラーノの広場」 
c0104227_13241221.jpg
こんな風で、絵そのものは素敵ですが、こういうのって絵本でたくさんあるでしょう。

むしろ「風の又三郎」だったら、例えば「さいかち渕」のページに、サイカチの葉と実とか、
「ポラーノの広場」だったら、シロツメクサ(マメ科シャジクソウ属)の小さなカットなんかいいなあと思うのです。
「つめくさって、クローバーのことだったんですか」といった賢治ファンもいますし、ナデシコ科ツメクサ属のツメクサを紹介していた研究者も見かけました。
植物画、細密画はカットとしても美しいし、作品を文章で読む時に、読者がイメージを膨らませることを損なわず、さりげない資料にもなると思うのです。
編集レベルの問題だと思います。

by nenemu8921 | 2016-12-28 22:15 | 賢治情報・スクランブル | Comments(4)

佐藤国男カレンダー ③

雑用に追われ、バタバタ過ごす日々、なかなか更新できず、失礼しました。
佐藤国男画伯のカレンダーの続きです。

9月です
双子の星ですね。
c0104227_5531649.jpg


10月です
ブルガニロ博士です。 第三次稿ですね。
c0104227_5535559.jpg

お前はもう夢の鉄道の中でなしに本当の世界の火やはげしい波の中を大股にまっすぐ歩いて行かなければいけない。

11月です
ゴッホの星月夜を重ねてのイメージだそうです。
c0104227_5541753.jpg

糸杉ですね。「でも、なぜコスモスなの?」「いや彩(いろどり)がほしかったのさ。」だそうです。


12月です
ケンタウルス村ですね。
c0104227_5545584.jpg

物語では入眠前の場面ですが、クリスマスのイメージにつながるから12月に持ってきたとのこと。
by nenemu8921 | 2014-12-22 01:17 | 賢治情報・スクランブル | Comments(0)

佐藤国男カレンダー ②

5月です
鳥捕りですね。この物語の中でも、最も不思議な人ですね。
c0104227_21514686.jpg

するとあの鳥捕りは、すっかり注文通りだといふやうにほくほくして、両足をかっきり六十度に開いて立って、
鷺のちぢめて降りて来る黒い脚を両手で片っ端から押へて、布の中に入れるのでした。
すると鷺は、蛍のやうに、袋の中でしばらく、青くぺかぺか光ったり消えたりしてゐましたが、おしまひたうたう、みんなぼんやり白くなって、眼をつぶるのでした。

この場面は、「銀河鉄道の夜」でも非常に心に残るところですね。
眼に見えるように具体的な描写で、視覚化すると、幻想的な光景で、詩的です。
この物語の主題とか、ジョバンニの心象とは、関係ない場面なのですけれど。

6月です。
c0104227_21521465.jpg

「もうここらは白鳥区のおしまひです。ごらんなさい。あれが名高いアルビレオの観測所です。」
窓の外の、まるで花火でいっぱいのやうな、あまの川のまん中に、黒い大きな建物が四棟ばかり立って、
その一つの平屋根の上に、眼もさめるやうな、青宝玉(サフアイア)と黄玉(トパース)のおおきな二つのすきとほった球が、輪になってしづかにくるくるとまはってゐました。



7月です。
ジョバンニの切符ですね。
c0104227_21524414.jpg

カムパネルラは、その紙きれが何だったか待ち兼ねたといふやうに急いでのぞきこみました。
ジョバンニも全く早く見たかったのです。ところがそれはいちめん黒い唐草のやうな模様の中に、
をかしな十ばかりの字を印刷したものでだまって見てゐると何だかその中へ吸い込まれてしまふやうな気がするのでした。(略)
その鳥捕りの時々大したもんだといふやうにちらちらこっちを見てゐるのがぼんやりわかりました。

どこでも勝手に歩ける通行券の切符! どんな切符か、見たかったですね。


8月です。
c0104227_21532024.jpg

ジョバンニはその小さく小さくなっていまはもう一つの緑いろの貝ぼたんのやうに見える森の上にさっさっと青じろく時々光ってその孔雀がはねをひろげたりとぢたりする光の反射を見ました。(略)
ハーブのやうに聞こえたのはみんな孔雀よ

天上では孔雀だってハープのように鳴くんだ!!
実際の孔雀は、賢治も他の作品で書いていますが、破れたラッパのような声を出します。(^_-)-☆

山猫博士も「鳥捕り」がお気に入りだったのでしょうか。
ジョバンニとカムパネルラに次いで登場回数が多いですね。
しかし5月の鳥捕り画像と、6月、7月の鳥捕りは雰囲気が違うのが気になります。
山猫博士と電話でお話したことですが、鳥捕り像について「当時はこういう仕事の人は下層階級というか、
差別されていたようだよ」とのこと。
鈴木滃二という漫画家の紹介がありました。
「賢治の影響を受けていると思うよ」とのお言葉。
あいにく、漫画界のことは不勉強で存じませんでしたが、機会があったら、読んでみたいです。
by nenemu8921 | 2014-12-12 19:21 | 賢治情報・スクランブル | Comments(6)

佐藤国男カレンダー ①

佐藤国男画伯から今年もカレンダーが届きました。ありがとうございます。
今年は「銀河鉄道の夜」の特集です。

c0104227_16193383.jpg


久しぶりに山猫画伯とお話をしたので、内容に関して少しご紹介しますね。

まず1月です。
至福の子ども時代でしょうか。
c0104227_17152193.jpg

「あのころはよかったなあ。ぼくは学校から帰る途中たびたびカムパネルラのうちに寄った。カムパネルラのうちにはアルコールランプで走る汽車があったんだ。レールを七つ組み合せると円くなってそれに電柱や信号標もついていて信号標のあかりは汽車が通るときだけ青くなるようになっていたんだ。いつかアルコールがなくなったとき石油をつかったら、缶がすっかり煤けたよ。」
ジョバンニがかつてカンパネルラと一緒に遊んだ思い出を母親に語るところですね。
山猫博士のおはなしではメルクリン社の特集した雑誌をたまたま入手してそれを参考に描いたとか。
メルクリン (Märklin、Gebr. Märklin & Cie. GmbH ) は、1859年創業のドイツの玩具・模型メーカー。カムパネルラの鉄道模型は、いかにもメルクリン社製のようですね。


2月です。
宇宙空間のケンタウルスの村、地球と同じ日だそうです。
c0104227_17272830.jpg

空気は澄みきって、まるで水のように通りや店の中を流れましたし、街燈はみなまっ青なもみや楢の枝で包まれ、電気会社の前の六本のプラタヌスの木などは、中に沢山の豆電燈がついて、ほんとうにそこらは人魚の都のように見えるのでした。子どもらは、みんな新らしい折のついた着物を着て、星めぐりの口笛を吹いたり、
「ケンタウルス、露をふらせ。」と叫んで走ったり、青いマグネシヤの花火を燃したりして、たのしそうに遊んでいるのでした。

~と、この描写は、まだジョバンニが銀河鉄道に乗り込む前の場面ですが、どこか宇宙空間につながるようなゆらゆらした雰囲気がありますね。
なるほど、ケンタウルス人?が暮らしているのですね。


3月です。
天気輪の丘で入眠するところですね。「ちょっと説明的かな」と、画伯のつぶやきです。
c0104227_17324247.jpg

ジョバンニは、頂の天気輪の柱の下に来て、どかどかするからだを、つめたい草に投げました。
 町の灯は、暗の中をまるで海の底のお宮のけしきのようにともり、子供らの歌う声や口笛、きれぎれの叫び声もかすかに聞えて来るのでした。風が遠くで鳴り、丘の草もしずかにそよぎ、ジョバンニの汗でぬれたシャツもつめたく冷されました。ジョバンニは町のはずれから遠く黒くひろがった野原を見わたしました。
 そこから汽車の音が聞えてきました。その小さな列車の窓は一列小さく赤く見え、その中にはたくさんの旅人が、苹果を剥いたり、わらったり、いろいろな風にしていると考えますと、ジョバンニは、もう何とも云えずかなしくなって、また眼をそらに挙げました。(略)
 気がついてみると、さっきから、ごとごとごとごと、ジョバンニの乗っている小さな列車が走りつづけていたのでした。ほんとうにジョバンニは、夜の軽便鉄道の、小さな黄いろの電燈のならんだ車室に、窓から外を見ながら座っていたのです。


どのシーンでも空間を走る小さな列車が描かれていますね。


4月です。
黒曜石で出来た地図は星座早見表です。
c0104227_17563830.jpg

カムパネルラは、円い板のようになった地図を、しきりにぐるぐるまわして見ていました。まったくその中に、白くあらわされた天の川の左の岸に沿って一条の鉄道線路が、南へ南へとたどって行くのでした。そしてその地図の立派なことは、夜のようにまっ黒な盤の上に、一一の停車場や三角標、泉水や森が、青や橙や緑や、うつくしい光でちりばめられてありました。ジョバンニはなんだかその地図をどこかで見たようにおもいました。
「この地図はどこで買ったの。黒曜石でできてるねえ。」
 ジョバンニが云いました。
「銀河ステーションで、もらったんだ。君もらわなかったの。」
「ああ、ぼく銀河ステーションを通ったろうか。いまぼくたちの居るとこ、ここだろう。」
 ジョバンニは、白鳥と書いてある停車場のしるしの、すぐ北を指しました。


star map というのが面白いですね(^_-)-☆ 



賢治作品を視覚化することは多くのアーティストがチャレンジしていることですが、原文に引けをとらないイメージ化は難しいですね。
文章の解説にとどまった絵では面白くないし、あまり独りよがりな展開でも読者はしらけてしまいますよね。

佐藤国男さん(山猫画伯)の「銀河鉄道の夜」は、青を基調とした素朴な版画です。
深刻ぶった雰囲気でないところが、私の気に入っているところです。
賢治の言葉や文章は、そのものが画像化することが難しいのですが、無難に処理した絵にとどまらず、
どの場面も原文と向き合って、独自の創造力で描くという姿勢が素敵ですよね。


つづきは明日です。
by nenemu8921 | 2014-12-08 20:48 | 賢治情報・スクランブル | Comments(4)

すすき

そっちを見ますと、青白く光る銀河の岸に、銀いろの空のすすきが、もうまるでいちめん、風にさらさらさらさら、
ゆられてうごいて、波を立てているのでした。

ごとごとごとごと、その小さなきれいな汽車は、そらのすすきの風にひるがえる中を、天の川の水や、三角点の青じろい微光の中を、どこまでもどこまでもと、走って行くのでした。

c0104227_5124583.jpg


向う岸も、青じろくぽうっと光ってけむり、時々、やっぱりすすきが風にひるがえるらしく、さっとその銀いろがけむって、息でもかけたように見え、また、たくさんのりんどうの花が、草をかくれたり出たりするのは、やさしい狐火のように思われました。
それもほんのちょっとの間、川と汽車との間は、すすきの列でさえぎられ、白鳥の島は、二度ばかり、うしろの方に見えましたが、じきもうずうっと遠く小さく、絵のようになってしまい、またすすきがざわざわ鳴って、とうとうすっかり見えなくなってしまいました。

c0104227_5145221.jpg


二人は、ぎざぎざの黒いくるみの実を持ちながら、またさっきの方へ近よって行きました。左手の渚には、波がやさしい稲妻のように燃えて寄せ、右手の崖には、いちめん銀や貝殻でこさえたようなすすきの穂がゆれたのです。

c0104227_5165926.jpg


「いまでも聞えるじゃありませんか。そら、耳をすまして聴いてごらんなさい。」
二人は眼を挙げ、耳をすましました。ごとごと鳴る汽車のひびきと、すすきの風との間から、ころんころんと水の湧くような音が聞えて来るのでした。童話「銀河鉄道の夜」


ススキ(イネ科ススキ属) Miscanthus sinensis 芒、薄。

「銀河鉄道の夜」は南欧あたりを舞台にしたという。銀河鉄道が巡るのは、宇宙空間であり、天上でもあるが、車窓からの景色は、河原で風になびくススキが繰り返し、描かれる。
ススキが風に揺らぐ風景は、日本の風景である。その光景は文学や絵画において、日本人の心象とシンクロするように、くりかえし描かれてきた。ススキを歌った歌曲のなんと多いことか。
しかし、宮沢賢治の描くススキの光景は情緒的な水墨画風なススキでもなく、情念の心象的アイテムとしてのススキでもない。
透明で硬質な叙情をたたえた無国籍の雰囲気がある。一体誰がススキの穂を貝殻に例えることができるだろう。

陽が沈む前の乗鞍高原の草原では、ひときわススキが美しかったです。白く火のように燃えておりました。
ピッカリフィルター? を持参しなかったことはいかにも悔やまれました。
by nenemu8921 | 2014-10-24 08:26 | 植物 | Comments(10)
ものがたりグループ☆ポランの会の今年の公演は「銀河鉄道の夜」です。

c0104227_2137439.jpg


c0104227_21375923.jpg


わくわくしますね(^_-)-☆

ポランの会の公式HPはこちらです。

HPからチケットの購入もできます。
また、YouTubeで、公演の雰囲気がご覧になれますよ。
by nenemu8921 | 2014-08-01 21:43 | 賢治情報・スクランブル | Comments(4)

活版所

4月に千葉県の大多喜町へ撮影に行った折、 古い印刷所に立ち寄りました。
お店の一角に、昔、活版印刷をしていた時のままの様子をしのばせる状況が残されていました。

ジョバンニがアルバイトをしていた活版所を思い出し、撮影させていただきました。

c0104227_206852.jpg


(略)ジョバンニはすぐ入口から三番目の高い卓子に座った人の所へ行っておじぎをしました。
その人はしばらく棚をさがしてから、
「これだけ拾って行けるかね。」と云いながら、一枚の紙切れを渡しました。

c0104227_2073715.jpg


ジョバンニはその人の卓子の足もとから一つの小さな平たい函をとりだして向うの電燈のたくさんついた、
たてかけてある壁の隅の所へしゃがみ込むと、小さなピンセットでまるで粟粒ぐらいの活字を次から次と
拾いはじめました。

c0104227_2083788.jpg


青い胸あてをした人がジョバンニのうしろを通りながら、
「よう、虫めがね君、お早う。」と云いますと、近くの四五人の人たちが声もたてずこっちも向かずに冷くわらいました。

c0104227_20132667.jpg


 ジョバンニは何べんも眼を拭いながら活字をだんだんひろいました。
 六時がうってしばらくたったころ、ジョバンニは拾った活字をいっぱいに入れた平たい箱を
もういちど手にもった紙きれと引き合せてから、さっきの卓子の人へ持って来ました。
その人は黙ってそれを受け取って微かにうなずきました。(略)
                 童話「銀河鉄道の夜」


c0104227_20102533.jpg




2011年の3月11日の大震災の折に、活字が崩れて処分しようかと思っているところだということでした。
by nenemu8921 | 2014-06-14 20:16 | 場所 | Comments(4)

アスパラガス

時計屋の店には明るくネオン燈がついて、一秒ごとに石でこさえたふくらふの赤い眼が、
くるっくるっとうごいたり、いろいろな宝石が海のやうな色をした厚い硝子の盤に載って、
星のやうにゆっくり循(めぐ)ったり、また向ふ側から、銅の人馬がゆっくりこっちへまはって
来たりするのでした。
そのまん中に円い黒い星座早見が青いアスパラガスの葉で飾ってありました。
                                             童話「銀河鉄道の夜」

c0104227_10313727.jpg
アスパラガス(ユリ科アスパラガス属)Asparagus spp.

アスパラガスの青い葉は、バラやカーネーションの花束に添えられるものでしたね。
最近ではかすみそうに代ってしまいましたが。

「えゝえゝ。さうです。おや、ごらんなさい。向ふの畑。ね。
光の酒に漬っては花椰菜でもアスパラガスでも実に立派なものではありませんか。」
                                        童話「チューリップの幻術」

c0104227_1234749.jpg

c0104227_12342728.jpg


「アスパラガスは江戸時代にオランダ船から鑑賞用として日本にもたらされたが、食用として導入されたのは明治時代。そして本格的な栽培が始まったのは大正時代からで、欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりであった。その後国内でも消費されるようになり、昭和40年代以降はグリーンアスパラガスが主流となった。」と、Wikipediaにあります。

画像はこの九月に花巻郊外で撮影したもの。
車を止めて道をたずねたときに、眼に留まって撮影させてもらった。
赤い実が美しいが、野菜の栽培としては、こんなに実がついては如何なるものかと気になってしまった。
私が「下ノ畑」で栽培したときは、花を咲かせてしまい、野菜としては全然収穫できなかった。

「野菜はあなたがおつくりになるのですか。」
「お日さまがおつくりになるのです」
「どんなものですか」
「さやう、みづ、ほうな、しどけ、うど、そのほか、しめじ、きんたけなどです。」
「今年はうどの出来がどうですか」
「なかなかいゝやうですが、少しかほりが不足ですな。」
「雨の関係でせうかな。」
「さうです。しかしどうしてもアスパラガスには叶ひませんな。」「へえ」
                                 童話「紫紺染について」

c0104227_1222493.jpg
山男がイメージするアスパラガスはグリーンアスパラではなかったのでしょうか。
しかし、缶詰のホワイトアスパラを山菜と一緒にされてはなあ。。。と不審に思っておりました。


(略)
林は西のつめたい風の朝
頭の上にも曲った松がにょきにょき立って
白い小麦のこのパンケーキのおいしさよ
競馬の馬がほうれん草を食ふやうに
アメリカ人がアスパラガスを喰ふやうに
すきとほった風といっしょにむさぼりたべる
こんなのをこそspeisenとし云ふべきだ
   ……雲はまばゆく奔騰し
     野原の遠くで雷が鳴る……
林のバルサムの匂を呑み
あたらしいあさひの蜜にすかして
わたくしはこの終りの白い大の字を食ふ
                       詩「朝餐」

前半を省略しましたが、前後を勘案すれば、
白い小麦のこのパンケーキとは、大という文字を鋳出して焼いたせんべいである。
競馬の馬がほうれん草を食ふやうに、アメリカ人がアスパラガスを喰ふやうに
わたくしは朝の林の中で、すきとほった風といっしょに、これをむさぼるというのである。
speisen(シュパイゼン)はドイツ語で食事をするの意味らしい。
何故アスパラガスを食するかといえば、ドイツ人にとって、白いアスパラ、は春の訪れを告げる食べ物、
日本人が旬のタケノコを賞味するように、行事のように食するという。
こちらにドイツでの生活体験者のtamayamさんの記事があります。こちらをどうぞ。
賢治はおそらくそんなアスパラガスにまつわるエピソードを仄聞していたのだろう。
アメリカ人ではなくて、ドイツ人とすべきだった。食事もドイツ語なのだし。
賢治がイメージしていたアスパラガスとは、グリーン・アスパラでもなく、缶詰のアスパラでもなく、
旬を告げる野菜としてのSpargel(シュパーゲル)ホワイトアスパラだったのではないかしら。
などと妄想しています。

c0104227_14321170.jpg

ドイツの市場に並ぶアスパラガス。
画像はお借りました。
by nenemu8921 | 2013-11-08 14:44 | 園芸植物 | Comments(6)
つりがねさうか野ぎくかの花が、そこらいちめんに、
          夢の中からでも薫りだしたといふやうに咲き、
                 鳥が一疋、丘の上を鳴き続けながら通って行きました。(略)
                                    童話「銀河鉄道の夜」


1、
c0104227_2243354.jpg
ノコンギク(キク科キク亜科シオン属):Aster microcephalus var. ovatus 野紺菊

野ぎくは、キク科のシオン属やヨメナ属のノコンギク、ヤマシロギク、ヨメナ、ユウガギクなどの総称である。
このノコンギクと限定できるものではないが、イメージで選んでみた。
ノコンギクは里山でも少し標高の高いところでも、今の季節、普通に見ることが出来る。
ここ、八方尾根では、ゴンドラを降りたうさぎ平でもたくさんあった。


2、
c0104227_22383570.jpg
ウド(ウコギ科タラノキ属)Aralia cordata 独活


3、
c0104227_2239542.jpg
ウメバチソウに止まった蜂さんは?
これは蜂ではなくて、ナミホシヒラタアブだそうです。
h6928さんにご教示いただきました。

4、
c0104227_22394933.jpg
タカトウダイ(トウダイグサ科トウダイクサ属) Euphorbia lasiocaula 高燈台


5、
c0104227_22404450.jpg
ヤマハハコ(キク科キク亜科ヤマハハコ属)Anaphalis margaritacea 山母子

6、
c0104227_223749100.jpg
キンミズヒキ(バラ科キンミズhキ属)Agrimonia pilosa 金水引


7、
c0104227_22433531.jpg
ミヤマコウゾリナ(キク科タンポポ亜科ヤナギタンポポ属) Hieracium japonicum 深山顔剃菜、深山髪剃菜


8、
c0104227_22441025.jpg
ミヤマコウゾリナの綿毛
「髪剃菜」は剛毛が生える茎を剃刀(カミソリ)に見立てたもの。 高山に生える「髪剃菜」の意味だが、髪剃菜(コウゾリナ)とは属が異なる。

山の花、里の花、みな、気持ちがよかったです。
いろいろ撮影しましたが、これで終わりにします。
by nenemu8921 | 2013-08-29 14:55 | 植物 | Comments(18)

何 ?

         するとどこかで、
           ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションと
                              云ふ声がしたと思ふと
                       いきなり眼の前が、ぱっと明るくなって
        まるで億万の蛍烏賊(ほたるいか)の火を一ぺんに化石させて、
                 そら中に沈めたといふ工合、
       またダイヤモンド会社で、
           ねだんがやすくならないために、
                わざと獲れないふりをして、
                     かくして置いた金剛石を
             誰かがいきなりひっくりかへして、
         ばら撒いたという風に、
              眼の前がさあっと明るくなって、
                  ジョバンニは、思はず何べんも眼を擦ってしまひました。(略)
                                                 童話「銀河鉄道の夜」

c0104227_22551233.jpg


c0104227_2255414.jpg


More 続きを読む
by nenemu8921 | 2013-01-24 00:30 | イメージ | Comments(26)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921