キキョウ

(ああ、もう明るくなって来た。空が明るくなって来た。きれいだなあ。おい。)
 深い鋼青から柔らかな桔梗、それからうるはしい天の瑠璃、それからけむりに眼を瞑るとな、やはりはがねの空が眼の前一面にこめてその中にるりいろのくの字が沢山沢山光ってうごいてゐるよ。くの字が光ってうご……。  
                                         初期短編綴等「柳沢」


c0104227_1726329.jpg

キキョウ(キキョウ科Platycodon属)桔梗
多年性草本植物。山野の日当たりの良い所に育つ。日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。秋の七草のひとつとして親しまれている。万葉集のなかで秋の七草と歌われているアサガオは本種であると言われている。

「柔らかな桔梗」はあけがたの空の形容。鋼青(こうじょう)は賢治の造語だが、空の形容に頻出する。新しく灼いたばかりの青い鋼の板のやうな質感を鋼青と表現することが多い。
ここでは、その鋼青の空が柔らかな桔梗色に変化し、やがて瑠璃色の晴れた空が広がることをイメージしている。
by nenemu8921 | 2007-07-02 17:48 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921