さくら、さくら…。 (三陽MFM)

河津さくらは満開でしたが、派手すぎるなあと思って、可憐さを強調して撮りました。
メジロ君は登場しませんでした。(>_<)
c0104227_22471179.jpg


こちらは背後の雑木林の木漏れ日の透過光を意識して撮影。
c0104227_22453258.jpg

オカメザクラだそうです。そのままでかわいい。
c0104227_22465194.jpg

これは小彼岸桜とありましたが、柵の合間からの撮影でした。
咲き始めで、一輪、二輪の花。
地味なので玉ボケで華やかさを出しました。
c0104227_22470075.jpg


うらのガーデンの奥に咲いていた若い樹木。
桜ですよと園内を整備していたお嬢さんが教えてくれたけれど、遠かった…。
望遠で枝先の風情を切り取りました。
c0104227_22455340.jpg



これはお気に入りのベニバスモモ(紅葉スモモ)。
咲き始めで、いい感じでした。
c0104227_22461537.jpg



園内はウサギちゃんをコンセプトにしてディスプレイされていました。
少女たちは大喜び。
c0104227_23205991.jpg
声をかけて撮らせていただきました。
元気なウサギっこです。
ありがとう。

郷里へ出かけています。
これは予約投稿です。

# by nenemu8921 | 2019-03-19 10:00 | 植物 | Comments(2)

おもてなし クリスマスローズ

久しぶりに三陽メディア・フラワー・ミュージアム(旧花の美術館)へ行ってみました。
あたたかい日曜日、河津さくらをはじめ、ミモザもスモモも「目が覚めましたよ!」と
歌っているような光景でした。
家族連れも多くて、花もスナップもたくさん撮らせていただきました。
楽しい一日でしたが、とりあえず、第一弾はクリスマスローズから~。
c0104227_21111150.jpg


c0104227_21120277.jpg



c0104227_21192277.jpg


c0104227_21221005.jpg


c0104227_21223092.jpg


c0104227_21220107.jpg


c0104227_21214583.jpg


これもクリスマスローズかしら。
上向きに咲く品種とか、矮性の品種とか…、いろいろあって楽しませてくれます。
最新の園芸品種が多くて、名前が覚えられません。
c0104227_21224151.jpg
クリスマスローズというのは英名ですね。
キンポウゲ科のヨーローッパ原産の多年草。
日本で普及しているのは春咲の品種改良の園芸種だとか。

ガーデンには菜の花も満開
2輪車デビューと言ったかわいいスナップを撮らせていただきました。
c0104227_21462082.jpg


# by nenemu8921 | 2019-03-17 21:50 | 園芸植物 | Comments(3)

コブシ咲く

もうそろそろかな…と期待して立ち寄ってみましたが。
まだ、ちょっと早かったようです。
c0104227_20174814.jpg

こぶしの咲き
きれぎれに雲のとぶ
この巨きななまこ山のはてに
紅い一つの擦り傷がある
それがわたくしも花壇をつくってゐる
花巻温泉の遊園地なのだ
      詩〔こぶしの咲き〕

c0104227_20175476.jpg

c0104227_20175865.jpg


整備された都市公園もよいですが、自然のままの環境の中で咲く辛夷に惹かれます。
c0104227_20202993.jpg
数日あたたかい日が続いていますが、まだ風は冷たい。
ほんとうの春はあと一歩というところでしょうか。
長田谷津と呼ばれる細長い谷間に昔のままの環境を保っているところです。

ニワトコの花芽もスタンバイといった風情です。
c0104227_20531781.jpg





# by nenemu8921 | 2019-03-15 21:31 | 植物 | Comments(6)

ズグロカモメ


出会いましたとも(^^♪ 
不吉な美しい花粉光環に出会った日は、ズグロカモメがお目当てで干潟に立ち寄ったのでした。
c0104227_16554949.jpg


でもね、遠かったです。600mmで撮影してトリミングしてこんな程度です。
c0104227_16555266.jpg


干潟のミヤコドリの小群に少し離れて佇んでいました。
c0104227_16560414.jpg


潮が満ちてくると、やがて彼らはいつもの突堤めがけて飛んでいきました。
c0104227_16585834.jpg

c0104227_16574343.jpg




でもね、海岸をちょこちょこと散歩していたコサギが、
暮れかかった干潟の上で羽を広げてくれました。
ここからはクリックして、大きな画面でご覧くださいね。
c0104227_18230152.jpg

c0104227_18230857.jpg

c0104227_18225471.jpg



「薄暮をまとう」などのタイトルをつけたいショットです。
夕日は最高のスポットライトです。
c0104227_18224613.jpg




c0104227_18232105.jpg
干潟は最近デートスポットになっているようです。
夕方になって訪れるのは若者たち。そして孤独なカメラマン。
富士山が遠くに見えるのがわかりますでしょうか。
この後、不吉な美しい太陽を撮影したのであります。(^.^)/~~~


# by nenemu8921 | 2019-03-14 00:33 | 鳥・動物 | Comments(2)

花粉光環

ブロ友さんの記事を拝見して花粉光環という現象を知りました。
昨日、立ち寄った三番瀬でそんな夕日にたまたま出会いました。
認識せずに撮影していたというわけです。
クリックして大きな画面で見てやってくださいね。
c0104227_12160768.jpg


「花粉光環とは、大気中に飛散した大量のスギ花粉によって生じる光環。
光の回析現象の一種で、虹のような輪が二重、三重に広がって見える。」そうです。
折しも、東北大震災の日から8年目の日、
自然災害、自然現象のかつてない体験を考えさせられる日でもありました。
美しい太陽だけれども、なんだかコワイ……。
c0104227_12560658.jpg
宮沢賢治風に言えば「禍津日(まがつび)」に当たるかもしれませんねえ

# by nenemu8921 | 2019-03-12 14:29 | 気象 | Comments(14)

ウメジロー

佐倉城址公園で梅の枝に来たメジロを撮りました。
RX10 のスポーツモードで。
シャッターを押しているときは撮った!という実感はなかったのですが
写っていました。
コンデジって面白い!!

c0104227_21020900.jpg

c0104227_21001360.jpg

c0104227_20594918.jpg

c0104227_20583911.jpg



c0104227_20581623.jpg

c0104227_21010889.jpg

c0104227_21013295.jpg

c0104227_20591835.jpg




# by nenemu8921 | 2019-03-11 22:10 | 鳥・動物 | Comments(8)

くらしの植物苑

(略)
ほんとうに けれども妹よ
けふはぼくもあんまりひどいから
やなぎの花もとらない
       詩「恋と病熱」
c0104227_23331574.jpg

イヌゴリヤナギの開花に間に合った。
佐倉市の歴史民俗博物館に付属している「くらしの植物苑」である。
c0104227_23333943.jpg


c0104227_23332468.jpg

こちらはシナマンサク。
c0104227_23335052.jpg

開花の時期に枯葉がしっかりと枝に残っているのが特徴だ。
c0104227_23340569.jpg


河津さくら。隣接している佐倉城址公園では、二分咲き、三分咲きと言ったところ。
ソメイヨシノに先駆けて咲くこの桜は可憐で華やか。
c0104227_23350376.jpg

メジロ狙いのカメラマンが大勢来ていました。
c0104227_23352428.jpg

# by nenemu8921 | 2019-03-10 15:36 | 植物 | Comments(4)

セツブンソウ

セツブンソウ(節分草)というけれど、関東周辺では2月末頃咲き始めます。
小鹿野の自生地で満開だというので、出かけてみました。
小さな小さな花です。

c0104227_20345898.jpg


白い花弁に見えるのは
です。ふつう5個あります。
花弁は5-10個で、先端は2裂し、黄色から橙黄色の蜜腺になります。
雄蕊は多数あり葯は淡紫色、雌蕊は2-5個。わかりますか? 


c0104227_20395039.jpg


セツブンソウ(キンポゲ科セツブンソウ属)節分草 Eranthis pinnatifida
c0104227_20435774.jpg



c0104227_20350854.jpg

本州(関東以西)の特産で、石灰岩地を好む傾向があり、まばらな温帯夏緑林の林内や山すその半影地などに生育するそうです。
こんな環境です。
c0104227_20353995.jpg

自生地で群生、満開ですと言っても、
ヒガンバナのように派手な色ではなく、ネモフィラや芝桜のように集団パワーもなく、
実に地味な光景です。でも、かわいい。
c0104227_20364271.jpg

日ざしのある所ではまばらな春の雪のようでもありました。
c0104227_20483282.jpg


おまけです。
マンサクのワイルドな樹がありましたが、誰も上を見上げないので気づかれないようでした。
c0104227_20541427.jpg
訪れたのはウィークディでしたが、カメラマンはかなり多かったです。
広角や望遠、マクロとレンズを変えて撮りましたが、実物の魅力を伝えるのは難しい。(>_<)

# by nenemu8921 | 2019-03-09 19:51 | 植物 | Comments(10)

すがるは春の機械?

春を感じる野草も目に留まりますね。
そして青空を喜んで飛び回る蜂たちも嬉しいな。
ミツバチ君に密着して撮影しました。
ホトケノザは、紅いつぼみがかわいいなあ。
c0104227_01115626.jpg
花粉団子も紅いのね。
c0104227_01120194.jpg

オオイヌノフグリでしょうか。
c0104227_01120834.jpg

タンポポはまだまだこれからが本番です。
c0104227_01133678.jpg

そして、紅梅。
c0104227_01122635.jpg

蜂が一ぴき飛んで行く
琥珀細工の春の機械
蒼い眼をしたすがるです
         詩「鈴谷平原」

c0104227_01132167.jpg
宮沢賢治にかかると蜂はすがるであり、
春の機械になります。
飛び回る羽音が機械音を連想させたかな。

3月8日はミツ蜂(三・八)の日だそうですよ(^_-)-☆



# by nenemu8921 | 2019-03-07 19:18 | 昆虫・クモなど | Comments(6)

メジロ

河津さくらの満開に咲く境内で、メジロ君を撮影しました。
ピンクの群がりの中、潜るように枝から枝へ飛び移る小鳥を捕らえるのはたいへんでした。
c0104227_10324866.jpg



c0104227_09571204.jpg


c0104227_10322973.jpg


c0104227_09574002.jpg


c0104227_09572499.jpg

花はゴージャスに咲いていましたが、メジロ君たちは小集団で訪れ、控えめな朝食を楽しんでいました。





# by nenemu8921 | 2019-03-06 10:52 | 鳥・動物 | Comments(13)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る