人気ブログランキング |

白鳥

「聞けよ」
また、
月はかたりぬ
やさしくも
アンデルゼンの月はかたりぬ。
                歌稿B(690)   
     
c0104227_1517265.jpg


みなそこの
黒き藻はみな月光に
あやしき腕を
さしのぶるなり。

                歌稿B(692)

c0104227_15305698.jpg


ましろなる羽も融け行き
白鳥は
むれをはなれて
海にくだりぬ
                歌稿B(694)

c0104227_15353219.jpg


       「アンデルゼンの物語を勉強しながら次の歌をうたひました。」
                 という文面と共に、
            友人保阪嘉内へ送った書簡にも添えられた短歌。
            アンデルセンの「絵のない絵本」の第二十八夜を
                 短歌でリライトした試み。






わだつみと
月のねたみは
青白きほのほとなりて白鳥を燃す
歌稿B(695)

c0104227_1633735.jpg

c0104227_16322675.jpg
なぜ海と月がねたむのか……。白鳥の美しさにか?

青白き
ほのほは海に燃えたれど
かうかうとして
鳥はねむれり
           歌稿B(695a696)

c0104227_1633284.jpg

アンデルセンの原文では次のようである。
頭を翼の間につつこんで、おだやかな内海に浮ぶ白い蓮の花のように静かに横たわりました。
やがて風が吹いてきて、きらきら輝く水の面に波をたたせました。
すると、水の面はまるでエーテルのように閃めいて、大きな廣い波となつてうねるのでした。
                         アンデルセン『絵のない絵本』矢崎源九郎訳

ああ、宮沢賢治はアンデルセンの影響を受けているなあと実感しますね。
鴎が白い蓮華の花のやうに波に浮かんでいるのも見たし~たしか、『風野又三郎』でしたか、そんなセンテンスがありました。エーテルも賢治の好んだ語句ですし…。

郷里へ出かけた折、関越自動車道を途中でおりて、越辺川(おっぺんがわと読むそうです)の
白鳥の飛来地でいい時間を過ごした。
海でも、明方でもなかったが、思わず、賢治の短歌「アンデルゼンの白鳥の歌」を想起したというわけです。
Commented by tamayam2 at 2010-01-03 19:44
賢治のすこしエキゾティックな歌とお写真、たのしく
拝見しました。1枚目の写真、月と野鳥がすてきです。
nenemu8921 さんの世界に遊んでみたいです。
今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by matsu_chan3 at 2010-01-03 20:04
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお付き合いをお願いします。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-03 20:43
tamayamさん。おめでとうございます。
どうぞ、今年もよろしく。
宮沢賢治はドイツ語でアンデルセンを読んだようです。
それで、アンデルゼンとドイツ語風の発音です。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-03 20:44
matsu_chanさん。
おめでとうございます。
今年も楽しみにしています。北国の鳥さんたち!!
どうぞ、よろしく。
Commented by マルメロ at 2010-01-04 02:08 x
nenemuさん郷里の白鳥に賢治の世界を見つけられてさすがです。
白鳥の光の中にいる姿と水面の光の反射これらからエーテルのようにきらめいてと想起されてお撮りになったわけですね。このような光景に即賢治の言葉をかさねていく・・はやくこんな心境になってみたいものです。
30日昼ごろから正月3日にかわったばかりのころまで連れ合いと広島・倉織・神戸と疾走の旅をしてまいりました。
元旦の倉敷市の美観地区の倉敷川に同じような白鳥のつがいが羽づくろいにいそしんでいました。白鳥はどのようなしぐさをしてもさまになる鳥ですね。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-04 08:39
マルメロさん、今年もよろしくお願いいたします。
わあ、ドライブでの新年でしたか?!!
広島、倉敷、神戸とはすごいですね。東京から東北へ行くくらい時間がかかるでしょう。
倉敷にも白鳥がいましたか。格別でしたね。(^^♪
今年は少しゆっくり出来るとよいですね(#^.^#)
Commented at 2010-01-04 18:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-04 21:48
鍵コメさん。ありがとうございます。
明日、ご連絡させていただきます。
Commented by mayumis39 at 2010-01-04 23:55
明けましておめでとうございます。
今年もこちらでいろいろ勉強させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
Commented by moraisan at 2010-01-05 07:44
明けましておめでとうございます。
賢治さんへの深い思い、またその解釈には感銘を受けます。
賢治さんの見たであろう風景を確かめたくて、イーハトブを彷徨った若い頃を思い出しながら、
いつも楽しみに拝見させていただいてます。

わだつみと‥ の歌を読む時、牧水の 白鳥は哀しからずや‥の歌をいつも思い起こします。

今年もよろろしくお願いいたします。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-05 15:38
mayumisさん。おめでとうございます。
今年も、忘れていたもの、気づかなったもの、世界の切り取りを楽しみにしています。
どうぞ、よろしく。
Commented by nenemu8921 at 2010-01-05 15:56
moraisanさん。今年もよろしくお願いします。

やはり、かなり歩いたのですね。イーハトーブを。moraisanさんも。

白鳥は牧水の方が似合うかもしれませんね。

賢治への想いは、皆さん、百様なので、皆さんのイメージを壊さなければいいのですが。

どうぞ、よろしく。



by nenemu8921 | 2010-01-03 15:21 | 鳥・動物 | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る