河津桜

花咲けるさくらの枝の雨ぞらにゆらぐはもとしまれにあらねど 
                                 歌稿A472
c0104227_23323144.jpg


さくらばな日詰の駅の桜花風に鳴りつゝこゝろみだれぬ
                                 歌稿A473

c0104227_2333272.jpg


さくらばなあやしからずやたゞにその枝ゆらぎこゝろかくもみだるは
                                 歌稿A474
c0104227_23332761.jpg


雨風に打たれ、ゆれる桜花を、恋する心にだぶらせた若き日の短歌。
日詰の駅には降り立ったことがないけれど、桜の木は今でもあるかしら。
賢治の桜はおそらくソメイヨシノかヤマザクラだろうとおもわれるが、
千葉市郊外で撮影した河津桜がひどく可憐だったので、
若き日の恋する心を重ねてみた。
Commented by オキザリス at 2010-03-14 09:49 x
わあ。きれいですね。(#^.^#)
短歌も、宮沢賢治の短歌といわれないと分からないくらい、人並みに恋する心が素直に歌われていますね。
賢治にも青春ありきだったのでしょうか。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-14 21:11
オキザリスさん。
こういう短歌ってなにか、ほほえましいような、安心するような気がしますね。

青春って、宮沢賢治のイメージと遠い気がしますが、たしかに青春ですね(#^.^#)
Commented by ILmoon at 2010-03-15 11:36 x
桜花。その時、その時に見る人の感情移入がされる花。楽しい事も、悲しい事も、桜花は受け止めてくれるのですね。 
Commented by saitamanikki2008 at 2010-03-15 12:11
1枚目は、アッと声を出してしまいそうな写真と短歌ですね !!
素晴らしい写真に惚れ惚れしました。

桜花のメッセージは、凄いものがありますね。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-15 19:24
ILmoonさん。
本当にそうでうね。
ときめくことも、狂おしいことも
桜花は、代弁して体現しているような印象がありますね。(#^.^#)
Commented by nenemu8921 at 2010-03-15 19:29
saitamanikkiさん。
桜の凄みが感じられるとすれば、短歌故でしょう。
この桜は若い樹で、可憐な印象でした(^^♪
「桜の森の満開の下」みたいな凄みのある桜に行き会って、
その印象を撮れたら嬉しいのですが……。ええ、むずかしそう…(^^♪
Commented by ミチ at 2010-03-16 14:29 x
一枚目の桜は青みがかって、垂れているので風情がありますね。素敵です。でも桜は明るい青空に映えますね。
家の山桜も蕾がふくらんできましたので楽しみです。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-16 18:15
ミチさん。
青空の下の桜は、誰にとってもなつかしい景色ですね(#^.^#)
ヤマザクラですか?いいですね。
このあたりでもソメイヨシノより開花は遅いのではありませんか?
Commented by brue-nile at 2010-03-16 19:15
雨にも負けず、
長く楽しませてくれた
東京の河津桜ですが、
若葉の陰に、
すっかり埋没してしまいました。

今日は陽光が開花、
その前には、
修善寺寒桜、椿寒桜、寒緋桜など、
春の目覚めは本格的な様です。

今年は染井吉野桜の開花も早そう、
賑やかな春の営みに夢は膨らみます。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-17 08:46
brue_nileさん。
桜はたくさん種類があって、その数だけ、イメージが広がり、
異なった物語があるような気がしますね。
これから本格的な春ですね。
元気で過ごしたいですね。(^^♪
by nenemu8921 | 2010-03-14 09:28 | イメージ | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る