人気ブログランキング |

セイタカシギ

シギチドリの多くは渡り鳥で、すが、一年中、日本列島で見られて、繁殖し、越冬する鳥もいます。
セイタカシギです。もともとは渡りの鳥だったと思われますが、最近では東京湾周辺で、
越冬し、繁殖する個体が増えています。(渡りのセイタカシギも健在ですね)

堂々とした立派な♂ですね。
c0104227_15343710.jpg
セイタカシギ(チドリ目セイタカシギ科) Himantopus himantopus 背高鷸

おや。うちの奥さんどこへ行ったかな
c0104227_15345517.jpg


今年も谷津干潟で繁殖できるかな。
今年は蛇やカラスに負けないでヒナを育てることができるかな。

かわいいけれど、成鳥です。♀です(羽色が淡いでしょう)
c0104227_15353175.jpg


あらら、別のお父さんがいたのね。
c0104227_15364560.jpg


そろそろ育児計画をかんがえなきゃあ。
c0104227_15374410.jpg


でも、アタシ、もう少し、自由でいたいのよ!
c0104227_15355550.jpg


谷津干潟の淡水池の光景です。この日、カップリングならず。




おまけです。

干潟にはダイサギ、コサギもたくさんいました。
この時期、目の周囲が婚姻色に変わっていて美しい。
c0104227_16121827.jpg

Commented by あだっちゃん at 2014-04-29 18:03 x
先日はセイタカシギは見ないで帰って来てしまいました。
渡りをしている個体も田んぼで見ますね。
Commented by h6928 at 2014-04-29 19:02
谷津干潟、いいですね~。
セイタカシギが留まって繁殖までしているんですか。
鳥の世界も様変わりしてきましたね。
我が家の近所でも、キンクロハジロの夫婦が残っていて、
いつ帰るのだろうjか?と心配です。
こっちで繁殖できるのかなぁ?
Commented at 2014-04-29 23:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2014-04-30 09:17
あだっちゃん。
そうですね。わたりのセイタカシギもいますね。
留鳥が増えたことで、ありがたみ?!が減少した感もありますね(^_-)-☆
ご指摘をいただき、少し文章を訂正しました。ありがとう。
Commented by nenemu8921 at 2014-04-30 09:25
h6928さん。
谷津干潟、面白いですよ(^_-)
カモは谷津でもまだまだかなりの数が見られます。
コガモが多いようですが、繁殖はせず、5月には渡っていきます。
Commented by nenemu8921 at 2014-04-30 09:27
鍵コメさん。ありがとうございます。
手賀沼、OKですよ。(^_-)
のちほど、そちらにコメ入れます。よろしく。
Commented by ど★れどれ at 2014-04-30 10:10 x
こんにちは
セイタカシギ 普通に見れてうらやましぃです~~
内陸の山形人にとっては 超珍しい鳥です。
谷津干潟は何度かお邪魔しましたが 一番最近行った時は抱卵中でした。
機会があったら また行きたいな・・
Commented by nenemu8921 at 2014-04-30 13:41
ど★どれさん。
こちらは高い山がないので、森の小鳥に出会うには遠出をしなくてはなりません。
オオルリ、行き会いたいなあ。
数日前、2日だけ、この淡水池の傍のハンノキに来ていたということです。
渡り途中で立ち寄るだけです。
Commented by matsu_chan3 at 2014-05-01 15:00
いいなぁ~ セイタカシギは大好きなシギです。
まるで美人のスーパーモデルみたいですからね(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2014-05-01 17:45
matsu_chanさん。
セイタカシギももうじきそちらへ旅立つカップルもありましょう。
お待ちください。(^_-)
谷津のセイタカさんは1年中この周辺で暮らしているようです。
by nenemu8921 | 2014-04-29 16:32 | 鳥・動物 | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る