人気ブログランキング |

丹生湖で出会ったもの

丹生湖(ニュウコと読みます)にご案内いただきました。
湖と言っても湖面はほとんど草地になっていますが、
残った湖からはワカサギが釣れるとか。
周囲4キロほどを虫探ししながらゆっくり歩きました。
すると、珍しい虫に出会いました。
クロハネシロヒゲナガ(チョウ目ヒゲナガ科) Nemophora albiantennella
その名の通り長い白髭が特色です。叢をふわり、ふわりと飛んでいます。
クリックして大きな画面でご覧くださいね。
c0104227_22054142.jpg

c0104227_22052840.jpg

クサノオウの花に止まってくれましたよ。
c0104227_22070522.jpg

クレソンの花にやってきたのはスジグロシロチョウでした。
c0104227_21105355.jpg

c0104227_21110094.jpg

シリアゲですね。
c0104227_21104756.jpg

カワトンボの仲間のようです。
c0104227_21114628.jpg


ブローチにしたいような美しい虫。
c0104227_21214469.jpg


白い蛾(蝶?)を食べてしまったクモ君の名前は?
c0104227_21320210.jpg

ケーン、ケーンという雉の声が響いていました。
姿を見たのはかなりの距離があったところでした。
c0104227_22071782.jpg

 ……ひかって華奢にひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら白い雲
すっかりアカシアづくりになった
(略)
          詩「半蔭地選定」

白い雲をアカシアの花の群がりに形容している
c0104227_22184952.jpg
賢治のアカシアはハリエンジュのこと。
ニセアカシアともいう。
以前、賢治のアカシアについては解説したので、繰り返しません。

c0104227_22190094.jpg

ホタルカズラ
貝の火が今日ぐらい美しいことはまだありませんでした。それはまるで赤や緑や青や様々の火がはげしく戦争をして、地雷火をかけたり、のろしを上げたり、またいなずまがひらめいたり、光の血が流れたり、そうかと思うと水色の焔が玉の全体をパッと占領して、今度はひなげしの花や、黄色のチューリップ、薔薇やほたるかずらなどが、一面風にゆらいだりしているように見えるのです。 童話「貝の火」
ここでも、ホタルカズラの花は、「貝の火」の輝く形容として登場する。
丹生湖ではひっそりと咲いていました。
c0104227_22231322.jpg

クサボケ
この花は賢治作品に登場しません。
c0104227_22225130.jpg
たくさんの植物や昆虫に出会ったので、とてもよい観察会でした。
友よ、ありがとうございました。

予約投稿です。数日出かけます。



Commented by h6928 at 2019-05-18 22:30
観察会って、西上州の方であったのですか?
それはそれは・・・お疲れだったでしょう。
でも、丹生湖でこれだけいろいろ出逢えれば
行った甲斐はありますよね。
そしてまたどちらかへの遠征ですか。
精力的に活動なさって、凄いですね。
また新しい収穫も楽しみにしています。
Commented by nenemu8921 at 2019-05-21 11:12
h6928さん。
実は単身の兄が体調を崩して入退院を繰り返しているので、群馬とこちらと言ったり来たりの生活です。
合間に友人の好意で撮影しています。
この日の観察会は個人的な観察会ですよ(^_-)-☆
貫前神社にも立ち寄りましたよ。
以前h6928 さんのブログでご紹介をいただいていたので、
親近感が持てました。
Commented by ha128256ak at 2019-05-21 13:04
珍しい虫がいるんですね。
私は虫は、どちらかと言うと嫌いな方で、トンボと蝶以外は滅多に撮影しません。
Commented by nenemu8921 at 2019-05-21 19:50
あだっちゃん。
苦手のものをアップにしてごめんなさいね。
亡夫も「ダーウィンが来た」で、昆虫の時、「わア、気持ち悪ーい」とか、言っていました。
Commented by yosuke1963 at 2019-06-08 19:24
どの写真もグッと来ますね。思わず見入ってしまいました。
by nenemu8921 | 2019-05-18 20:00 | 昆虫・クモなど | Comments(5)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る