【73】 アナグマ←洞熊

赤い手の長い蜘蛛と、銀いろのなめくじと、顔を洗ったことのない狸が、いっしょに洞熊学校にはひりました。洞熊先生の教へることは三つでした。
 一年生のときは、うさぎと亀のかけくらのことで、も一つは大きなものがいちばん立派だといふことでした。
それから三人はみんな一番にならうと一生けん命競争しました。
一年生のときは、なめくじと狸がしじゅう遅刻して罰を食ったために蜘蛛が一番になった。
なめくじと狸とは泣いて口惜しがった。
二年生のときは、洞熊先生が点数の勘定を間違ったために、なめくじが一番になり蜘蛛と狸とは歯ぎしりしてくやしがった。
三年生の試験のときは、あんまりあたりが明るいために洞熊先生が涙をこぼして眼をつぶってばかりゐたものですから、狸は本を見て書きました。そして狸が一番になりました。
                                   童話「洞熊学校を卒業した三人」


c0104227_9264318.jpg
画像提供はfieldnoteさん

ニホンアナグマ(イタチ科)←洞熊(ホラクマ)
イタチ科のアナグマはクマ(クマ科)の仲間ではない。その亜種であるニホンアナグマは、本州・四国・九州に広く分布している。生息密度は低いと考えられ、地域によっては絶滅の恐れもある。
名前から想像されるように、地下に巣穴を掘って家族単位の穴居生活をしている。そのため、穴を掘るためのきわめて長い爪を持っている。アナグマの足は丈夫である。一見クマのそれによく似ている。徹底した夜行性で野生のアナグマは、月夜には出歩くことがないという説もある。
タヌキと似ているため、混同されることも多かったようで、地方によっては、ムジナ、マミ、ササグマなどとも呼ばれていた。

c0104227_928589.jpg

宮沢賢治の最初期の童話「蜘蛛となめくぢと狸」はブラックユーモアと素朴な風刺に満ちている。
この作品に手をいれ、寓話としたものが「洞熊学校を卒業した三人」である。
しかし、洞熊とは何だろうと思っていた。
最近、アナグマの生態を知る機会があり、なるほどと納得した。洞熊先生が明るいのが苦手なのは生態に基づくもっともな事情だったのである。
洞熊(ホラクマ)の洞は、洞、穴であり、ほら吹きのホラでもある。
そして狸伝説、ムジナ伝承のキャラクターも引きずってもいるということであろう。
賢治は改稿の折、いったんは山猫先生の案も試みた痕跡があるが、はるかにこの洞熊先生のネーミングのほうがすばらしい。
by nenemu8921 | 2007-02-17 10:40 | 鳥・動物 | Comments(0)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る