人気ブログランキング |

2008年 09月 25日 ( 1 )

ツェラ高原→天の野原

そのとき私は大へんひどく疲れてゐて、たしか風と草穂との底に倒れてゐたのだとおもひます。
その秋風の昏倒の中で、私は私の錫いろの影法師にずゐぶん馬鹿ていねいな別れの挨拶をやってゐました。
そしてたゞひとり暗いこけももの敷物(カーペット)を踏んでツェラ高原をあるいて行きました。
(略)
私は魚のやうにあへぎながら何べんもあたりを見まはしました。
たゞ一かけの鳥も居ず、どこにもやさしい獣のかすかなけはひさへなかったのです。
                                        童話「インドラの網」

c0104227_9323186.jpg
                            (クリックすると画像は大きくなります)

(略)
(風だよ、草の穂だよ。ごうごうごうごう。)
こんな語(ことば)が私の頭の中で鳴りました。
                                        童話「インドラの網」

c0104227_1083540.jpg


賢治祭や宮沢賢治学会の総会などがあり、またイーハトーブへ行ってきました。
大勢の友人や先生方にお会いし、少し興奮し、少し疲れました。
最後の一日、レンタカーで、ひとりで岩手山麓をドライイブしてきました。
そのとき見つけた光景です。広大な高原でした。草紅葉でしょうか。
コケモモに似たアカモノも赤い実をつけていました。
人にも、幸い熊にも出会いませんでした。
天の野原のイメージが頭をよぎりました。
by nenemu8921 | 2008-09-25 09:59 | イメージ | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る