人気ブログランキング |

2019年 04月 22日 ( 1 )

アートに咲く

三陽MFM(旧花の美術館)には、園芸種の花々が競い合うように咲いていました。
名前のわからない花も多かったのです。(知らないのは私だけかな…)
面白いなと思ったものを中心にご紹介します。

ポリガラ・ミルティホリア(ヒメハギ科)
蝶のような花をたくさんつけます。
c0104227_23042147.jpg

c0104227_23042910.jpg


エキウム・プルガレ(ムラサキ科)
c0104227_22541509.jpg

エナメル質の花びらです。
c0104227_23045243.jpg

アリさん、脚を滑らせないでね(^_-)-☆
c0104227_23045920.jpg

これは?
イロマツヨイグサ(ゴデチア)の新種かな
c0104227_23041364.jpg


これは新種のチューリップの正面顔です。
宮沢賢治の時代、チューリップは東北ではめずらしい花でした。
うっこんこう(欝金香」と文字をあててもいました。
c0104227_23030449.jpg

これは初めて出会いました。
フォッサデラ・マヨールという名札がついていました。
(マンサク科)ですって。
c0104227_23044358.jpg


やはり樹木です。今ごろ咲くのですから「まんず、咲くーマンサク」なんて、言えないですね。
c0104227_23043660.jpg
                       
花そのものがアートティックでした。(@_@)
園芸種の進化には目を見張りますが、名前を覚えようという気になれません(>_<)


by nenemu8921 | 2019-04-22 20:54 | 園芸植物 | Comments(7)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る