カテゴリ:植物( 951 )

ノイバラ
賢治の秋の木の実といえば、なんといっても、ノバラの実です。
今年はあちこちで見事なノバラの実を見ることが多かった。
「よく利く薬とえらい薬」「十力の金剛石」など、ノバラの実はたびたび美しいイメージで登場するが、ノバラが茂った土地の開墾は実際にはかなり面倒である。

野ばらの藪を、
やうやくとってしまったときは
日がかうかうと照ってゐて
そらはがらんと暗かった
おれも太市も忠作も
そのまゝ笹に陥ち込んで、
ぐうぐうぐうぐうねむりたかった
川が一秒九噸の針をながしてゐて
鷺がたくさん東へ飛んだ
         詩「開墾」
c0104227_20232443.jpg

「開墾」は、『春と修羅・第三集』に収められている作品。一九二七、三、二七 の日付がある。
現代だったら、ブルドーザーであっという間に対処できようが、当時はいかにたいへんだったか。「川が一秒九噸の針をながしてゐて」とは、川面のながれのきらめきを、賢治風に表現したもの。
c0104227_20242478.jpg


ピラカンサス
ノイバラに似ているが、西アジア原産のバラ科の植物。小さな白い花を枝一杯に咲かせ、実もびっしりつく。野鳥のご馳走。小鳥が食べて、その排泄によって広がり、野原でも思いがけないところで自生している株に出会う。賢治作品には登場しない。
c0104227_14363019.jpg

これはヘクソカズラの実。これも小鳥たちが啄むが、あまりおいしくはないのか、かなり晩秋まで残っている。年が明けるころにはみななくなってしまう。
c0104227_16322680.jpg

これはムラサキシキブ。実付きが良いのでたぶん園芸種でしょうね。
c0104227_16313902.jpg



ゴンズイの実。秋には目立つけれど、はて、どんな花だったか…。
c0104227_19280440.jpg

ヤマモモ。
賢治作品では、詩「高架線」で、楊梅という表記で登場する。
関東大震災後の復興する東京の景観の描写である。
その頃から街路樹だったのだろうか。
c0104227_13334232.jpg


こちらはヤマボウシの実ですね。失礼しました。
この頃、ミスが多くて、落ち込みますね(>_<)
konekoさんからご指摘をいただきました。いつもありがとう。
c0104227_14371253.jpg



そしてこれはモミジバフウの実。秋の紅葉のトップランナーである。
水元公園の駐車場はこの葉が色づいて秋が始まる。
先日、立ち寄った時はもう、終盤だった。
c0104227_20471802.jpg
追記
konekoさんのご指摘を受け、慌てて訂正し、その後夕方からの会合があって出かけてしまいました。
帰宅して、画面を見たらあまりの乱れように(@_@)。
お見苦しい画面をご覧になった方々、たいへん失礼しました。
以後、注意してあわてないようにいたします。
引き続き、お付き合いくださいませ。よろしくお願いいたします。





by nenemu8921 | 2017-11-13 21:03 | 植物 | Comments(6)
やっぱり、秋は木の実ですねえ。
草の実も目につきます。
春の花に比べると、寂しい印象もありますが、
果実はまた次の命へのバトンタッチでもありますね。
賢治の「いてふの実」のテーマでもあります。
10月から11月にかけて、出先のあちことでスナップしたものをまとめてみました。

賢治がきつねささげと呼んだノササゲですが、実はこんな風です。(@_@)
黄色いキツネササゲの記事はこちらをどうぞ。http://nenemu8921.exblog.jp/27693713/
c0104227_15343222.jpg
さやはなんと紫色、豆はブルーです。
そして、台風のせいばかりではなく、いつも破天荒にはじけています。(>_<)
c0104227_15344464.jpg


青い実と言えば、ハナミョウガの実もブルーです。
c0104227_15410960.jpg

これはフユイチゴ。味見をしたら甘かったですよ。
c0104227_15432295.jpg


イタドリの実? 逆光のなかで透き通った風情がお気に入りです。
c0104227_15500887.jpg


アマドコロの実、意外と大きいな。
c0104227_15460342.jpg


ニシキギの実
c0104227_15543075.jpg

紅葉した葉を背景に。
c0104227_16062925.jpg



サイカチの実。大きなさやです。
以前、ご紹介したサイカチの樹の記事はこちらをどうぞ。
http://nenemu8921.exblog.jp/24386265/
c0104227_16070073.jpg

樹木の下に立って見上げると壮観でした。
ぜひクリックして大きな画面でご覧くださいね。(つくば実験植物園で)
c0104227_16071830.jpg
つづきは次回へ。


by nenemu8921 | 2017-11-12 00:35 | 植物 | Comments(8)

赤城自然園

赤城自然園では晩秋の趣で、赤い実と黄葉とキノコが目立ちました。
c0104227_14331409.jpg
c0104227_14371619.jpg


c0104227_14370522.jpg
c0104227_14380701.jpg
マムシソウですね。
c0104227_14390872.jpg
マユミはびっしり実をつけていました。
c0104227_14392017.jpg

ヤマラッキョウですね。
c0104227_14394658.jpg


ハバヤマボクチが存在感を主張していました。
c0104227_14400652.jpg
つぼみです。ちょっと不思議な質感ですよね。
c0104227_14402554.jpg


モリアザミだと思います。
c0104227_14422547.jpg

ユキザサに実はたくさんありました。
c0104227_14432119.jpg

アワコガネギク。ここでしか見たことがない菊です。
c0104227_14434597.jpg
c0104227_14452940.jpg
c0104227_14450935.jpg
c0104227_14455340.jpg
ベンチに座る人はいませんでしたが、入園者はかなりいました。雨でも!


by nenemu8921 | 2017-11-01 20:50 | 植物 | Comments(6)

秋晴れ

久しぶりの秋晴れになりました。

そのうちたうたう秋になりました。
樺の木はまだまっ青でしたが、
その辺のいのころぐさはもうすっかり黄金色の穂を出して、風に光り、
ところどころすずらんの実も赤く熟しました。
                      童話「土神きつね」
c0104227_20504874.jpg

c0104227_20510544.jpg
物語の舞台は岩手山山ろくの一本木野というところです。
宮沢賢治は盛岡留学時代、この付近で発火演習に参加しています。
現在は自衛隊の演習地になっていて、入れません。
野生の日本スズランが今もあるかしら。赤い実が見たいなあ。




by nenemu8921 | 2017-10-27 22:09 | 植物 | Comments(12)

ローズ・ヒップ

バラ園の中には小さなガゼボがいくつかあります。
ここにはアースカラーのバラのアレンジ・フラワーが飾られていました。
c0104227_08502436.jpg

c0104227_08503714.jpg

その背後には、野ばら系のバラの植え込みがあります、
それがみな見事なローズヒップになっていました。
c0104227_23213233.jpg


c0104227_23222421.jpg

これはナニワイバラ(ロサ・レピガータ)のローズヒップです。
c0104227_23234991.jpg

c0104227_23422924.jpg

また、バラ園の一角には「ベルサイユのばら」を特集したテラスもありました。
c0104227_23250841.jpg

登場人物の解説とそのバラが紹介されていました。
登場人物は、薔薇のイメージから創作されたのですね。
c0104227_23264844.jpg

c0104227_23260544.jpg

c0104227_23271877.jpg


アンドレの黄バラはこんな花だったのね。
c0104227_23285915.jpg

c0104227_23274896.jpg

c0104227_23293596.jpg

ロザリーラの花はまだ開いていませんでした。
つぼみのイメージが似合うのかな。
c0104227_23304846.jpg


c0104227_23325538.jpg

c0104227_23314938.jpg

それ以外にもなつかしい品種のたくさんの花がありました。
c0104227_23343778.jpg

c0104227_23375161.jpg


心に残ったのは、たわわに実ったリンゴの実、鳥にも突かれず、たくさん落果していました。
おいしくないのかな。姫リンゴかな。実は大きかったです。
c0104227_20335246.jpg

超大型の台風が日本列島に近づいています。
選挙結果も気になる夜です。
皆さんのお近くでは、大きな被害が出ませんように。


by nenemu8921 | 2017-10-22 20:40 | 植物 | Comments(10)
バラ園には奥の一角に野草が無造作に植えられた小さな雑木林があります。
ほとんど人が訪れないところなのですが、小鳥の声が響き、落ち着けるので、私は気に入っています。
そこで出会った野草は園芸種なのか、自生しているものか、わかりませんが…。
手を入れていないからか、思わぬ秋の長雨の故か、どの植物も葉っぱがボロボロでした。
どの画像もクリックすると大きくなります。

c0104227_22080623.jpg

ホトトギスの仲間でしょうが、品種名はわかりません。
c0104227_22181452.jpg


c0104227_22160750.jpg

リンドウですね。これも園芸種っぽいですね。花びらに斑が入っています。
c0104227_22073712.jpg


これは何かしら。たくさんの株がありました。
マルバフジバカマ(丸葉藤袴、学名Ageratina altissimaキク科アゲラティナ属の多年生植物でした。
konekoさんにご教示いただきました。ありがとうございます。
c0104227_22153790.jpg


トリカブトですね。最後の花を健気に咲かせていました。
こんなところで出会えるなんて~~♪♪
c0104227_22165449.jpg


末枯れつつある紫陽花。
c0104227_22212254.jpg

これもフウロソウの仲間でしょうが、園芸種の植え込みの中で見つけました。
小さいけれど、華やかに咲いていました。
最近は、野草やハーブの仲間も、次々見慣れないものが出回って、とても覚えきれません。
c0104227_22215158.jpg


林の中で見つけた虫さん。うす暗いところにいて、iso感度をオートにしたら、10000になっていました。(@_@)
オオホシカメムシだそうです。「ホシの小父さん」さまにご教示いただきました。
c0104227_22301952.jpg


林の出入り口で門番のように構えていました。サルノコシカケですよね。
c0104227_22074743.jpg


by nenemu8921 | 2017-10-20 00:10 | 植物 | Comments(12)

今年の薔薇園

ようやくお日さまの顔を見ることができました。
所用があって出かけたついでに薔薇園に寄ってみました。
オータムフェアをやっていました。新しい品種が多かったけれど、降り続いた雨で花はお疲れ気味でした。
でもつぼみがたくさんありましたから、これからが本番でしょうね。
花びらが痛んでいない花を探して撮影しました。

c0104227_18213690.jpg


でも、薔薇はついつい同じような写真になってしまうのはなぜかしら。
c0104227_18221629.jpg

ホワイト・メイデイランドという品種です。
秋薔薇のせいか、小ぶりですね。
c0104227_18233792.jpg


c0104227_18223474.jpg


ひっそりと咲いていたレイニー・ブルー。今年の秋のイメージですね。(^_-)-☆
c0104227_18242881.jpg
c0104227_18230972.jpg


薔薇だけでなく、園芸種の植え込みも沢山あります。
キバナコスモスにはアカタテハでしょうか。
ツマグロヒョウモンでした。(汗…)
いつもご教示ありがとうございます。
c0104227_18481190.jpg



by nenemu8921 | 2017-10-18 18:55 | 植物 | Comments(6)

曲線美

出かけられず、在庫画像からです。
葉の曲線の面白さに惹かれました。
1か月ほど前の三陽MFMです。

c0104227_20165990.jpg

c0104227_20171309.jpg

c0104227_20173336.jpg
サトイモ科のアンスリウムの仲間ですよね。
カラフルな株もいろいろあったけれど、気に入らず。
フォルムの面白いものを選びました。


by nenemu8921 | 2017-10-06 20:36 | 植物 | Comments(4)

秋色スタート

日中はまだまだ蒸し暑いけれど、朝夕涼しくなって、秋めいてきました。
秋の兆しを感じます。出先で見つけた秋色スタートを集めました。
ハゼでしょうか。これから真っ赤になりますね。(ハイキーに撮りました)
c0104227_18235222.jpg


イチョウの実も色づきました。みどり色に光るギンナンを早く食べたいなあ。
c0104227_18395670.jpg



こちらはゴンズイの実でしょうか。
c0104227_18232584.jpg


スズメウリの花と若い実。杉の大木に絡んでいました。
実はこれから白くなるのですよね
c0104227_18284738.jpg




クサギの実。紅い星の真ん中の青い実が可愛い。
c0104227_18413332.jpg


カラスウリ。青い実ばかりでしたが、1つだけ赤く色づいた実がありました。
これからはみな赤くなりますね。
c0104227_18282412.jpg


モミジバフウも色づき始めました。
都市公園ではこの葉も紅葉のトップランナーですね。
c0104227_18435942.jpg


by nenemu8921 | 2017-10-03 18:51 | 植物 | Comments(14)
青葉の森で、ギャラリーを拝見したのち、友人たちと
園内でランチをいただきながら蝶や園芸種の撮影をしました。

スイフヨウ(アオイ科フヨウ属)(Hibiscus mutabilis cv. Versicolor) 酔芙蓉
c0104227_12131042.jpg

ほろ酔い加減です。
c0104227_12123339.jpg
酔芙蓉は午前中白い花を開きますが、太陽が真上に来ると、ほんのりピンクがかって、
夕方には紅くなりしぼんでしまいます。

こちらはトケイソウの仲間のパッシフローラ レディ・マーガレットという表示がありました。
「ベニバナトケイソウ(P.coccinea)とアメリカ南東部原産の「パッシフローラ・インカルナータ(P.incamata)との種間交雑によって作出された品種とか。
パッションフルーツのように実が食べられるのかしら。
c0104227_12134566.jpg


アオスジアゲハが2頭ランタナの周囲で遊んでいました。
カメラを向けると遠ざかり、カメラを置くとまた寄って来ました。
c0104227_12422532.jpg



c0104227_12502165.jpg
c0104227_12430155.jpg




by nenemu8921 | 2017-09-29 00:33 | 植物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921