カテゴリ:鳥・動物( 381 )

ズグロカモメ


出会いましたとも(^^♪ 
不吉な美しい花粉光環に出会った日は、ズグロカモメがお目当てで干潟に立ち寄ったのでした。
c0104227_16554949.jpg


でもね、遠かったです。600mmで撮影してトリミングしてこんな程度です。
c0104227_16555266.jpg


干潟のミヤコドリの小群に少し離れて佇んでいました。
c0104227_16560414.jpg


潮が満ちてくると、やがて彼らはいつもの突堤めがけて飛んでいきました。
c0104227_16585834.jpg

c0104227_16574343.jpg




でもね、海岸をちょこちょこと散歩していたコサギが、
暮れかかった干潟の上で羽を広げてくれました。
ここからはクリックして、大きな画面でご覧くださいね。
c0104227_18230152.jpg

c0104227_18230857.jpg

c0104227_18225471.jpg



「薄暮をまとう」などのタイトルをつけたいショットです。
夕日は最高のスポットライトです。
c0104227_18224613.jpg




c0104227_18232105.jpg
干潟は最近デートスポットになっているようです。
夕方になって訪れるのは若者たち。そして孤独なカメラマン。
富士山が遠くに見えるのがわかりますでしょうか。
この後、不吉な美しい太陽を撮影したのであります。(^.^)/~~~


by nenemu8921 | 2019-03-14 00:33 | 鳥・動物 | Comments(2)

ウメジロー

佐倉城址公園で梅の枝に来たメジロを撮りました。
RX10 のスポーツモードで。
シャッターを押しているときは撮った!という実感はなかったのですが
写っていました。
コンデジって面白い!!

c0104227_21020900.jpg

c0104227_21001360.jpg

c0104227_20594918.jpg

c0104227_20583911.jpg



c0104227_20581623.jpg

c0104227_21010889.jpg

c0104227_21013295.jpg

c0104227_20591835.jpg




by nenemu8921 | 2019-03-11 22:10 | 鳥・動物 | Comments(8)

メジロ

河津さくらの満開に咲く境内で、メジロ君を撮影しました。
ピンクの群がりの中、潜るように枝から枝へ飛び移る小鳥を捕らえるのはたいへんでした。
c0104227_10324866.jpg



c0104227_09571204.jpg


c0104227_10322973.jpg


c0104227_09574002.jpg


c0104227_09572499.jpg

花はゴージャスに咲いていましたが、メジロ君たちは小集団で訪れ、控えめな朝食を楽しんでいました。





by nenemu8921 | 2019-03-06 10:52 | 鳥・動物 | Comments(13)

カモ群飛

白鳥の飛来地に立ち寄ったのは夕暮れどきでした。
ほとんどのカメラマンが帰ったあとに、これまで見たことのないような光景に出会いました。
トモエガモだそうですが、おびただしい群れを成して、暗くなった空を羽ばたいていきました。
c0104227_21100618.jpg

c0104227_21101298.jpg




広角レンズでも入りません。
そして暗い!彼らはうごめき!ああああ……。
(クリックして大きな画面でご覧くださいね、お願いします)

c0104227_21064966.jpg


c0104227_21072306.jpg



c0104227_21065724.jpg

もう一度撮影したい!














by nenemu8921 | 2019-02-22 18:41 | 鳥・動物 | Comments(12)

鳥たち

おまけです。
飯岡漁港ではクロガモを見つけました。
クロガモ君は目をくっきり撮るのは光線の加減次第。
c0104227_19442851.jpg


この子の歯並び、見えますか? (@_@)
クリックすると大きくなります。
c0104227_20531651.jpg


近くにいたカモおばさん(♀)
でも、何ガモか、不明。クロガモの奥さんではないですよね。
c0104227_19443472.jpg


こちらは銚子漁港にいたカンムリカイツブリ。
c0104227_19444719.jpg


銚子漁港はこの日、休日でした。こういうことは実に稀です
カモメも人も少なく……。
見慣れぬ若鳥が迎えてくれました。
c0104227_19445274.jpg


by nenemu8921 | 2019-02-19 10:00 | 鳥・動物 | Comments(7)

三番瀬の光景③

明日は首都圏は雪だそうですが…。
積もるかしら?いい撮影ができるかな?
でも、交通トラブルなどありませんように。

少し前の三番瀬の夕景です。アオサギが獲物を狙っているときのポーズです。
クリックして大きな画面でご覧くださいね。
c0104227_21235705.jpg

陽はだいぶ落ちてきたというのに…。前面は浦安の高層ビル街です。
ああ、獲物はかからない(>_<)

c0104227_21241229.jpg


やがて空も海もオレンジ色一色になります。
c0104227_21411090.jpg

そして海も暮れていきます。
c0104227_21411782.jpg

アオサギ君、明日も頑張ろうね。


by nenemu8921 | 2019-02-08 22:07 | 鳥・動物 | Comments(6)

三番瀬の光景 ②

よく晴れた日、きらきら海も空も輝いておりました。
画像はクリックして大きな画面でご覧くださいね。
c0104227_18250936.jpg

変わり映えのしない鳥たちですが…。
シロチドリです。砂浜を糸で引っ張られるように歩いています。
c0104227_18482328.jpg


c0104227_18483591.jpg

ダイゼンの若鳥でしょうか。越冬しているようです。
c0104227_18484550.jpg

久しぶりに出会ったオカヨシガモ。
c0104227_18343145.jpg

オカヨシガモの♀は見分けがつかないというより、遠いので、必死に探す気力がない…(>_<)
c0104227_18350303.jpg

ホオジロガモ、あっという間に潜ってしまいました。♀もいましたが…。
カモはスズガモとオオバンがうじゃうじゃいます。
c0104227_18334792.jpg


おまけは葦原でいつも孤独に遊んでいるジョウビタキです。
かわいいこの子にひげがある?!
c0104227_10484588.jpg

葦原はだいぶ刈られて小鳥がめっきりいなくなってしまいました。
c0104227_10482504.jpg


by nenemu8921 | 2019-02-06 10:52 | 鳥・動物 | Comments(8)

三番瀬の光景


おなじみの三番瀬です。
運がいいと、日中でも富士山が顔を見せます。
c0104227_18195531.jpg

最近のお気に入りはこの子です。
ハジロカイツブリです。
c0104227_18265323.jpg



c0104227_18242606.jpg

c0104227_18303263.jpg

c0104227_18330842.jpg
ハジロカイツブリとミミカイツブリの冬羽は、紛らわしい。夏羽も見たいなあ。


おまけ
思いがけず、この日見つけたもの。
c0104227_18373733.jpg
アカクラゲですね。突堤の付近で気持ちよさそうに泳いでいました。

画像はクリックすると大きくなります。



by nenemu8921 | 2019-02-03 18:39 | 鳥・動物 | Comments(4)

尾羽打ち枯らす

尾羽打ち枯らすといった風情のオナガです。
なんとなく、最近のわが身と重ねてカメラを向けていると…。
(画像はクリックして、大きな画面で鳥たちの表情を見てくださいね。)
c0104227_11402522.jpg

そこへもう一羽が。
c0104227_11403289.jpg


しかし、はじめはお互いそっぽを向いていましたが。
c0104227_11403903.jpg

やがて……。
c0104227_11405468.jpg


そして…。
c0104227_11405973.jpg




とうとう…。
どんなドラマがあったのか!と思いつつ、眺めておりました。
c0104227_11411806.jpg
≪尾羽(おば)打ち枯らす≫というのは「鷹の尾羽が傷ついてみすぼらしくなることから、落ちぶれて、みすぼらしい様子になる。零落する」の意。
ここでは鷹ではなく、オナガのみすぼらしい様子を形容しています。


少し離れた松のいただきにいたのは1羽の若いノスリ。
彼がドラマに関係があったか、どうかわかりません。
c0104227_12343811.jpg


by nenemu8921 | 2019-01-28 22:53 | 鳥・動物 | Comments(9)

息はぴったり!

あまりかわいかったので、クローズアップです。
ミユビシギです。
息はぴったり!
c0104227_00273572.jpg

c0104227_00275246.jpg

そして、右の子がちょっとはにかみ、左の子は「大丈夫だよ」とささやいているみたいでした。
c0104227_00285149.jpg


三番瀬には今の時期、数が多いミユビシギですが、こんな場面は珍しいのです。
朝、早い時間です。

by nenemu8921 | 2018-09-25 07:44 | 鳥・動物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る