人気ブログランキング |

カテゴリ:鳥・動物( 428 )

ユリカモメ

オナガガモの池にはユリカモメもたくさんいて、楽しませてくれました。
ユリカモメは気が強い鳥ですが、じっと観察していると、
思いがけない表情を見せてくれます。
繰り返し水浴びをしていました。

ユリカモメ_c0104227_20412708.jpg

ユリカモメ_c0104227_20414437.jpg
とても、気持よさそうですね。
 
ユリカモメ_c0104227_20420486.jpg


この表情! とても鳥とは思えませーん。
「いい湯だな」
ユリカモメ_c0104227_20420825.jpg


ユリカモメ_c0104227_20402917.jpg
色っぽいなあと感じるのは私だけでしょうか。
ユリカモメ_c0104227_20404221.jpg
羽づくろいしているときの鳥は、メイクしている女性の真剣な表情に似ていますね。
ユリカモメ_c0104227_20405446.jpg


パンくずを投げる人が登場すると、瞬時に群がります。
ユリカモメ_c0104227_20422845.jpg

必死でありつこうとするのはどの子も同じです。
ユリカモメ_c0104227_20425397.jpg

あらま! 思わず、三つ巴!!

ユリカモメ_c0104227_20430173.jpg

そして池の周囲をめぐります。
立ち位置を変えて撮りました。

ユリカモメ_c0104227_20523335.jpg


こちらが正面顔です。

ユリカモメ_c0104227_20441540.jpg
ありがとう。楽しかった午後です。


by nenemu8921 | 2020-01-22 08:34 | 鳥・動物 | Comments(0)

しぶきのアート オナガガモ

この季節、都市公園では池や水辺でユリカモメやカモたちに出会います。
あたたかい陽だまりのなかで、鳥たちは水浴びや毛づくろいに余念がありません。
オナガガモの気持ちよさそうな水浴びに目が離せませんでした。
しぶきのアート オナガガモ_c0104227_15121608.jpg


一瞬の水のフォルムも面白いですね。
しぶきのアート オナガガモ_c0104227_15125147.jpg

しぶきのアート オナガガモ_c0104227_15122443.jpg

しぶきのアート オナガガモ_c0104227_15134035.jpg


ぜひ、クリックして、大きな画面で、小さな眼も見てやってくださいね。
しぶきのアート オナガガモ_c0104227_15132678.jpg


しぶきのアート オナガガモ_c0104227_15132846.jpg
逆光で、強い日差しの中でした。
しぶきのアート オナガガモ_c0104227_15134718.jpg

by nenemu8921 | 2020-01-20 15:15 | 鳥・動物 | Comments(4)

おなじみの鳥たち

三番瀬にはおなじみの鳥たちも健在です。
珍鳥ファーストという想いは誰れも同じでしょうが、
やっぱりいつもの鳥たちの姿にほっとします。
この日は、ウミアイサがユリカモメの動きに連動して狩りをする姿が見られました。

遠かったのが残念でした。
集まったウミアイサは♂♀合わせて20羽ほど。あいにく逆光です
おなじみの鳥たち_c0104227_20040232.jpg

何? 急に岸辺の方へ走り、羽ばたき始めた数羽の群れ。
おなじみの鳥たち_c0104227_20040829.jpg
スゴイ迫力でしたが、全体を入れるのは無理!
とりあえず、この子たちを追います。
おなじみの鳥たち_c0104227_20041463.jpg

やっぱり♂の方がパワーがあるのかな?
おなじみの鳥たち_c0104227_20041907.jpg

よーし、レディを追い越したぞ!

おなじみの鳥たち_c0104227_20044109.jpg
ふーむ、すごいなあ! 
しかし……。その成果は?
おなじみの鳥たち_c0104227_20044809.jpg
どうも、狩りも、狩りの成果もカメラではとらえきれない出来事でした。
岸近くで騒いでいたユリカモメに合流したかのような雰囲気でしたが…。
遠かったせいもあります。かなりの広角でも、無理でしょうね。
おなじみの鳥たち_c0104227_20051540.jpg

そして、また、沖の方へ戻っていきました。
何だったのだろう???
おなじみの鳥たち_c0104227_20053680.jpg
ぜひ、クリックして大きな画面でご覧くださいね。
見慣れた鳥たちも、時として、新鮮な一面を見せてくれます。


by nenemu8921 | 2020-01-18 08:20 | 鳥・動物 | Comments(10)

最近の三番瀬

この冬の三番瀬は、オニアジサシやズグロカモメ、ビロードキンクロなどが見られるというので
多くのバーダーでにぎわっています。
でも、行けば必ず行き会えるというわけでもなく、タイミング次第ですが…。
1月5日の画像です。富士山がくっきり見えました。
最近の三番瀬_c0104227_19574178.jpg


最近の三番瀬_c0104227_19574719.jpg

この中にダイシャクシギも交じっていますが、わかりますか?
最近の三番瀬_c0104227_19575186.jpg


数日後、友人を案内して出会ったズグロカモメ
最近の三番瀬_c0104227_20024480.jpg



最近の三番瀬_c0104227_20025129.jpg



最近の三番瀬_c0104227_20025858.jpg

この日もオニアジサシはミヤコドリの群れのなかでくつろぎ、干潟におりませんでした。(>_<)
遠い! です。 
最近の三番瀬_c0104227_20134506.jpg

せっかく、遠方から三番瀬の鳥たちを見に来てくれた鳥友達に申し訳ない気分になってしまいます。
でも、春までには、撮影のチャンスはあると思います。
最近の三番瀬_c0104227_20133785.jpg

スズガモの群れに交じって、泳ぐビロードキンクロ
最近の三番瀬_c0104227_15084895.jpg


この子です。

最近の三番瀬_c0104227_15085542.jpg


最近の三番瀬_c0104227_15090199.jpg

この日、干潟に下りていたのは~?
チョウゲンボウでしょうか。
最近の三番瀬_c0104227_20230638.jpg
次回も三番瀬の鳥たちが続きます。


by nenemu8921 | 2020-01-16 10:26 | 鳥・動物 | Comments(8)

青じろい尖舌(シタ) アカゲラ

ご無沙汰しましたが、がんばって、ゆるやかに続けようと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

おだやかな風のない日、出先から立ち寄った水元公園でアカゲラに出会いました。
賢治の詩を思い出しました。
カラマツ林(落葉松)ではなく、メタセコイアの森のはずれのハンノキの実をつついていましたが。
青じろい尖舌(シタ) アカゲラ_c0104227_13001415.jpg

落葉松の方陣は
せいせい水を吸ひあげて
ピネンも噴きリモネンも吐き酸素もふく
(略)
鳥はどこかで
青じろい尖舌(シタ)を出すことをかんがへてるぞ
(略)
               詩〔落葉松の方陣は〕

青じろい尖舌(シタ) アカゲラ_c0104227_13005358.jpg


キツツキ類の鳥は蛇のように長ーい舌を持つことで知られています。
孔に首を突っ込んで昆虫を探しているようでもありました。

けれども、これだけ多くの野鳥の画像を見ることが出来る時代になっても、キツツキの尖舌の画像は見たことがない。
(キツツキの仲間のアリスイの舌ぐらである。)
どんなにカメラの機能がよくなっても、バーダーが増えても、キツツキが青じろい尖舌を出す光景はとらえられない。
もちろん、賢治も見ることはできなかったろう。
知識でキツツキの生態を知って、秋の森のなかで、心象のなかの鳥(キツツキ)に想いを馳せているのである。

青じろい尖舌(シタ) アカゲラ_c0104227_13004421.jpg


青じろい尖舌(シタ) アカゲラ_c0104227_13012853.jpg


青じろい尖舌(シタ) アカゲラ_c0104227_13011142.jpg


青じろい尖舌(シタ) アカゲラ_c0104227_12583531.jpg


青じろい尖舌(シタ) アカゲラ_c0104227_13000274.jpg
アカゲラ (赤啄木鳥、Dendrocopos major)は、キツツキ目キツツキ科アカゲラ属に分類される鳥類
このアカゲラは♀ですね。
キクイタダキ、シジュウカラ、コガラなどの小さな群れとともに、林の中を枝から枝へ移動し、
小一時間ほど楽しませてくれました。







by nenemu8921 | 2020-01-12 14:17 | 鳥・動物 | Comments(10)

すきとほるやうに黄金いろの秋の日

「すきとほるやうに黄金いろの秋の日~。」
こんな日でしょうか。
すきとほるやうに黄金いろの秋の日_c0104227_21355328.jpg

公園のカワウも、一瞬の水の彫刻を見せてくれました。
すきとほるやうに黄金いろの秋の日_c0104227_21362618.jpg


すきとほるやうに黄金いろの秋の日_c0104227_21362981.jpg


水はねちらかしやさんと呼びたいほどです。
すきとほるやうに黄金いろの秋の日_c0104227_21432137.jpg


イチョウの樹木の下で、お互いのスマホ画面を確認しあう二人。
すきとほるやうに黄金いろの秋の日_c0104227_21384531.jpg

キクイタダキを撮りに行ったけれど、姿は見せてくれても、撮らしてくれない…。
でも、気持ちの良い午後でした。水元公園です。



by nenemu8921 | 2019-12-09 21:52 | 鳥・動物 | Comments(12)

ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②

佐渡へ渡って、トキとの出会いはときめくものでしたが、実際のところ、撮影は難しかったです。
田園地帯へ行き、ゆっくり車で廻れば、姿を見つけることはできても、車内からの撮影が義務付けられているようなのですね。
三脚をもって、鳥に近づくことはできません。もちろん、畦には降りてはいけません!
かなり、遠い! (画像は多くがトリミングしてあります)
それでも、それなりに、さまざまな表情を捕らえることが出来ました。
日中は二番穂の出ている田んぼで餌稼ぎに夢中です。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14541751.jpg

水路でドジョウなどを捕まえます。仲良しのペアです。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14542373.jpg

この子はマーキングされた個体です。
放鳥された個体にはアニマルカラーと言って、羽の一部を着色し、識別できるようにしています。
これが目立つのは、換羽までの短い期間です。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14550009.jpg

この子は見返り美人!ポーズをしてくれました。冠羽も目立ちますね。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14554610.jpg



こちらが宮沢賢治が繰り返し描いたトキの桃色の翅です。
実際には桃色というより、上品なオレンジ色です。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14560512.jpg



田から飛び立つシーンです。おっとりしています。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14561413.jpg


日暮れると、他のあちこちに散らばっていたトキたちはいっせいに飛び立ちます。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14553424.jpg


やがて、ねぐらの木に集まります。この時は16:37
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14562881.jpg


少しづつ数が増えていきます。全島で200羽余りだそうです。ここに集まったのは2~30羽くらいでしょうか。
あたりは暗くなりはじめ、羽ばたくトキの姿の画像はどれもぶれぶれでした(>_<)
16: 40

ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_14564393.jpg


撮影に行ったときは晴天続きの3日間でした。夕景も美しかったです。
16:51 ねぐらの背後の田の周辺の樹木

ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_15475239.jpg

その2分後です。あっという間に日が暮れました。
ときめく鴇 ― 佐渡のトキ②_c0104227_15475435.jpg
習志野ナンバーの車が目立ったのか、地元の方が声をかけてくれて、「遠くから来たんだね」と言って、「ここがねぐらだよ」と教えてくれたのは嬉しかったけれど、夕方になってその場所へ戻るのに手間取りました。
カーナビも頼りにならず、田園地帯の地理がわからないので、必死でした。



by nenemu8921 | 2019-12-03 16:27 | 鳥・動物 | Comments(10)

おまへは鴇(とき)といふ鳥かい ― 佐渡のトキ①

その時、向ふの丘の上を、一疋の大きな白い鳥が日を遮って飛びたちました。
はねのうらは桃いろにぎらぎらひかり、まるで鳥の王さまとでもいふふう、
タネリの胸は、まるで、酒でいっぱいのやうになりました。

おまへは鴇(とき)といふ鳥かい ― 佐渡のトキ①_c0104227_22421280.jpg


「おまへは鴇(とき)といふ鳥かい。」
       童話「タネリはたしかにいちにち噛んでゐたやうだった。」
おまへは鴇(とき)といふ鳥かい ― 佐渡のトキ①_c0104227_22210358.jpg

おまへは鴇(とき)といふ鳥かい ― 佐渡のトキ①_c0104227_22214374.jpg

いろいろとアクシデントがあって、一時期、落ち込みましたが、気分転換に佐渡へ行ってトキを撮影してきました。
賢治童話のなかでは「タネリはたしかにいちにち噛んでいたやうだった」「若い木霊」「連れて行かれたダァリヤ」などに登場し、まるで異界からの使者のように描かれている不思議な鳥ですが、実際に出会ってみると、なるほど…と感じました。
宮沢賢治の直観力というか、イマジネーションのすばらしさに改めて感動しました。

鳥仲間の友人や、トキセンターの職員の方たち、地元のトキ愛好家の皆さんにたいへんお世話になりました。多くの皆さんに感謝です。
帰宅してからもあわただしい日々が続き、更新が遅れましたが、少しづつ整理してご紹介したいと思います。
よろしくお願いいたします。

by nenemu8921 | 2019-12-01 22:53 | 鳥・動物 | Comments(14)

アメリカヒドリ

ちょっと珍しいカモ、アメリカヒドリに出会いました。
アメリカヒドリ_c0104227_12035358.jpg


市川市内の公園で、2羽見られましたが、離れた場所で気ままに泳いでいました。
アメリカヒドリ_c0104227_12040109.jpg

アメリカヒドリ_c0104227_12040687.jpg


こちらがよく見かけるヒドリガモのペアです。
よくよく見れば、♂の目の周囲は緑がかっていますね。
アメリカヒドリ_c0104227_12041325.jpg
あちこちで、白鳥渡来の便りがあり、
カモたちは種類も数も増えて、いよいよ冬本番ですね。

出かけています。予約投稿です。


by nenemu8921 | 2019-11-14 00:34 | 鳥・動物 | Comments(6)

ヒヨドリ

色づいた木の実が目につきます。
いち早く、味見しているヒヨドリを見つけました。
ヒヨドリ_c0104227_19325596.jpg


ヒヨドリ_c0104227_19320623.jpg



ヒヨドリ_c0104227_19322569.jpg


ヒヨドリ_c0104227_20104637.jpg
満足そうな表情でした。


by nenemu8921 | 2019-11-07 18:53 | 鳥・動物 | Comments(6)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る