カテゴリ:場所( 212 )

雪積もらず

期待していなかったけれど、今朝も雪は少し積もりました。
やがて雨になり、もう止んでしましたが…。
ご近所を歩いてみました。
原木山妙行寺です。古い立派なお寺です。日蓮宗です。
c0104227_13035063.jpg

さすがに人影はなく…。
c0104227_13035954.jpg

真間川の土手に咲いていた水仙。
c0104227_13050910.jpg


川にはオオバンとキンクロとヒドリガモ。
こ子の子だけアップしました。
c0104227_13440225.jpg

知人宅の庭先で。
c0104227_13042677.jpg



撮影させていただいていると奥様が出てこられて~。
築100年にもなる家屋です。ロウバイが似合います。
c0104227_13052875.jpg
足元が冷たくなったので撤収しました。


by nenemu8921 | 2019-02-11 13:48 | 場所 | Comments(6)

積もったのは少しだけ

天気予報に脅かされましたが、積もったのはほんの少しだけでした。
それでも行って見ました。水元公園へ。
ベムベロの雪は解けずにいてくれました。
c0104227_21573183.jpg


これはもうピンクヤナギですね(^_-)-☆
c0104227_21575699.jpg

キジバトも寒そうでした。
c0104227_21582460.jpg



ハンノキの球果にも雪は残り~。
c0104227_21584885.jpg

十月桜でしょうか?健気に咲いていました。
c0104227_21591315.jpg

ベニマシコを見ていたら飛ばれて、その後にやってきたのはアオジ君。
c0104227_22012599.jpg

オオバンやカルガモ、ヒドリガモ、カイツブリ、マガモもいましたよ。
でも、背景が気に入らないから撮らない。
これは彼らの足跡!
c0104227_22005888.jpg
明日は積ってくれると嬉しいけれど。
天気予報では望み薄です。




by nenemu8921 | 2019-02-09 22:22 | 場所 | Comments(8)

賞味期限切れですが。

賞味期限切れですが、年末に知人の写真展へ行ったついでに、
表参道のイルミネーションを見ました。
クリスマスもお正月もなかったので。記録写真です。
気分転換になりました。


c0104227_22243274.jpg


日本語の看板が見当たりませんね。
地元の人と観光客が多かったです。
c0104227_22234227.jpg


c0104227_22244358.jpg


c0104227_22245537.jpg



c0104227_22252572.jpg

最終日だったそうで、すごい人でした。
歩道橋の上から撮りたかったけれど、この日は歩道橋はクローズ、
「横断歩道は立ち止まらないでください」というDJポリス風のアナンスが響いていました。

by nenemu8921 | 2019-01-27 09:00 | 場所 | Comments(0)

大漁だよ!

銚子漁港では、この日大漁で、鯖の水揚げが次々ありました。
c0104227_19253117.jpg

待機しているトラックに次々と。
素早いんです。
c0104227_19245948.jpg


トラックも次々と。
撮影する方も邪魔にならないように気をつけねばなりません。
c0104227_19260796.jpg


これが最近人気の鯖どんのアップです。
最近サバ缶のクッキングが人気ですよね(@^^)/~~~
c0104227_19270887.jpg


こちらは1本釣りの漁船。この漁師さんの一晩の釣果は?
c0104227_19262149.jpg



びんちょうまぐろだそうです。
c0104227_19440654.jpg

こちらはカツオです。
もう、笑いが止まらない表情です!」にこにこ(^^♪
c0104227_19265468.jpg



c0104227_19272077.jpg

水揚げは夜まで続きました。
これは銚子タワーです。ローカルねと言わないで!
銚子港の水揚げは日本一です!!

c0104227_19524224.jpg

c0104227_19323973.jpg





by nenemu8921 | 2019-01-23 20:15 | 場所 | Comments(16)

ゴールド絶壁

昨年末ですが、写友が「閉じこもっていてはよくないよ」と、誘ってくれて、
銚子へ出かけました。
久しぶりの撮影で、楽しい一日を過ごしました。
屏風ヶ浦と呼ばれる絶壁が何キロもつづく海岸へ行きました。
夕日で黄金色に染まった光景は素晴らしかったです。
c0104227_01401919.jpg


崖の上には不思議な家がありました。どんな人が住んでいるのかなあ。
崖は天然記念物ですが、崖の上の土地は私有地です。
c0104227_01403178.jpg


銚子はやっぱり波が高いですねえ。
c0104227_01405481.jpg

サーファーも遊び足りた一日といったところです。
c0104227_01410739.jpg

c0104227_01412058.jpg


沈む夕日が浜辺に光のラインを見せてくれました。
c0104227_01413187.jpg


雨の降った翌朝は朝日があたると、崖は真っ赤になるそうですが、黄金色もいいなあと思いました。
地元の方は愛犬とともに散歩ですね。
c0104227_01404612.jpg


by nenemu8921 | 2019-01-22 09:30 | 場所 | Comments(10)

あたたかかった初冬の三番瀬

寒い日が続きますが、初冬の頃はあたたかい日が続きました。
それゆえ、三番瀬はアオサがびっしりと海岸に打ち寄せられ、緑の藻に縁どられた海となっていました。
c0104227_21131778.jpg

アオサの浜に舞い降りたアオサギ
元気ですねえ。
c0104227_21130961.jpg

やがて、大物をゲットしました。
ぼらみたいですが…。
海草サラダ添えです!
c0104227_21133013.jpg

じっと見ていたら、「ぼっーと生きてるんじゃねえよ」(どこかで聞いたセリフ!)という風に
こちらをちらと見て、魚を咥えたまま、光の海へ飛んでいきました。
ゆっくり食事をしたかったのでしょうね。

c0104227_21272616.jpg
はぁーい。小さな声で返事しました。


by nenemu8921 | 2019-01-19 21:01 | 場所

日比谷ミッドタウン

夏休みも終りになりましたが、終わらないのは夏の気配。
先日、所用で都心に出た折、日比谷で偶然出会った「ふつうじゃない2020年展」。

c0104227_23384368.jpg


体力測定ゲームのようになっています。
試す元気はありませんでしたが、写す勇気はありました(^^♪
c0104227_23391547.jpg



c0104227_23401026.jpg

この日の翌日、朝日新聞の夕刊に、このトップのバルーン人形の写真と記事が載っていましたね!

by nenemu8921 | 2018-08-28 23:50 | 場所 | Comments(8)

さわやかな夕景

先週末(8/18,8/19)は、台風一過で、関東首都圏周辺は、涼しかったですね。
激暑の日々から、一気に秋が来たかと思いました。
しかし、その後また暑い日々がぶり返し、まだまだ夏は終わらないぞという気配。
今日の予報では、新たな台風、19号、20号も日本列島に近づいているとか。
四国、近畿地方の皆さんはどうぞ、お気をつけてくださいね。

さわやかだった土曜日の夕方、久しぶりに三番瀬にぶらりと出かけました。
シギやチドリの渡りの季節です。バーダーの姿もちらほらありました。
日は西に傾き、風は涼しく、気持ちよかったです。

画像はクリックすると大きくなります。
c0104227_16341444.jpg


おりしも潮が満ち始めていて、ミヤコドリの群れも見られましたが…。
c0104227_16344368.jpg


今日の主役は空と海。夕景を撮ろうと思いました。
携帯したのはソニーの軽いR10、1台のみです。

「大空の脚」と云ふものふと過ぎたりかなしからずや大ぞらのあし
                           歌稿391
c0104227_16370078.jpg

飛行機雲でしょうか?
空はまるで、天の裂けめのよう。
c0104227_16373457.jpg



潮が上がってきた干潟はオレンジと黒のまだら模様になり、
この時刻が三番瀬で一番好きな時間です。
夕日の残照が干潟をオレンジ色に縁どるマジックに毎回ため息が出ます。
c0104227_16382512.jpg


目を浦安方面に転ずれば、
まだまだ暮れるのは早いという風で空の青さは名残を惜んでいます。
c0104227_16392842.jpg


それもやがて、いちめんのいちめんの桃いろに変わります。
浦安の高層ビル街の向こうに雲が居座って、まるで山が連なっているかのようです。
c0104227_16401604.jpg


ズームレンズを回せば、富士山がくっきりと浮かび上がり、
手前の葛西臨海公園の観覧車にも灯りがともりました。
c0104227_16412847.jpg


「いまいちど空はまつかに燃えにけり薄明穹のいのりのなかに」
                          歌稿392
c0104227_16432954.jpg

宮沢賢治も夕日の美しさ、不思議さを、短歌に数多く書いています。
大正5年、学生時代の短歌です。

空も海も思いっきり赤くなりました。
この日は日が落ちてからジャージのジャケットを着てちょうどいいくらいでした。




by nenemu8921 | 2018-08-23 10:35 | 場所 | Comments(12)

ありふれた夕景 

予約投稿です。数日出かけます。

三番瀬のありふれた夕景です。
干潟の潮だまりに映り込んだ背後の松林。
WBを変えると雰囲気が変わりますね。
c0104227_23321423.jpg


この日の夕日はビルに隠れて残念。
干潟の潮だまりは残照で赤くなります。
c0104227_23325050.jpg

こんなに暗くなっても餌稼ぎに夢中なシギ。
キアシシギかな。
c0104227_23331692.jpg


必死で貝を見つけます。
c0104227_23343773.jpg


空が桔梗色になれば対岸の葛西臨海公園の観覧車がうきあがります。
でも、この日、富士は姿を見せませんでしたが…。

c0104227_23430256.jpg
サルハマシギ、コアジサシ、その他たくさんの鳥たちも暗闇に溶け込んでいきました。

by nenemu8921 | 2018-05-13 08:00 | 場所 | Comments(5)

印旛沼

友人のご案内で印旛沼へヒバリの撮影に行きました。
朝焼けには間に合いませんでしたが、日が高く上がる前の沼は幻想的でした。
ぜひ、クリックして大きな画面でご覧ください。
c0104227_17001728.jpg

c0104227_17011447.jpg
新しいカメラのオートで、WBを変えて撮っただけです。
こんなにきれいに映っているとは!!(@_@)

野鳥の撮影成果はいずれ、又、お目にかけますね。

by nenemu8921 | 2018-04-16 17:05 | 場所 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る