人気ブログランキング |

カテゴリ:昆虫・クモなど( 150 )

ウラナミシジミの飛び立ち

今年はどういうわけか、セイタカアワダチソウの花が目につく。
今の時期、野原は花が少ないのか、シジミチョウがひらひら何頭も飛んでいる。
どうにか一つの画角にとらえたいと思ったが、数頭の小さな蝶を収めるのは難しい。
あきらめて、ウラナミシジミをじっと見ていたら、飛び立った!!
ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15534084.jpg


ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15534929.jpg



ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15540004.jpg

ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15540931.jpg

ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15541898.jpg

ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15563188.jpg

ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15542524.jpg

ウラナミシジミの飛び立ち_c0104227_15543312.jpg
鳥の飛び立ちより、難しいなと思いました。
次回はシャッタースピードの設定を考えて撮影したいなあと思ったのでした。



by nenemu8921 | 2019-11-03 12:10 | 昆虫・クモなど | Comments(8)

森のドラマ

北本公園はお目当ての野鳥は思うような撮影はできなかったのですが、
林縁などを散策して面白かったです。
このきのこは何かしら? すごいですね(@_@)
森のドラマ_c0104227_18113062.jpg


たくさん咲いていたタイアザミに吸蜜するクロアゲハ
ナガサキアゲハのようです。失礼しました。
翅がボロボロで痛ましい。
森のドラマ_c0104227_18115915.jpg

頑張りましたね。世代交代できたかな?
森のドラマ_c0104227_18141493.jpg

ふと目を離した次の瞬間、宙に浮いてしまった!
いや、透明に張り巡らされたクモの網座敷にかかったのです。
森のドラマ_c0104227_18143765.jpg

逆光で見るとこんな状態。
森のドラマ_c0104227_18245407.jpg

喰らいついたのは大きなジョロウグモでした。
森のドラマ_c0104227_18144544.jpg

哀れ!

森のドラマ_c0104227_18145818.jpg

見渡せば、周囲はジョロウグモの大きな巣があちこちにかかっていました。
森のドラマ_c0104227_18154493.jpg

ジョロウグモのこちらが腹部でしょうか。
森のドラマ_c0104227_18154938.jpg

森では、日々、刻刻、生きるものたちのドラマが展開されているのね。











by nenemu8921 | 2019-10-21 06:43 | 昆虫・クモなど | Comments(8)

くぬぎレストラン

水元公園の一角にあるクヌギレストラン。秋晴れの良い日。
いつも蝶や甲虫たちのお気入りの場所。(誰にも教えない…)
さすがにもう甲虫もコムラサキもいなかったけれど、おなじみの子たちが迎えてくれました。
クヌギの青いどんぐりが好きです。
コムラサキ、いましたよ!!
くぬぎレストラン_c0104227_15061115.jpg

キタテハ
くぬぎレストラン_c0104227_15010704.jpg

キタテハの裏
くぬぎレストラン_c0104227_15015185.jpg

ルリタテハ
くぬぎレストラン_c0104227_15020663.jpg

ルリタテハの裏
くぬぎレストラン_c0104227_15021969.jpg

この子たちは?
コムラサキの♀でした。群馬のSさんからご教示をいただきました。
ありがとう。感謝です。
くぬぎレストラン_c0104227_15025483.jpg

アカボシゴマダラ (ここ数年でぐんと増えてしまいましたね(-_-メ))
くぬぎレストラン_c0104227_15033840.jpg


スズメバチも必ずいますね
くぬぎレストラン_c0104227_15115541.jpg


くぬぎレストラン_c0104227_15120391.jpg

落ちたドングりもたくさんありました。リスさんがいなくて残念。
くぬぎレストラン_c0104227_15045799.jpg



by nenemu8921 | 2019-10-18 17:38 | 昆虫・クモなど | Comments(2)

カマキリなんですけど。

出先で見つけたカマキリさん。ハラビロカマキリだと思います。
カメラを間近に向けると、好奇心なのか、攻撃のつもりなのか、
面白いポーズを見せてくれました。すごくキュートだと思いません?

カマキリなんですけど。_c0104227_22473712.jpg


カマキリなんですけど。_c0104227_22463545.jpg




カマキリなんですけど。_c0104227_22470899.jpg


カマキリなんですけど。_c0104227_22472799.jpg
ほんと、カマキリなの?と聞いてみたくなりましたよ。

おまけはオオアオイトトンボです。この時期、珍しくないイトトンボだそうです。
カマキリなんですけど。_c0104227_23353916.jpg
埼玉県の北本公園です。



by nenemu8921 | 2019-10-16 23:38 | 昆虫・クモなど | Comments(8)

ホシホウジャク 星蜂雀

台風19号の襲来以前の画像です。

久しぶりに峰公園に立ち寄ってみました。
夏に熊が出没したということがあったらしく、その対応に追われたせいか、
小鳥たちに出会ういつもの場所では、野草が伸び放題で、
カケスの声、ガビチョウの声などの声はすれども、姿は確認できず。
ホシホウジャクの撮影をゆっくりさせてもらいました。

ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15363483.jpg
ホシホウジャク(星蜂雀、学名: Macroglossum pyrrhosticta)は、チョウ目スズメガ科昆虫の一種。
ホシホウジャクって、星蜂雀と表記するのね。

宮沢賢治はハチドリのことを、はちすずめ、蜂雀、はちすずめと表記しています。時にはハニーバードとも。
以前、浦本昌紀先生に「蜂雀」の出典に関して、問い合わせをした折、たいへん丁寧なお返事をいただきましたが、それによれば、賢治没年以前の動物学、鳥類学の書籍には、「ハチスズメ」という言葉は、一つも見当たらないとことでした。
翻訳文学か、子ども用の科学雑誌か、文化人たちのエッセイなどを目にしたのかなあとも思いましたが…。
(賢治作品では、ホウジャク(蜂雀)に関する言及はありません。)
ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15365472.jpg


羽ばたく翅のブレを撮影したいと思いました。
ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15362896.jpg

後姿は、やっぱり昆虫ですね!
ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15370369.jpg

こんなスタイルはハチドリを連想させますね。
名前の由来もホバリングしながら、吸蜜する様子がハチドリそっくりだからということらしいです。
ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15353651.jpg

そういえば、もう20年以上前に、あるテレビ局から沖縄のホテルの庭にハチドリらしきものがたくさんいるけれど…
というお電話をいただいたことがありました。
どうも、このホウジャク類のことだったようです。(ハチドリは、南北アメリカ大陸以外には生息していませんものね)
ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15353141.jpg


ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15354741.jpg


ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15354062.jpg

すっかりお気に入りのアザミですね。

ホシホウジャク 星蜂雀_c0104227_15362138.jpg
台風19号の被害の実態が報告されています。
広範囲にわたって、多くの方がたいへんな想いをされています。
お気の毒です。お見舞い申し上げます。



by nenemu8921 | 2019-10-15 22:07 | 昆虫・クモなど | Comments(6)

アオスジアゲハ

カメラが退院できました。(入院は一週間)
退院祝いに、浜離宮に回って撮影してきました。
キバナコスモス?はお疲れ気味でしたが、アオスジアゲハが元気に飛んでおりました。
アオスジアゲハ_c0104227_19545057.jpg

アオスジアゲハ_c0104227_19594577.jpg

アオスジアゲハ_c0104227_20000574.jpg

アオスジアゲハ_c0104227_20001197.jpg

アオスジアゲハ_c0104227_19595521.jpg
やっぱり彼岸花のときの蝶より良く撮れました。
キャッチがこの子の方が早いんです。
浜離宮はブロ友さんのページで見て、一度行こうと思っていたところです。
念願かなってラッキーでした(^^♪



by nenemu8921 | 2019-10-03 20:05 | 昆虫・クモなど | Comments(8)

クロアゲハ

茨城の涸沼に探鳥で出かけた折、出会いました。岸辺の合歓の花にチラチラ飛んでいました。
クロアゲハ♂夏型と思われます。
クロアゲハ_c0104227_19105172.jpg

カラスよりも黒いですね。
クロアゲハ_c0104227_19103487.jpg


クロアゲハ_c0104227_19110137.jpg

この後翅表の前線にある横長の白斑が♂の特徴のようです。
クロアゲハ_c0104227_19112014.jpg


クロアゲハ_c0104227_19120645.jpg
お目当ての鳥さんには会えませんでしたが……。よい時間を過ごしました。


by nenemu8921 | 2019-08-06 20:28 | 昆虫・クモなど | Comments(6)

カラスアゲハ

久しくご無沙汰しました。
不注意から指を痛めてしまいました。
ギブスをはめられ、不自由な生活を強いられました。(泣)
不在中にご訪問くださった方々、ごめんなさい。
セイタカシギの物語の途中でしたが、心機一転して、再開します。

出先から新宿御苑に立ち寄った折、出会いました。
アベリアの花は花期も長く、多くの昆虫を養ってくれますね。
カラスアゲハだと思うのですが。
カラスアゲハ_c0104227_19530061.jpg

目の前でチラチラ飛びながら吸蜜していたので、ドアップで撮影できました。
カラスアゲハ_c0104227_19532714.jpg

開翅すると、こんなにきれいな瑠璃色だったとは!!
右の尾状突起が破損していて残念。
カラスアゲハ_c0104227_20271492.jpg


カラスアゲハ_c0104227_19545175.jpg

カラスアゲハ_c0104227_19551293.jpg
でも、ひと時楽しませてくれました。チョウチョさん、ありがとう。


追記
ホワイトさん一家のその後を気にかけてくださる方からご丁寧なメールもいただきました。
ありがとうございます。セイタカシギの撮影は途中であきらめざるを得ない状況でしたが、
それでも画像がたくさんありすぎて、容易に編集ができません。
いずれ、折を見て又お目にかけます。




by nenemu8921 | 2019-07-27 21:34 | 昆虫・クモなど | Comments(14)

丹生湖で出会ったもの

丹生湖(ニュウコと読みます)にご案内いただきました。
湖と言っても湖面はほとんど草地になっていますが、
残った湖からはワカサギが釣れるとか。
周囲4キロほどを虫探ししながらゆっくり歩きました。
すると、珍しい虫に出会いました。
クロハネシロヒゲナガ(チョウ目ヒゲナガ科) Nemophora albiantennella
その名の通り長い白髭が特色です。叢をふわり、ふわりと飛んでいます。
クリックして大きな画面でご覧くださいね。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_22054142.jpg

丹生湖で出会ったもの_c0104227_22052840.jpg

クサノオウの花に止まってくれましたよ。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_22070522.jpg

クレソンの花にやってきたのはスジグロシロチョウでした。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_21105355.jpg

丹生湖で出会ったもの_c0104227_21110094.jpg

シリアゲですね。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_21104756.jpg

カワトンボの仲間のようです。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_21114628.jpg


ブローチにしたいような美しい虫。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_21214469.jpg


白い蛾(蝶?)を食べてしまったクモ君の名前は?
丹生湖で出会ったもの_c0104227_21320210.jpg

ケーン、ケーンという雉の声が響いていました。
姿を見たのはかなりの距離があったところでした。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_22071782.jpg

 ……ひかって華奢にひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら白い雲
すっかりアカシアづくりになった
(略)
          詩「半蔭地選定」

白い雲をアカシアの花の群がりに形容している
丹生湖で出会ったもの_c0104227_22184952.jpg
賢治のアカシアはハリエンジュのこと。
ニセアカシアともいう。
以前、賢治のアカシアについては解説したので、繰り返しません。

丹生湖で出会ったもの_c0104227_22190094.jpg

ホタルカズラ
貝の火が今日ぐらい美しいことはまだありませんでした。それはまるで赤や緑や青や様々の火がはげしく戦争をして、地雷火をかけたり、のろしを上げたり、またいなずまがひらめいたり、光の血が流れたり、そうかと思うと水色の焔が玉の全体をパッと占領して、今度はひなげしの花や、黄色のチューリップ、薔薇やほたるかずらなどが、一面風にゆらいだりしているように見えるのです。 童話「貝の火」
ここでも、ホタルカズラの花は、「貝の火」の輝く形容として登場する。
丹生湖ではひっそりと咲いていました。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_22231322.jpg

クサボケ
この花は賢治作品に登場しません。
丹生湖で出会ったもの_c0104227_22225130.jpg
たくさんの植物や昆虫に出会ったので、とてもよい観察会でした。
友よ、ありがとうございました。

予約投稿です。数日出かけます。



by nenemu8921 | 2019-05-18 20:00 | 昆虫・クモなど | Comments(5)

花への来客

友人の写真展へ行ったついでに牡丹寺と呼ばれる素朴なお寺に立ち寄りました。
牡丹だけでなく、花々が咲き乱れる美しい境内でした。
境内というより、和風ガーデンという雰囲気です。最近人気の園芸草花が多かったので。
何か、牡丹に撮らされてしまうなあと思いつつ、ぼっーとしていたら、友人が「面白いものがあるわよ」と声をかけてくれました。
カンガエル君かな!くつろいでいましたよ。 
花への来客_c0104227_17550088.jpg
虫の苦手な人はスルーしてね。
花が主役ではないのです(^_-)-☆

こちらにはヒラタアブかな?
調べようとしたら、すごくたくさん種類があってお手上げです。
ヒラタアブ図鑑でも未同定というのがたくさんあって、(@_@)
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/07hae/hirataabu/
花への来客_c0104227_18043442.jpg

これもアブの仲間でしょうか。ヤマブキソウにやってきた子です。
横位置で、宝石のように輝いていたのですが…。
花への来客_c0104227_16554649.jpg

向きを変えて光り輝く翅をじっくり撮りましたが…。
花への来客_c0104227_16555665.jpg

咲き始めた藤棚の周囲でぶんぶんと飛び回っていた子は?
花への来客_c0104227_16551589.jpg


クマバチ君ですよね。練習のためにパチリ。
鳥よりも蝶よりも難しい(汗)

花への来客_c0104227_16552004.jpg


キンポウゲ(賢治の好きなバターカップですね)の花びらの上にいたのは…。
これぞ、ゾウムシの仲間でしょうか!
ブロ友さんのページで拝見したけれど、初めて実際の出会いに感激!
しかし、こんな、こんな小さい虫だったの!!

花への来客_c0104227_16561805.jpg



枯葉の上で確かにパタッとしたけれど。
見つけましたよ。カレハガの仲間かな?
花への来客_c0104227_16570654.jpg



擬態に自信があるのか、その後じっと枯葉状態。
みどりの葉っぱのステージに移動させてパチリ。
花への来客_c0104227_16571459.jpg


オウバイの花にいたのは長い脚の蜘蛛でしょうね。
花への来客_c0104227_17545378.jpg


モミジイチゴの花にやってきたのはだいぶ大きくなったヤブキリちゃん。
花への来客_c0104227_18045096.jpg

毎年、季節ごとに同じような花を同じようにしか撮れないので、飽きちゃいました。
それで、今回は出会った花たちへやってきたお客様でした。



by nenemu8921 | 2019-04-24 22:55 | 昆虫・クモなど | Comments(10)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る