ヘンルータ→ルー

(略)
北の和風は松に鳴り
稲の青い鑓ほのかに旋り
きむぽうげみな
青緑或はヘンルータカーミンの金平糖を示す
(略) 
                     詩ノート〔午はつかれて塚にねむれば〕


c0104227_2356380.jpg

c0104227_9391526.jpg
ルー(ミカン科ヘンルーダ属)
ヘンルーダ(ヘンルータ)は、江戸期にこの花が渡来したときのオランダ語が訛ったたもの。英語ではコモンルー(common rue)あるいは単にルー(rue)と言う。学名は Ruta graveolens 。
最近ではハーブ・ブームで、ルーまたはヘンルーダで流通している。
地中海沿岸地方の原産の多年草。樹高は50cmから1mほど。
シェークスピアにもギリシャの自然誌にも登場する由緒正しい薬草で、魔女を追い出し、疫病を払うと伝えられてきた。柑橘にも似たこの香りは、ネコが嫌がるというので猫寄らずという別名もある。わが「下ノ畑」の隣人は猫よけに植えている。

c0104227_0165823.jpg
ウマノアシガタ(キンポウゲ科キンポウゲ属)←きむぽうげ
草原や水田の畦にも多い多年草で、賢治はよく目にしたと思う。お気に入りだったようだ。他の作品ではバターカップという英名でも、しばしば登場する。

キンポウゲ(ウマノアシガタ)の花後の果実を見て、このルーの果実も、似ていることを想起したのであろう。どちらも金平糖に似ていることからの連想。
カーミンは、carmine(英・深紅色の)か? 日本で流通しているルーは、殆んど黄色い品種で、紅いルー(ヘンルータカーミン)は、市場にはないという。宮沢賢治の博識には驚くばかりだが、実際にこの花を見る機会はあったのだろうか?書物からの知識だろうか。
# by nenemu8921 | 2007-07-16 00:18 | 植物 | Comments(5)

ザクロ

     〔九月一日〕

 どっどどどどうど どどうど どどう
 ああまいざくろも吹きとばせ
 すっぱいざくろもふきとばせ
 どっどどどどうど どどうど どどう

 谷川の岸に小さな四角な学校がありました。
 学校といっても入口とあとはガラス窓の三つついた教室がひとつあるきりでほかには溜りも教員室もなく運動場はテニスコートのくらゐでした。
                                       童話「風野又三郎」


c0104227_0151787.jpg

c0104227_0155057.jpg

ザクロ〔ザクロ科ザクロ属〕柘榴 石榴
庭木、盆栽など観賞用に栽培されることが多く、矮性のヒメザクロ(鉢植えにできる)や八重咲きなど多くの栽培品種があり、古典園芸植物のひとつでもある。

本篇をのちに全面的に改作、発展したものが、賢治の代表作の1つである「風の又三郎」である。
冒頭の歌もざくろではなく、青いくるみやすっぱいくゎりんが登場する。
「風野又三郎」では、又三郎は風の精というよりは、気象化学に基づいた風の擬人化といった趣が強い。
物語には二百十日の台風の到来が組み込まれている。

今夜、日本列島は季節外れの台風襲来で雨風が吹き荒れている。
先日、近所の寺院の境内で撮ったこのザクロの実も、もう吹き飛ばされているかもしれない。
# by nenemu8921 | 2007-07-15 00:35 | 植物 | Comments(2)

チーゼル



  どこからかチーゼルが刺し
  光パラフヰンの 蒼いもや
  わをかく わを描く からす
  烏の軋り……からす機械
(略)
                詩「陽ざしとかれくさ」
c0104227_1775534.jpg

チーゼル(マツムシソウ科ナベナ属)
ヨーロッパ原産の二年草、葉は皮針形。6~8月ごろ、淡紫色の細かな花が密生した大きな頭状花序をつける。果実の穂にある小包片は極めて多数で、先端が鉤(かぎ)状になっているので羅紗製造の際、起毛に用いる。
別名を羅紗掻草(らしゃかきぐさ)、鬼ナベナとも言う。

c0104227_2054162.jpg


この作品に関して賢治の弟の宮沢清六さんが、解説めいたていねいなご文章を残している。
「あたりがしんと静まり、気圧の重さで空気がみんみん鳴るようでもある。
実習服の破れ目か首すじからか、枯草がチクチクからだを刺し、丁度、薊刷毛(チーゼル)でもからだのなかにあるようだ。
そこで向きを変えれば、杉の梢が1列目に見えてくる。
実習の疲れと、空腹のために意識がぼんやりし、だんだん足も頭も軽くなって、からだが空気の中に浮び上り、目の前に青く光ったパラフィンのもやのようなものが見えてくる。」
(略)」
                                     『兄のトランク』(筑摩書房)より。




   
# by nenemu8921 | 2007-07-12 17:12 | 植物 | Comments(4)

セイタカシギ ヒナ誕生

セイタカシギのヒナ誕生の知らせを頂き、ようやく会いに行ってきました。

1、7月1~2日に生まれました。
c0104227_2315881.jpg

2、ムッキーとモッキーです。
c0104227_23122100.jpg

3、、ひとりで遠くへ行ってはいけませんよ。
c0104227_233584.jpg

4、だいじょうぶだい、おさんぽしてこよっと。~~~~
c0104227_2324283.jpg

5、ブルブル、ブル……。ああ、こわかった。大きな長いものがぼくをにらんだよ。
c0104227_2322176.jpg

6、それは蛇っていうんだよ。もう、だいじょうぶよ。さあ、翼にお入り。
c0104227_2302039.jpg

7、ムッキーも無事でよかったね。ほら、翼は2つあるからね。
c0104227_2305980.jpg

8、ほーらね、あたたかいでしょ。
c0104227_2259553.jpg

小雨の中、あのヤンママはがんばっていました。
オオヨシキリでも、ツバメでもテリトリーにちょっと入ると、すごい剣幕で威嚇して追い出していました。
でも2羽のヒナはチョコチョコとよく歩き、時々甘えるように親鳥の翼の中で休んでいました。
もちろん、パパも協力的です。交代でヒナの面倒を見ています。パパ(♂)とママ(♀)の違いはわかりますか。

9、パパ。お兄ちゃんばかり!! ずるいよォ。ぼくも入れてよ。
c0104227_0203093.jpg


セイタカシギ(チドリ目セイタカシギ科)
1960年くらいまではまれな旅鳥であったが、最近では渡来記録もふえ、愛知、千葉では繁殖
例も多く、留鳥化している。

谷津干潟観察センターの職員の話では
今年は、この周辺で、セイタカシギの営巣が7例確認されたが(同じカップルが2回営巣した例もある)、これまでにぶじ成鳥となって巣立ったのを確認できたのは1羽のみとのこと。
セイタカシギは地上の浅いくぼみに貝やアシの茎を敷き、巣をつくり、ふつう4卵産むが、ここ谷津干潟では淡水池に、鳥たちの休憩用にとつくられたお立ち台(?愛称)です)で、営巣するケースが多いという。
この若いカップルも4つ産卵したが、蛇かカラスか、天敵に1卵はとられ、3羽が7月1日から2日にかけて孵化した。最初に孵化した1羽は不幸にも巣から水に落ち、這い上がることができなかったという。実際野生の生物がぶじ大人になれる確率は驚くほど低いのだ。
けれども残りの2羽のヒナはこのように元気で、すくすく成長している。
どうか無事に成鳥になって、大空に羽ばたいて行くことができますように。
(下手な写真にお付き合いさせて恐縮です)
# by nenemu8921 | 2007-07-11 00:07 | 番外 | Comments(8)

グラジオラス

一九二五、 十一月十日。
 今日実習が済んでから農舎の前に立ってグラジオラスの球根の旱(ほ)してあるのを見てゐたら、武田先生も鶏小屋の消毒だか済んで、硫黄華(いおうか)をずぼんへいっぱいつけて来られた。
そしてやっぱり球根を見てゐられたが、そこから大きなのを三つばかり取って僕に呉れた。
僕がもぢもぢしてゐると、これは新しい高価(高)い種類だよ。君にだけやるから来春植えてみたまへと云った。(略)
                                         「或る農学生の日誌」


c0104227_0111560.jpg

グラジオラス(アヤメ科グラジオラス属)
アフリカや地中海沿岸などを原産地とする園芸植物。春に球根(球茎)を植え、夏に赤、黄、白などの花を開花する。葉(一説には花が咲く前の一連のつぼみ)が剣のようなのでGladius(ラテン語で「剣」)にちなんで名づけられた。別名、トウショウブ(唐菖蒲)、オランダショウブ(阿蘭陀菖蒲)。

最近宮沢賢治とグラジオラスをめぐって興味ふかいエピソードが紹介されている。
「森のミュージアム・賢治とモリスの館」さんに拠れば、
花巻市桜町の「賢治詩碑」、つまり羅須地人協会の跡地に隣接する協会メンバー故伊藤克己氏宅(現在、伊藤明治宅)で、協会メンバー2世(妻、弟、甥、息子、娘等)9名参加による座談会が開かれました。とあり、

 「ある時先生から、グラジオラスを植えてみませんかとすすめられました。
グラジオラスというのはどんな花ですかと聞き返しましたら、
ナガラベットのことだということがわかりました。
それならうちの庭にも沢山ありましたし、あまり気乗りがしませんでしたが、
せっかくすすめられるものですから植えてみることにしました。
 夏がやって来て、新しく植えたグラジオラスが次から次へと咲き始めました。
花は赤、白、黄、紫と全く色とりどりのきれいな花なのです。
うちにあるナガラベッドとはあまりにも違う花なのでびっくりしました。
グラジオラスは忽ち近所の評判になり、わざわざ見に来る人もたくさんありました。
その花はたいてい近所の人に分けてやりました。」と、
羅須地人協会2世の座談会の一部が紹介されている。

宮沢賢治は、羅須地人協会時代に、近隣の人へ、グラジオラスの栽培を進め、たいそう立派な花を咲かせて話題になったということですね。
きっとそれは「新しい高価(高)い種類」だったのでしょう。

でも、ナガラベット?とは
ナガラベットとはグラジオラスの方言でしょうか?
日ごろ、何かとご教示を頂く壺中人さんから、森口多里著「町の民俗」(三國書房・昭和19年初版)をご紹介いただいた。
岩手県水沢出身の民俗学者、森口氏は「大正初年から昭和18年までの間帰郷の折々に聞いて書きとめておいた」もろもろの話を郷土にたいする愛情と家に対する郷愁を随筆の形式で表白したものとはしがきで述べているが、宮沢賢治の時代でもあり、地理的には花巻に近い水沢が舞台で、読んでみると、たいへんに興味深い内容が詰まっている。
そして、「動植物と方言」の章に、
「母がグラジオラスを「ナガラ別當」と呼んだのは一個人の瓢軽な思いつきだつたのであらう。花茎が長くステッキのように延びるからである。」とあった。
ふーむ、ナガラベットはナガラ別当なのだ!!と驚いたが、若い読者にはぴんと来ないかもしれない。
蛇足を承知で、補足させて頂くと、別当(べっとう)は、本来、本官を持つ者が他の管轄の役職を持つ場合に、それを補佐する役職名だそうで、このことから転じて、以下のような複数の意味を持つ。
①律令制度の下で、令外官として設置された検非違使庁や蔵人所の長官。
②平安時代以降の院、親王家、摂関家の政所の長官。鎌倉幕府の政所、侍所、公文所などの長官。
③東大寺、興福寺、四天王寺などの諸大寺で、寺務を司る者。なお、僧侶身分では無い者が別当に就任した場合にはそれを「俗別当(ぞくべっとう)」と呼ぶ。
④神宮寺の寺務を司る者。検校に次ぐ。別当がそこに住んだことから神宮寺の一部を別当寺とも言う。それを指す場合もある。
⑤当道座における盲人の官位の1つ。検校に次ぐ。
⑥日本人の姓の1つ。別当薫(元プロ野球選手)など
⑦かつての厩務員の呼称。

「どんぐりと山猫」に登場する馬車別当は⑦の厩務員(きゅうむいん)の呼称に当るのでしょうね。
ここでは⑤の盲人のお役人といったところで、それゆえに杖が登場するのでしょう。

つまり、簡単にいってしまえば、グラジオラスの花茎が杖のように長く伸びることから、盲人のお役人の使うステッキ(杖)を連想してのネーミングだったというわけですね。
森口氏の母上の一個人の瓢軽な思いつきだつたのか、どうか。賢治の時代、羅須地人協会周辺の人達もまた、グラジオラスのことをナガラベットと呼んでいたというわけです。
# by nenemu8921 | 2007-07-09 00:15 | 植物 | Comments(9)
つめたいゼラチンの霧もあるし…(略)

またこめつがは青いザラメでできてゐて
さきにはみんな
大きな乾葡萄(レジン)がついてゐる
みやまういきょうの香料から
蜜やさまざまのエッセンス
そこには碧眼の蜂も顫へる
          詩「山の晨明に関する童話風の構想」

c0104227_10541793.jpg
この画像は岡山理化大学波田研究室からお借りしました
コメツガ(マツ科ツガ属)米栂
亜高山帯にふつうに生え、高さ20~25mになる常緑高木。乾葡萄(レジン)とは、この球果を見立てたもの。はじめ緑紫色で、成熟すると褐色になる。

c0104227_9353449.jpg
画像提供はは「可児からの山歩き」さんです。
ミヤマウイキョウ(セリ科シラネニンジン属)深山茴香
高山の岩石地に生える多年草。高さ10~40cmになる。和名は漢方薬に使われる茴香に葉が似ているため。しかし、薬効も香りもないと図鑑にはある。

c0104227_936849.jpg
これはわが「下ノ畑」でいま満開のフェンネル
ウイキョウ←フェンネル(セリ科ウイキョウ属)
最近ではハーブ・ブームでフェンネルという名前の方がよく知られている。
ヨーロッパ原産の多年生草本で、茎は直立し高さ1~2m、上部で分枝する。全草黄緑色、独特な香りがある。果実は卵状楕円形の双懸果で、長さ3.5~8mm、幅1~2.5mmで香りが強い。花期は夏。

「山の晨明に関する童話風の構想」は、早池峰山の夜明け(晨明)の美しさを高らかに歌い上げたすばらしい作品だ。ここでは自然の現象や風物をすべておいしそうな飲み物や食べ物に見立てている。
ミヤマウイキョウとは賢治の造語かと思っていたが、調べてみると、実在する植物だったので驚いた。ウイキョウ(フェンネル)は、茴香入りボンボン(媚薬)として「サド公爵夫人」(三島由紀夫)にも登場し、芳香や薬効が古くから知られているが、ミヤマウイキョウを登場させたのはイメージだろうか。つまりウイキョウを爽やかなイメージに進化させたような。だが、この花も賢治の好きな月光色の散形花だ。
早池峰山に、ミヤマウイキョウは自生したかどうか不明。ご存知の方がいらしたらご教示願いたい。
# by nenemu8921 | 2007-07-06 10:32 | 植物 | Comments(2)

ヤブカンゾウ←わすれ草

種山ヶ原の 霧の中で刈った草さ
わすれ草も入ったが、わすれだ 雨ふる
                  歌曲「牧歌」


c0104227_2330107.jpg

ヤブカンゾウ(ユリ科ワスレグサ属)藪菅草←ワスレグサ
本州以南の野原や薮などに群生する。多年草。本来は中国原産だが、古い時代に渡来し広がった 。万葉集にも唄われている。中国では「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。憂さを忘れるほどの美しい花といった意味が和名の由来というが諸説ある。方言ではなくて、れっきとした古語である。
わたくしの「下ノ畑」の土手で、今年も咲き始めた。

劇「種山ヶ原の夜」の劇中歌。
「入ったが」はへったがと読む。「雨ふる」はあみゃふると読む。
朗読は難しいがみんなで歌えば、コワクナイ歌です。
# by nenemu8921 | 2007-07-05 10:10 | 植物 | Comments(2)

キキョウ

(ああ、もう明るくなって来た。空が明るくなって来た。きれいだなあ。おい。)
 深い鋼青から柔らかな桔梗、それからうるはしい天の瑠璃、それからけむりに眼を瞑るとな、やはりはがねの空が眼の前一面にこめてその中にるりいろのくの字が沢山沢山光ってうごいてゐるよ。くの字が光ってうご……。  
                                         初期短編綴等「柳沢」


c0104227_1726329.jpg

キキョウ(キキョウ科Platycodon属)桔梗
多年性草本植物。山野の日当たりの良い所に育つ。日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。秋の七草のひとつとして親しまれている。万葉集のなかで秋の七草と歌われているアサガオは本種であると言われている。

「柔らかな桔梗」はあけがたの空の形容。鋼青(こうじょう)は賢治の造語だが、空の形容に頻出する。新しく灼いたばかりの青い鋼の板のやうな質感を鋼青と表現することが多い。
ここでは、その鋼青の空が柔らかな桔梗色に変化し、やがて瑠璃色の晴れた空が広がることをイメージしている。
# by nenemu8921 | 2007-07-02 17:48 | 植物 | Comments(4)
鈍い月あかりの雪の上に
松並の影がひろがってゐる
ひるなら碧く
いまも螺鈿のモザイク風した影である
こんな巨きな松の枝さへ落ちてゐる
このごろのあの雨雪で折れたのだ
そこはたしかに畑の雪が溶けてゐる
玉葱と ペントステモン
なにかふしぎなからくさ模様が
苗床いちめんついてゐる
           詩〔鈍い月あかりの雪の上に〕


c0104227_22414386.jpg

ペンステモン(ゴマノハグサ科ペンステモン属)
北アメリカ原産の秋播き1年草。最近では非常にたくさんの園芸種がある。ペンステモンという名で流通しているが、別名をツリガネヤナギともいう。もともとは宿根草だが、高温多湿に弱いため1年草扱いにされることが多い。花期は5~6月。ペンステモンは5本のおしべの意味だという。

「新宮沢賢治語彙辞典」でイワブクロとしているのは明らかな認識不足である。
詩の内容から、まだ雪の季節であるが、雨混じりになってくれば、春も遠くない。秋に蒔いた玉葱やペンステモンの苗床を気にかけているのが察せられる。賢治は、「下ノ畑」を耕作していた時期には当時としては珍しい園芸種の花も数多く育てていた。高山植物のイワブクロを畑に植えるようなことはしない。

ツリガネヤナギは、名前も花もいかにも賢治好みである。
# by nenemu8921 | 2007-07-01 23:13 | 植物 | Comments(2)

こけもも←フレツプス

(略)
たしかに日はいま羊毛の雲にはひらうとして
サガレンの八月のすきとほつた空気を
やうやく葡萄の果汁(マスト)のやうに
またフレツプスのやうに甘くはつこうさせるのだ   
(略)                  詩「樺太鉄道」   


c0104227_18144538.jpg

コケモモ(ツツジ科スノキ属)苔桃
高山の岩地やハイマツの下に群落をつくって生える落葉小低木。6~8月に、白色またはやや赤みを帯びた長さ約6mmの鐘形の花を開く。液果は直径5~7mmの球形で赤く熟し、食用となる。

アカモノ(ツツジ科シラタマノキ属)
山地帯から高山帯の乾いたところに生える常緑小低木。茎は地面を這い、高さ10~20cmになる。若枝には赤褐色の開出毛がある。6~8月に上部の葉腋に長さ7~8mmの鐘型の白花をつける。果実は赤く熟す。和名は赤桃の転化ではないかという。別名をイワハゼとも言う。

mayahaさんからご指摘を頂き、訂正しました。
ありがとうございました。 
今後とも、皆さん、お気づきのことがあればお教えくださいね。

フレップスはコケモモ、ツルコケモモ、クオマメノキ、クロウスゴ、ガンコウラン、ケヨノミ等の液果の総称である。このアカモノの実もフレップスといえそうですが。
アイヌ語のフレプ(エゾイチゴの意)からきているらしい。
賢治作品では花は語られずフレツプスのイメージが多い。

追記
イーハトーブの友からコケモモの画像が送られてきました。
ようやく、ここ数日で咲き始めたようです。
c0104227_19271791.jpg

# by nenemu8921 | 2007-06-28 18:35 | 植物 | Comments(4)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921