5月の箱根湿性花園

富士花鳥園の翌日はカンカン照りの中で箱根湿性花園での撮影会でした。(>_<)
数年前、ここを訪れたときは広い野原という印象でしたが、たくさんの高山植物や園芸種が植栽されていました。
新しいソニーのカメラに慣れず、あまり気がのらない撮影会でした。

でも一番目立ったのはサラサドウダンです。
c0104227_14434304.jpg


クリーム色のサラサドウダンは初めて見ました。
c0104227_11084775.jpg

数が多かったのはチョウジソウ。
一面咲いていましたが、緑の葉が目立ち、花は野の花らしくひそやかな風情です。
c0104227_11065533.jpg



これはエゾノハナシノブ(蝦夷花忍)
c0104227_11145082.jpg

ヒメサユリ こんなところで出会うなんて(@_@)
c0104227_11071873.jpg


木立の藪の中でひっそり咲いていたカザグルマ
c0104227_12415386.jpg

ヒマラヤの青いケシ
種類も数も多かったけれど、動物園のパンダのように特別製のスペースに
植栽されていました。
でもね、湿潤のオリザの国の気候はヒマラヤの高原とあまりに違いすぎて可哀そう…。
花は終盤で、格別暑い日でしたから、ぐんにゃりしていました。
c0104227_12494091.jpg

c0104227_13012814.jpg

ミヤマオダマキでしょうか。
c0104227_12550888.jpg

ワスレナグサですね。
c0104227_12552956.jpg
他にもたくさんの高山植物やサクラソウの鉢植えもありました。
次回はいい条件で撮影したいなあ。
でも、天候ばかりは思い通りになりませんねえ。


# by nenemu8921 | 2018-06-14 14:50 | 植物 | Comments(5)

あじさいいろ

紫陽花の季節になりましたね。
先月、富士花鳥園で撮影しました。
ここは一年中ペチュニア ベゴニアですね とフクシャの花盛りで有名ですが、
紫陽花の種類も多かったです。

c0104227_19074640.jpg
(略)
(どの藪もみんな花咲いてゐます)
(ほうこの風あぢさいゐろだ)
(略)
              詩「林学生」(下書稿一)


宮沢賢治があじさい色と形容したのは風でした。
c0104227_19080244.jpg
母よ
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
(略) 
              三好達治「乳母車」

三好達治が紫陽花いろと形容したのは雨ですね。
c0104227_19183368.jpg


しかし、こんな多彩な紫陽花の花色を見たら、詩人たちの表現も変わっていたかしらね
c0104227_19180713.jpg


c0104227_19072472.jpg

c0104227_19083633.jpg

さいごのおまけは花鳥園名物のペチュニア ベゴニアです。
ベゴニアと思えないくらいゴージャスな花でした。
c0104227_19090323.jpg
勘違いしていましたね。花の名前。konekoさんにご指摘いただき、訂正しました。ありがとう。




# by nenemu8921 | 2018-06-11 19:56 | 植物 | Comments(6)

セイタカシギファミリー

大雨の翌日、気になって、所用の帰りにセイタカシギを訪ねました。
2羽のヒナは無事でしたが、巣は水没していました。
親たちは交代でヒナの面倒を見ていました。
ついつい日暮れまで目を離せませんでした。
葦原のオオヨシキリとウシガエルの大合唱は夕方になるといっそう声を張り上げていました。
c0104227_22150537.jpg

c0104227_22144151.jpg

c0104227_22212020.jpg

c0104227_22215872.jpg
たくさん撮影したので、画像の整理ができません。とりあえずの報告です。
画像はぜひクリックしてご覧くださいね。



# by nenemu8921 | 2018-06-08 22:52 | 鳥・動物 | Comments(10)

生まれました!! セイタカシギです!!

今年もセイタカシギのヒナが可愛い姿を見せてくれました。
今日生まれた子です!
c0104227_21322327.jpg

c0104227_21310166.jpg


c0104227_21172461.jpg

c0104227_21324835.jpg

# by nenemu8921 | 2018-06-05 22:34 | 鳥・動物 | Comments(10)

三番瀬のシギチドリ②

キョウジョシギ
小型のシギですが群れになって飛ぶ姿は迫力があります。
c0104227_08465735.jpg


キョウジョシギと言っても……。(京女? 狂女?)
英名は「Ruddy Turnstone」
嘴で石をひっくり返して餌を探す習性からのネーミングだとか。
c0104227_09080754.jpg

c0104227_08471911.jpg

夏羽のトウネン。
小型のシギの中ではこれも数が多いですね。
こんなきれいな夏羽は一時期だけ。
c0104227_08473403.jpg


正面からの表情はフクザツ!
c0104227_08515665.jpg



夏羽のダイゼン。大型のチドリです。
この子も夏は腹黒く?なります。
c0104227_08492176.jpg



翼を広げたダイゼンの後姿とオオソリハシシギ
c0104227_09011701.jpg

オオソリハシシギと入り混じって飛び立つ鳥たち。
c0104227_09235734.jpg


# by nenemu8921 | 2018-05-31 21:12 | 鳥・動物 | Comments(10)

三番瀬のシギやチドリ

この時期、ハマシギの次に数が多いのは
長い嘴が上に反っている大型シギのオオソリハシシギです。
すっかりオレンジ色の夏羽に変身した個体と、まだ冬羽っぽい個体と様々です。
c0104227_19515843.jpg


こんな顔クロ!のオオソリはこの季節だけしか見られません。
それにしても個体差が甚だしいですね。
c0104227_19434747.jpg

c0104227_19441612.jpg

c0104227_19442975.jpg


シギやチドリは、種類も多く、よく似ているので、識別は慣れないと戸惑います。
このオオソリハシシギは、なぜか近年三番瀬では数がぐんと増えました。
c0104227_19444783.jpg


時には群れて飛びます。キョウジョシギ、ハマシギも交じっていますね。
クリックして大きな画像でご覧くださいね。
c0104227_19450102.jpg

干潟に響くホイピピピ……の鳴声。
長い脚で大股に干潟を闊歩するチュウシャクシギです。
嘴が下向きに湾曲しているでしょう。
(ダイシャクシギ、コシャクシギという種類もいますよ。(^^♪
運が良いと行き会えますが、この日はチュウシャクシギ数羽を見かけただけでした。
c0104227_22272623.jpg
干潟に無数にいるカニを捕獲していました。
鳥たちにとっては、ここは貝もカニもたくさんあって、豊かな干潟です。
c0104227_22274059.jpg


# by nenemu8921 | 2018-05-30 17:43 | 鳥・動物 | Comments(4)

5月の三番瀬 ハマシギ群飛

5月の三番瀬ではたくさんのシギやチドリに出会います。
繁殖期を控えて、鳥たちが夏羽になり、1年のうちでも最も美しい時期です。
なかでも1番数が多いのはハマシギです。
ある朝、波打ち際でハマシギの群れに出会いました。
一番手前にいる大きな子はオオソリハシシギですね。
画像はクリックすると、みな大きくなります。
c0104227_23282362.jpg

ハマシギがいっせいに飛ぶ姿は壮観です。
夏羽のおなかが黒いのが目立ちますね。
とても群れ全体を画角に入れることはできません。
c0104227_23292013.jpg



身体を翻すと別の生き物のようです。
c0104227_23295247.jpg

これが三番瀬の典型的な光景です。
c0104227_23310714.jpg


マスゲームを繰り返して、やがてまた着地します。
誰が合図をしているのかしらね。
c0104227_23275715.jpg


うじゃうじゃいて、せかせか餌稼ぎして、集団行動がお好き!
どこかの国民性に似ているかな?
c0104227_21523891.jpg

でも、単独でじっくり見れば、ハマシギもやはり美しい!!
c0104227_23324346.jpg


# by nenemu8921 | 2018-05-28 22:46 | 鳥・動物 | Comments(6)

初夏の大合唱 オオヨシキリ

コアジサシが水辺の夏の使者であれば、こちらは葦原の夏便りですね。
ギョギョシ、ギョギョシ…。にぎやかなこの声を聴くと元気が出ますねえ。
オオヨシキリです。クリックしてご覧くださいね。
c0104227_12533052.jpg


c0104227_12525794.jpg

c0104227_12474426.jpg

c0104227_12523995.jpg
RX10 で写してみました。肉眼ではほとんぼ判別できないほどの距離、小さな小鳥。
どうにか、写っていました。



# by nenemu8921 | 2018-05-26 00:18 | 鳥・動物 | Comments(14)

フクロウの巣立ち

房総の森から今年もフクロウのヒナが巣立ちました。
洞のある大きな樹木がない森です。
保護団体が用意した巣箱で2羽のヒナが巣立ちました。5月半ばのことでした。
c0104227_13090608.jpg


今日巣立つか、明日巣立つかと多くのバーダーをやきもきさせました。
c0104227_13100877.jpg


夕方2羽並んで顔を見せてくれましたが、又巣に戻ってしまいました。
c0104227_13092063.jpg

親鳥は近くの樹のずっと高い枝に止まり、見張り番。
この日の夕方、モグラを咥えてきて、巣には入らず、ヒナたちを促すようにじっと待機。
c0104227_13081701.jpg

この後、私は撮影に行けませんでしたが、友人の話ではその後、ヒナたちはどうにか巣立ったものの、枝から落下したりして、四苦八苦だった様子です。
元気でビッグファミリーを形成してほしいですね。


# by nenemu8921 | 2018-05-23 13:29 | 鳥・動物 | Comments(8)

コアジサシ

コアジサシの飛ぶ姿を見ると、ああ、夏だなあ!と感じます。
群れの中のカップルに目を止めました。
これって、愛の風景かな。

c0104227_11570305.jpg
c0104227_11174703.jpg
c0104227_11175563.jpg
c0104227_11181703.jpg
c0104227_11182287.jpg
c0104227_11182674.jpg
c0104227_11183403.jpg
c0104227_11183967.jpg


# by nenemu8921 | 2018-05-23 08:06 | 鳥・動物 | Comments(2)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る