人気ブログランキング |

タグ:カンパニュラ ( 1 ) タグの人気記事

下ノ畑 5月の今① 青い花

           桜が散ってしまうと、後は、次々に花が咲き始め、
               季節の巡るのが加速されるように感じます。
                寒い時期に待ち続け、ようやく咲いた花。 
                    「わあ、咲いてくれたね」と思い、見とれて、
                         撮ろうと思っている間に
                         タイミングを逸してしまうことが多い。
                     確か、去年もそんな風だったわと
                              苦笑しながら
                        下ノ畑で、青い花をさがしました。

c0104227_13582026.jpg
オリスルート(アヤメ科イリス属)Iris Germanica var.florentina 別名ニオイアヤメ
香水の原料になるアイリス。やさしいブルーで、次々と咲く。香もやさしい。
G.V .さんのガーデンからちいさな根茎を一つ貰って、埋めておいたのが大きな株になったので、
昨年、小分けにして友人に差し上げ、下ノ畑でも土手の下でも小分けにしたのを植えた。
今年は株は小さいがどの株も律儀に花をつけた。
外来種のアイリスは、みな丈夫で、花つきもよい。あっという間に時期が過ぎてしまいます。
賢治作品に登場するアイリスは日本アヤメですが、メモフローラには外来種のアイリスの記載もあります。
いずれ…。


c0104227_13472320.jpg
c0104227_13475591.jpg
ベロニカ・ブルーフォンティーン(ゴマノハグサ科ベロニカ属 )別名 ルリトラノオ
丈夫な宿根草です。春になると黙って芽を出し、ぐいぐい伸びて花を咲かせます。


c0104227_21354863.jpg

c0104227_21384943.jpg
カンパニュラ・アルペンブルー(キキョウ科)
ちいさな青い星です。毎年あきれるほど花をつけます。名前も色も形も賢治好みです。

c0104227_0313019.jpg
ヤグルマソウ(キク科セントウレア属)矢車草
ヨーロッパ原産の一年草。子どものときから庭にあったような気がするなつかしい園芸植物。やっぱりブルーが好き。

c0104227_0321085.jpg
ミヤマオダマキ(キンポウゲ科オダマキ属)深山苧環
本来は名前のとおり高山植物なのでしょうね。友人から戴いたもの。毎年花をつけるが、株は大きくならない。
これだけが1ヶ月前の画像です。去年も紹介できなかったので。


c0104227_21412761.jpg
タツナミソウ(シソ科タツナミソウ属)立浪草
路傍でも見かける野草です。でもガーデンで大事にしています。
えっ、ブルーに見えないですか?

でも、本格的ピンクはこちらです。(隣人のG.V.さんのガーデンから)
c0104227_21455357.jpg

by nenemu8921 | 2010-05-24 08:27 | 私の「下ノ畑」 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る