人気ブログランキング |

タグ:シャクナゲ ( 1 ) タグの人気記事

ネパールで出会った花

         ネパールでは今の季節は乾季で、
                 山はくっきり見えますが、
                       植物はほとんど枯れ枯れしています。
             雨季(モンスーン)が5月末から9月末、
                          そのころが一番植物がたくさん見られるそうです。
                 でも、その時期は、山はかすんでいい写真は撮れません。
               やっぱり2回行かないと納得できないところなのかもしれません。

   それでも、標高の低いルクラ(標高2804m)あたりでは、シャクナゲもだいぶ開いていました。
c0104227_1824260.jpg
ラリーグラスと
呼ぶ人が多かったです。
c0104227_1831763.jpg
c0104227_184622.jpg


プリムラはルクラからパクディンへ行くルートでたくさん見かけました。
c0104227_18243166.jpg
c0104227_18245523.jpg
賢治の愛した日本サクラソウとも、最近たくさん出回っている西洋サクラソウともちょっと違う花ですね。

c0104227_211116100.jpg
雨季になると、この花がびっしり地面を覆うとセルセパは言っていました。壮観でしょうね。

c0104227_21132763.jpg
マメ科でしょうね。テントウムシも馴染み深い。

c0104227_2116111.jpg
地面からいきなり花を咲かせるみたいなアイリスの花。これはナムチェ(標高3800)あたりに多かったです。

c0104227_21395243.jpg
シャクナゲと同じくらい多かったこの花は馬酔木の仲間でしょうか。びっしりと咲いていました。何処にもたくさんありました。
c0104227_21413184.jpg


総して日本でおなじみの植物が多く、環境が違うために、ちょっと変っているわねという風でした。
つまり、心落ち着く植物相でありました。
by nenemu8921 | 2010-04-23 22:10 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る