人気ブログランキング |

タグ:ホウセンカ ( 1 ) タグの人気記事

鳳仙花→ホウセンカ

鳳仙花
実をはぢきつゝ行きたれど
峡のながれの碧くかなしも
                 歌稿352


c0104227_1537175.jpg
ホウセンカ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)鳳仙花
熱帯アジア原産の1年草。本来の花の色は赤だが、園芸品種の花には赤や白のものがあり、八重咲きや距のないものもある。
果実はさく果で、熟すと果皮の内外の細胞の膨圧の差によって弾性の力を蓄積し、弾けて種を遠くに飛ばす。自然に弾ける寸前となった果実は指で触るなどの些細な刺激でも容易に弾ける。属名Impatiens インパチェンス(ラテン語で「我慢できない」の意)もこのことによる
c0104227_15491578.jpg
ツリフネソウ科と聞いて、そーかと思い、探してみるとキツリフネが出てきました。眺めてみると、たしかによく似ていますね。
c0104227_15383224.jpg
キツリフネ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)黄釣船
山中の湿地に生える1年草。賢治作品にはツリフネソウもキツリフネも登場しないのは残念だ。多分しばしば目にすることが多かった植物だと思うのだが。

歌稿352は大正5年7月~に分類されている作品。賢治、盛岡高農2年生。20歳。
荒川上流という表記がある。
9月2~9日にかけて行われた秩父、長瀞、三峰地方、土性・地質調査見学に参加した折の作品。
峡は秩父周辺の山峡であろう。
by nenemu8921 | 2008-08-28 15:38 | 植物 | Comments(8)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る