人気ブログランキング |

タグ:ミヤコドリ ( 12 ) タグの人気記事

行く鳥、来る鳥。三番瀬びより。①


昨日(4/11)は、素晴らしい一日でした。
朝のひかりがあまりきれいなので、所用は棚上げして、三番瀬へ行きました。
昨夜の雨のゆえか、富士山がくっきり見え、鳥たちも歓迎してくれたのです。
ぜひクリックして大きな画面でご覧くださいね。
繁殖羽のダイサギを前景に。
c0104227_23394408.jpg

そして待望のホウロクシギ。ちょっと遠かったですけれど。
c0104227_23391546.jpg

三番瀬と谷津干潟を行き来しているようです。
飛び立つところは画角からはみ出て捕らえられませんでいた。(-_-;)
一瞬遅れてキャッチしたのがこの一枚だけ。
c0104227_23392071.jpg

ミヤコドリと夏羽に変わりつつあるユリカモメたち。
c0104227_08533722.jpg

c0104227_09021432.jpg



c0104227_09284840.jpg

ミヤコドリの飛翔。気持ちよさそう!
c0104227_09055230.jpg

c0104227_09060037.jpg

ウミアイサの♀です。
c0104227_09480131.jpg

こんなポーズも見せてくれました。
c0104227_09511440.jpg


c0104227_09511131.jpg
今の季節は去っていく鳥たち、やってきた鳥たち。
どちらも見られて最高です。
明日は夏羽のオオソリハシシギをご紹介します。(^_-)-☆









by nenemu8921 | 2019-04-12 09:56 | 鳥・動物 | Comments(10)

夏のよそおい 

久しぶりの三番瀬。
きれいな夏羽になったハジロカイツブリです。
冬羽はやわらかな雰囲気だったのに、
夏羽はなんだか、強そうです(^^)/
c0104227_22133830.jpg
見返りイケメン君でしょうか
c0104227_22134408.jpg
こちらはカップル。
この日は日差しはあったけれど、風は冷たかった。
c0104227_22135180.jpg


ミヤコドリは採餌に夢中。
美味しいアサリがたっぷりあります。
潮干狩りの分は残しておいてね。

c0104227_22143557.jpg
潮が満ちてくれば、移動します。
波に浮いているのはスズガモです。
c0104227_22151611.jpg
スズガモの♂たち。
c0104227_22141153.jpg
こちらが♀。
もうじきお別れだから、時にはアップで撮りますよ(^^♪
c0104227_22141645.jpg

水平線上に鳥の群れ。すごく遠いんです。
ズームを思いっきり伸ばしてみると~。
望遠の圧縮効果で、すぐそこに見えますが。
c0104227_22153294.jpg

漁船の周囲も群がっています。やっぱりカワウでしょうか。
c0104227_22153854.jpg
春は隣まで来ているのに足踏み状態の一日でした。
久しぶりの友人に出会って、おしゃべりができて楽しかった午後でした。
こういうことは実に稀です。


by nenemu8921 | 2019-04-04 21:44 | 鳥・動物 | Comments(4)

ズグロカモメ


出会いましたとも(^^♪ 
不吉な美しい花粉光環に出会った日は、ズグロカモメがお目当てで干潟に立ち寄ったのでした。
c0104227_16554949.jpg


でもね、遠かったです。600mmで撮影してトリミングしてこんな程度です。
c0104227_16555266.jpg


干潟のミヤコドリの小群に少し離れて佇んでいました。
c0104227_16560414.jpg


潮が満ちてくると、やがて彼らはいつもの突堤めがけて飛んでいきました。
c0104227_16585834.jpg

c0104227_16574343.jpg




でもね、海岸をちょこちょこと散歩していたコサギが、
暮れかかった干潟の上で羽を広げてくれました。
ここからはクリックして、大きな画面でご覧くださいね。
c0104227_18230152.jpg

c0104227_18230857.jpg

c0104227_18225471.jpg



「薄暮をまとう」などのタイトルをつけたいショットです。
夕日は最高のスポットライトです。
c0104227_18224613.jpg




c0104227_18232105.jpg
干潟は最近デートスポットになっているようです。
夕方になって訪れるのは若者たち。そして孤独なカメラマン。
富士山が遠くに見えるのがわかりますでしょうか。
この後、不吉な美しい太陽を撮影したのであります。(^.^)/~~~


by nenemu8921 | 2019-03-14 00:33 | 鳥・動物 | Comments(2)

飛ぶ

良いお天気に誘われてぶらりと三番瀬へ。
ハマシギの群れがハヤブサに驚いて飛ぶ。
しかし、遠い!
クリックしてご覧くださいね。
海のきらきらとハマシギの群れが区別つかないでしょう。
c0104227_21043168.jpg

ズームレンズで追いかける。やっ、船と競争だ。
c0104227_21045995.jpg


こちらはハヤブサに動じなかったミヤコドリの群れ。200羽あまり。
1羽がはばたき~。
c0104227_21052387.jpg


続いて数羽がはばたき、みな連動するように動き出す。
c0104227_21054675.jpg



でも、ハマシギに比べれば、動きは緩慢に見える。
c0104227_21060459.jpg


そんなことはない。それぞれは必死なのだ。
c0104227_21063169.jpg


あっという間に遠ざかる。
c0104227_21065543.jpg


こちらも必死にレンズで追いかける。
c0104227_21070995.jpg



対岸の浦安の町までいくつもりですか?
c0104227_21072599.jpg



いいえ、ゆっくり食事したいだけだよ。
c0104227_21074282.jpg


アサリ採りやカメラマンの人の群れからはなれてところでさ。
c0104227_21080045.jpg

ミヤコドリは人嫌いです。
ウミネコやハマシギより臆病というか、警戒心が強いというか、近寄らせません。













by nenemu8921 | 2017-11-05 13:12 | 鳥・動物 | Comments(6)

ミヤコドリ飛来

中潮で晴天でした。
遠くから訪れたバーダーも、貝採りの人も多かったです。
それ以上に多かったのは、ミヤコドリです。300羽は優に超えていました。
よく飛んでくれました。飛ぶ鳥撮影の練習になりました。
ズームレンズで遊びました。
陽が差したり、雲に入ったりの天候でしたが、潮の引いた砂浜はキラキラ光り鏡のようでした。
c0104227_21342035.jpg

c0104227_23415537.jpg

c0104227_23410021.jpg
c0104227_21312255.jpg
c0104227_21335067.jpg



c0104227_23443712.jpg

c0104227_23452145.jpg

c0104227_23541052.jpg

c0104227_23552927.jpg
ミヤコドリ(チドリ目ミヤコドリ科)Haematopus ostralegus 都鳥 

伊勢物語で名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」と歌われているのは、

カモメ科のユリカモメのことで、この標準和名のミヤコドリではない。






by nenemu8921 | 2017-10-10 00:12 | 鳥・動物 | Comments(18)

ミヤコドリ

ミヤコドリといえば、三番瀬に訪れる冬鳥というイメージがありますが、20羽前後のミヤコドリは越夏するようです。
コアジサシの幼鳥を撮影しようと出かけたのでしたが、コアジサシは防波堤に集結して撮影できず。
c0104227_19111968.jpg

東京湾は赤潮が発生してニュースになっていた数日後です。
c0104227_19115683.jpg

やはり海の色が少しおかしかったですね。
c0104227_19120804.jpg


c0104227_19213849.jpg



遠く袖ヶ浦のコンビナートがゆらゆらしていました。
c0104227_19362035.jpg
暑い日が続きます。
画像はクリックすると大きくなります。



by nenemu8921 | 2017-07-17 10:39 | 鳥・動物 | Comments(10)

ミヤコドリ


この日、日が傾き出してから、干潟に降り立ったミヤコドリは5、60羽ぐらい。
小学生らしい男の子が近づいて、あっという間に飛ばしてしまいました。
c0104227_00041773.jpg


飛び立つ一瞬を捉えたかったけれど……。
ちょっとピンが甘いですね(>_<) でも、面白いポーズなので載せちゃう(^_-)
 
c0104227_00303552.jpg


大きく羽ばたいて、いつもの突堤の方へ飛んでいきました。
見守るバーダーからは「ああ…」というため息が漏れました。
c0104227_00324035.jpg

三番瀬に飛来するミヤコドリは1996年以降増加しているそうです。全国の4/5(400羽)ほどが飛来します。
三番瀬周辺以外では、三重県の出雲川河口、五主海岸などの約100羽、和白干潟など九州北部の干潟に約10羽、そのほか、千葉県の九十九里浜や銚子などに約10羽ほど記録があるそうです。
三番瀬に飛来する個体群の繁殖地はカムチャッカだろうと推測されています。
ー三番瀬で、野鳥の調査を続けている田久保晴孝さんの資料からー






More つづきです。
by nenemu8921 | 2016-11-08 10:38 | 鳥・動物 | Comments(12)

ミヤコドリ

三番瀬の鳥といえば、なんといってもミヤコドリです。(この日はウミネコの方が数はずっと多かったけれども)
午後から空も青くなり、時折、お日様も顔を出しました。
c0104227_00311275.jpg


 
c0104227_00254137.jpg
ミヤコドリ(チドリ目ミヤコドリ科) 都鳥 Haematopus ostralegus
古く在原業平に「名にしおはば いざこと問はむ みやこどり 我が思う人は ありやなしやと」と、
謡われ、「都鳥」と、言われてきたのはユリカモメのことだそうです。
c0104227_00212786.jpg
ミヤコドリは、英名は「Oystercatdher」(牡蠣を採るもの)ですが、ここ三番瀬ではよくアサリなどを食べています。


c0104227_11324948.jpg

満潮になると飛んでいきました。ウミネコの若鳥が多かったです。


c0104227_19135750.jpg

どうも新しいルールに慣れず、やり直すことが多く、簡単な編集に時間ばかりかかって、ストレスがたまります。

イイネボタンを設定しました。よろしくお願いします。
コメントは時間がないという方も、「見たよ」の合図で押してくださると嬉しいです。


by nenemu8921 | 2016-09-28 20:06 | Comments(8)

ミヤコドリ

三番瀬の名物といえば、この鳥です。アサリが好物です。

1、
c0104227_062544.jpg


あいにくの薄曇り。赤いお目眼に光が入らないのですよ(>_<)

2、
c0104227_2124826.jpg


この日はだいぶ数が多いようでした。

3、
c0104227_21245039.jpg


じっくり、遊んでもらいました。

4、
c0104227_2126108.jpg


飛んで。

5、
c0104227_21264546.jpg


飛んで。

6、
c0104227_21272596.jpg


失敗しても~。繰り返し、シャッターを押しました。たくさんいるんです。

7、
c0104227_21275636.jpg


あっちの干潟、こっちの干潟…。数羽の群れ。数十の群れ。

8、
c0104227_21283166.jpg


合わせれば、200羽くらいかなあ。

9、
c0104227_21285934.jpg


飛翔を何度も撮りました。同じような構図になってしまいます。

10、
c0104227_21295137.jpg


11、
c0104227_21301222.jpg


今度は晴れた日に、また練習させてね(^_-)-☆
by nenemu8921 | 2016-02-25 06:46 | 鳥・動物 | Comments(24)

三番瀬の鳥たち

潮が引いた三番瀬で、出会った鳥たちです。

シロチドリです。
c0104227_23405685.jpg


c0104227_23413423.jpg


ハマシギはたくさんいます。いつもいつもせかせか餌稼ぎに夢中です。
c0104227_2354714.jpg


c0104227_2354509.jpg


c0104227_23551497.jpg


ダイゼン。ここで見かけるときはたいてい単独行動をしています。
c0104227_013450.jpg


c0104227_02617.jpg


c0104227_023190.jpg


ユリカモメ。1羽だけ出会いました。
c0104227_031185.jpg


c0104227_033550.jpg


c0104227_04645.jpg


ミヤコドリはたくさんいます。逆光で目の光りを入れるのが難しかったです。
c0104227_044116.jpg


c0104227_05310.jpg


c0104227_053148.jpg

by nenemu8921 | 2015-12-14 01:05 | 鳥・動物 | Comments(12)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る