人気ブログランキング |

タグ:ルリビタキ ( 6 ) タグの人気記事

小鳥たち①

峰公園に一番多いのはシジュウカラとヤマガラです。たくさんいました。

c0104227_16371182.jpg


c0104227_11580556.jpg
c0104227_11564462.jpg
c0104227_11562595.jpg


久しぶりに出会ったのはルリビタキです。カラ類と違って警戒心が強く、近づけません。
♀でしょうか。♂の若鳥でしょうか。
c0104227_12033529.jpg

まるでこちらを試すかのように枝の込み合ったアジサイの枯れ枝に停まっていました。
c0104227_12040220.jpg

by nenemu8921 | 2016-12-24 12:14 | 鳥・動物 | Comments(10)

ウスバシロチョウ

やっぱり富士山は大きいなあ。
c0104227_12424028.jpg


食事をしたところで行き会ったウスバシロチョウ。
c0104227_11254062.jpg

ようやく止まってくれました。
c0104227_1126137.jpg

待って、待って…。バスの集合時間ぎりぎりでした。
c0104227_11263654.jpg


c0104227_11311452.jpg
ダイミョウセセリ

c0104227_11313643.jpg
カメムシ?

c0104227_12324466.jpg
ん。。。?でもきれい。

More おまけをみる
by nenemu8921 | 2013-06-05 00:26 | 昆虫・クモなど | Comments(8)

ルリビタキ

市川市の郊外で出会ったルリビタキ。
c0104227_21344887.jpg


美しい鳥だが、表情に乏しい。
c0104227_21353583.jpg


背後の藪から出てきて、同じ枝に止まる。
c0104227_2136727.jpg


帰ろうとしたら、追いかけるようについてきました。
c0104227_21363898.jpg



        賢治作品ではヒタキ(鶲)という表記はありますが、
               ルリビタキ、ジョウビタキ、キビタキなどの鳥は登場しません。
by nenemu8921 | 2012-02-20 08:38 | 鳥・動物 | Comments(18)

ミソサザイ

(略)
汽車はたち、あちこちに朝の新らしい会話が起りました。
(へえ、けれどもみそさゞゐなら射てるでせう。)
(いゝえ、みそさゞゐのやうな小さな鳥は弾丸で形も何もなくなります。)
窓の蘭の葉の形の結晶のすきまから、東のそらの琥珀が微かに透えて見えて来ました。
(略)
                                      童話「氷と後光(習作)」


c0104227_1021229.jpg
ミソサザイ(スズメ目ミソサザイ科 Troglodytes troglodytes 鷦鷯
キクタダキについで、もっとも小さな鳥の一つ。茂った森林の中に生息する。特に渓流の近辺に多い。単独か番いで生活し、群れを形成することはない。早春の2月くらいから囀り始める習性があり、平地や里山などでも2月頃にその美しい囀りを耳にすることができる。 小さな体の割には声が大きく、高音の大変に良く響く声で「チリリリリ」とさえずる。

作品は若い夫婦と赤ん坊を乗せた夜行列車の断片的なスケッチ。
引用部分は、夜が明けた車内のなかで、目覚めた人々の会話を捉えたもの。
ミソサザイを撃つ人は居ないだろう。いくら狩猟が自由な時代であっても。
「小さな鳥が弾丸で形も何もなくな」るイメージは、小さな赤ん坊の未来と重なるように、
空の微塵に散らばれとつぶやいた詩人の行く末を暗示するような壮絶な不吉さがある。



毎年この自然公園に姿を見せるミソサザイだが、根気よく付き合わないといい写真は撮れません。
夏の渓流沿いで元気にさえずる姿を捉えたいと思うから、どうも撮影に熱が入らない。
(負け惜しみです)

More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-01-20 00:01 | 鳥・動物 | Comments(10)

小禽

(略)
小禽とは、雀、山雀、四十雀、ひわ、百舌、みそさざい、かけす、つぐみ、
すべて形小にして、力ないものは、みな小禽じゃ。
(略)   
                          童話「二十六夜」


ヤマガラに出会った日、形小にして、力ないもの、小禽にたくさん出会いました。
c0104227_109725.jpg
ルリビタキ♂です。
c0104227_1092761.jpg
このあたりでは冬鳥です。

c0104227_1437456.jpg
小枝でブランコしているのは……。
c0104227_14372346.jpg
そうです。シジュウカラです。

c0104227_10192068.jpg
マヒワ♀です。
c0104227_1020071.jpg
マヒワの群れ。

c0104227_10493626.jpg
こちらはおなじみのアオジ。マヒワと似ていますが、マヒワよりちょっと大きい小禽です。
c0104227_10501464.jpg
アオジです。

どれも撮れただけ…みたいな写真で面白くないですね。
でも、この日は温かくて、風もなく、おだやかな一日でした。

それで、思いがけないものも撮ったのです。

More 大町自然公園
by nenemu8921 | 2011-01-12 15:07 | 鳥・動物 | Comments(10)

しずく

「ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイツイ
はやしのなかにふるきりの、
つぶはだんだん大きくなり、
いまはしずくがポタリ。」

c0104227_1526599.jpg


「ポッシャン、ポッシャン、ツイ、ツイ、ツイ。
はやしのなかにふるきりは、
いまはこあめにかぁはるぞ、
木はぁみんな、青外套。
ポッシャン、ポッシャン、ポッシャン、シャン。」
                  童話「十力の金剛石」
c0104227_1528856.jpg


昨夜の雪が少し積もったので、とけないうちにと千葉市郊外へ出かけました。
木々に積もった雪が朝日のなかであめのようにおちてきました。
思わずしずくを歌った童話を思い出しました。
実際、川辺には霧も立ち込めていたのです。

More おまけ
by nenemu8921 | 2010-02-02 15:35 | イメージ | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る