人気ブログランキング |

タグ:赤城自然園 ( 15 ) タグの人気記事

赤城自然園で出会った植物 ①

ほぼ一年ぶりに赤城自然園を訪ねました。連休直前の不安定な天候の日でしたが。
入り口で迎えてくれたのはクロツグミのさえずり! 高い木で啼いていました。
c0104227_8583466.jpg

標高の高いこのあたりでは、ヤマザクラもまだ花をつけていました。
c0104227_8591559.jpg

雑木林の中は木々が芽吹き始めたばかり。
c0104227_8593681.jpg

c0104227_12505379.jpg

足元にはカタクリもまだひっそりと咲いておりました。
c0104227_9265039.jpg

c0104227_927750.jpg

見渡せば、そこにはウスバサイシンの株があちこちに。
c0104227_9384057.jpg

花も咲いておりました。
c0104227_939420.jpg
ウスバサイシン(ウマノスズクサ科カンアオイ属) Asarum sieboldii  薄葉細辛
これってヒメギフチョウの食草でしょ。
しかし、園の方のお話では、なかなかヒメギフチョウは姿を見せてくれないそうです。
友人のtamayamさんも前日にこの自然園へ行かれたとか。こちらをどうぞ。
 蝶のお好きなtamayamさんのためにも、
        いずれ、ヒメギフチョウが乱れ飛ぶ光景が見られといいなあと思ったのでした。

この日話題になったのは開き始めた山芍薬。
開園時にはまだつぼみでしたが、日が昇るにつれて、花びらが開き始めました。
c0104227_12383718.jpg

c0104227_1240964.jpg
ヤマシャクヤク(ボタン科ボタン属)Paeonia japonica 山芍薬 
園内には、この花のつぼみがあちこちにありました。満開になったら見事でしょうね。

たくさんの植物に出会いましたが、続きは明日です。
by nenemu8921 | 2013-04-28 06:45 | 植物 | Comments(14)

サンカヨウ・ハシリドコロ

           赤城自然園は前橋市よりも標高が高いので、
                  ようやく春の目覚めといった雰囲気でした。
                       林はけぶったようなやわらかい色調で、
               アカヤシオやミツバツツジの明るい色が溶け込み
             キブシやトサミズキなどの黄色い房もぼんやり下がっていました。
            24、25日の温かい気温でいっきに草花も咲き始めた様子です。

     山でも花の時期にはなかなか出会えなかったサンカヨウ。
                            小さな花を広げていました。
     サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属) Diphylleia grayi  山荷葉                   
c0104227_11401297.jpg

c0104227_11403137.jpg


  咲き残っていたカタクリのなかで、いちばん立派だった株です。
  カタクリ(ユリ科カタクリ属)Erythronium japonicum Decne片栗
c0104227_12125616.jpg


  群生していました。
  ハルトラノオ(タデ科イブキトラノオ属)Bistorta tenuicaulis 春虎の尾
c0104227_12134716.jpg


  ひっそりと開きました。ヒトリシズカ(センリョウ科チャラン属)Chloranthus japonicus 一人静
c0104227_12142527.jpg


  誤食すると錯乱して走りまわるということからのネーミング。毒草です。
  赤松林の足元に群落をたくさん作っていました。
  ハシリドコロ(ナス科ハシリドコロ属) Scopolia japonica 走野老、莨菪
c0104227_11462931.jpg


More 続きを見る
by nenemu8921 | 2012-04-27 00:30 | 植物 | Comments(16)

しらねあふひ→シラネアオイ

滝は黄に変って
りうりうと弧度を増してゐるし
雲はむじな色で
いたやの脚を上から順に消しながら
谷を滑っておりてくる
それがこゝだけ
ちょうど直径一米
雲を掘り下げた石油井戸ともいふ風に
ひどく明るくて玲瓏として
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶるふるへてゐる
早くもびしゃと稲光り
雲から雲への大静脈
早く走って下りないと
下流でわたって行けなくなる
(略)
                  詩〔滝は黄に変って〕

c0104227_375524.jpg

c0104227_384157.jpg
シラネアオイ(キンポウゲ科シラネアオイ属)シラネアオイ Glaucidium palmatum 白根葵

作品は1925年8月10日の日付のある「渓にて」に手を入れたもの。
よく知られた「河原坊(山脚の黎明)」が同年8月11日の日付であることから、
早池峰山麓を歩くうちに、雷雨に襲われた体験を歌ったものであろう。
いたやはイタヤカエデのこと。滝は七折れの滝かなとも思うが管見では不明。


前橋に所要があったついでに、赤城山麓を廻った。
赤城自然園で、今朝咲いたというシラネアオイに出会った。
by nenemu8921 | 2012-04-26 03:50 | 植物 | Comments(14)

春浅く

赤城自然園、このあたりではまだ春序盤という雰囲気でした。
c0104227_18162152.jpg
キブシ

c0104227_18164673.jpg
ダンコウバイでしょうか。

c0104227_22202983.jpg
エイザンスミレ

c0104227_22205431.jpg
オオバキスミレ

More おまけ
by nenemu8921 | 2011-04-21 23:12 | 植物 | Comments(8)

イチゲ

以前から訪れたいと思っていた赤城自然園です。
赤城山の中腹(標高600~700m)にあるゆえか、春の妖精たちは
          ようやく目覚めたばかりといったところで、広い園内も人影はまばらでした。


1、ヤブイチゲ
c0104227_229679.jpg


2、これは?
c0104227_2293017.jpg


3、キクザキイチゲ
c0104227_3531051.jpg


4、うーん、おはよう。
c0104227_2334455.jpg


5、こんな環境です。、
c0104227_2411484.jpg


6、こちらはアズマイチゲ
c0104227_2365997.jpg


続きを読む
by nenemu8921 | 2011-04-20 07:57 | 植物 | Comments(16)

宮沢賢治の愛した鳥や植物


by nenemu8921
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る